2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

カテゴリー「趣味」の88件の記事

2022年7月11日 (月)

名画との出会い「鏑木清方展」

京都国立近代美術館で開催中(2022・5・27~7・10)の 没後50年「 鏑木清方展」に出掛けました。

清方の代表作として知られながら1975年以来行方不明であった名作「築地明石町」が、44年ぶりに発見され、さらに所在不明だった「新富町」「浜町河岸」の2作品も発見されました。まだ最近 (2019年)のことです。

併せて3部作となる「築地明石町」「新富町」「浜町河岸」は、東京国立近代美術館が 3点 5億4000万円で購入しました。

今回は、その3作品を含む 鏑木清方の名品ばかり100点余りが一堂に揃いました。

Kiyokataweb11024x766
3部作「築地明石町」「新富町」「浜町河岸」



実は私が最も見たかった作品は、「秋宵(しゅうしょう)」です。

8年前にこの絵を知ってから、是非本物を見たいと願っておりましたが、やっと会えたことで感激ひとしおです。
(下図 秋宵 ↓ )

35888_20220710195101_20220711203001
当時の私のブログ どうしても見たい1枚の絵 「秋宵」


帰りに、 旧三井家の下鴨別邸を見学させてもらいました。
Img_20220709_143714
美しい庭園を眺めながら、ゆっくりお茶もいただきました。

2022年4月10日 (日)

己書 / お地蔵さんを書く

昨年夏から習い始めた「己書(おのれしょ)」。超スピードでレッスンが進みます。

招き猫の置物に色を塗ったり。

Img_20220308_091208

お地蔵さんを書いたり。忙しいです。

Img_20220409_165113


先週から、地元のメディアコスモスで展示会中です。初日は市長さんも見えました。

Img_20211031_0001_new


わくわくしていれば年を取りません、

2022年1月10日 (月)

知られざる名曲 第115回 風に託そう私の歌/ フランコ・ビクシオ

私が幼い頃、母はテノール歌手 五十嵐喜芳の歌ったイタリア民謡のLPレコードをよく聴いていました。母が好きだった歌は「マンマ(Mamma)」という愛らしい歌でした。

今から思うと、母はいわゆる「ハイカラ」だったのでしょう。おかげで私も洋楽が大好きになりました。
※ちなみに、今は亡き母は大正生まれ(若い頃は東京にいて)、二二六事件も関東大震災も、もちろん太平洋戦争も経験しました。激動の時代にあって、音楽は心の拠り所だったかも知れません。

R1091223815867625026703
写真 Discogs より

その「マンマ」を作曲した人が今回の主役 フランコ・ビクシオ (イタリア ローマ出身)です。

前置きが長くなりましたが、そのビクシオのもう一つの名曲が「風に託そう私の歌(La Mia Canzone Al Vento)」です。実に爽快な歌です。是非お聴きください。

「Vento」はイタリア語で、日本語に訳すと「風」です。歌の中に何度も出てきます。

■ 第115回 風に託そう私の歌/ フランコ・ビクシオ(Franco Bixio 1950- )



オペラ歌手ルチアーノ・パバロッティが1991年にロンドンのハイドパークで行った伝説のコンサートを、5.1chデジタルリマスターで映画化(公開日 2022年1月14日)した最新映像(予告編)をご覧下さい。

パバロッティの魅力と、「風に託そう私の歌」の魅力が余すところなく伝わり心が躍るようです。風(Vento)が心地よく吹き抜けます。

2021年10月31日 (日)

己書(おのれ書)

この夏から、己書(おのれしょ)を始めました。

と言っても、コロナで講座はお休み、やっと3回受講したところです。

■ 読める絵

己書とは、型にとらわれない自由な描写で絵のような温もりある書体(読める絵)です。一般社団法人 日本己書道場

Img_20211031_0001_new

2018年8月 4日 (土)

宇宙の閑さに暑さを忘れて

3日、名古屋市では観測史上初の40,3度の最高気温を記録しました。日本列島は連日「危険な暑さ」が続いています。

あまりの暑さに、俳句の世界に涼を求めてみることにしました。


閑さや岩にしみ入る蝉の声



有名な松尾芭蕉の「奥の細道」の一句で、出羽国(現在の山形市)の立石寺で詠んだとされています。

意味は、「何と静かなことよ、蝉が岩にしみ入るように鳴いている」 、となりますが・・・

蝉が泣いているなら、うるさいはずです。

何故、うるさい蝉の声を聞きながら「閑さや」と詠んだのでしょう。

ある解説によれば、芭蕉のいう「閑さ(静かさ)」は、現実の世界ではなく、心の中の「閑さ」を指しているようです。

芭蕉は山寺の山上から大地を見下ろし、広大な天地に満ちる「閑さ」を感じ取ったというのです。この「閑さ」は言い換えると宇宙の「閑さ」に通じます。

夏の青空の中で、突然、蝉の鳴きしきる現実の向こうから深閑と静まりかえる宇宙が姿を現わしたというわけです。

「閑さや」の句はこの宇宙めぐりの旅の扉を開く一句なのです。

※参考サイト(NHK View)より一部転記 http://textview.jp/haiku

Img_20180804_0001_new

芭蕉の心境に学び、この暑さを忘れ、広大な宇宙の閑さを感じ取りたいものです。

2018年6月 2日 (土)

久し振りの書

趣味のカルチャー教室も休んでおりましたが、久し振りに出掛けました。

書の世界で自然に触れることは、失いつつある日本人の感性を取り戻す良い機会です。

Yamahuji1

Img_20180601_0001_new

山藤の幼き花をうれしがり あそびし汝(なれ)はいまはたけしや    土屋文明

あっという間に桜の季節が去り、藤の見ごろも過ぎて、バラの季節になりました。以前、梅の季節に書いた書をアップしてみました。

Photo

白梅のあと紅梅の深空あり     飯田龍太

今年の後半も、「季節と共に歩む」 姿勢は変わらないつもりです。


2018年3月 2日 (金)

音楽はなほ続きをり

とてもお世話になった友人が亡くなりました。 享年69歳。

まだ先月、誕生日を迎えたばかりでした。あまりに早いと云うしかありません。

亡くなった日は奥様との41回目の結婚記念日でした。

Img_20180222_0001_new

虹消えて音楽はなほ続きをり    高濱虚子

以前の記事にも書きましたが、私の好きな一句です。虚子の短編小説 「虹」 に出てきます。 短命だったヒロインの愛子を慈しんで作りました。

後年、川端康成は、この小説 「虹」を絶賛しました。

「高く、正しく、確かな文章という点でも、虚子氏の後の作家では志賀直哉氏をみるくらいのものである。しかも老来(年をとってこのかた、の意)「虹」などにいよいよ匂う若さと艶とは世阿弥などの言うまことの『花』であろうか」
(参考サイト  http://6004.teacup.com/makichan/bbs/562


たくさんの人を温かく見守り、青空に浮かんでいた「虹」は消えましたが、演奏家であり、優れた編曲者であり、吹奏楽の指導者であり、コンサートプロデューサーであり、近年は、一流の映像クリエーターでもあった彼の音楽人生は、いつまでも私たちの心の中で生き続けていくことでしょう。

ご冥福をお祈りいたします。

2018年1月18日 (木)

大寒でも春の支度は進んでる

三寒四温とはよく言ったもので、今日は比較的暖かな一日でした。


外へ出ると、色彩が少ない街の中はモノトーンに見えますが、赤い寒椿の花にホッとするような安らぎを覚えます。

一つ咲く冬の椿を切りにけり    

Img_20180118_0001_new


作者は、東大法学部卒で官僚から俳人になった異色の経歴を持つ 富安風生(とみやす ふうせい1885 - 1979 93歳没)です。

色紙には少し鋭い線で、冬の寒さを強調してみましたが、お手本には遠く及びません。

3c9a091809332791ac6e02602e8403e6


明日は大寒です。しかし地面の下では春の準備が進んでいるようです。

2017年10月 6日 (金)

釣瓶(つるべ)落とし

青森県の八甲田山から初冠雪の便りが届きました。もう本州でも初冠雪となったようです。

中秋の名月も過ぎて、この地方もすっかり秋の気配です。日暮れが早くなり、夜は寒いほどです。

F543da7a347a51ab84a4fd4392d6cec3__2
写真 http://photohito.com/photo/4783924/

釣瓶落としのこの時期、秋の夕暮れに望郷の思いを募らせる人も多いと思います。

故郷は 雲のさきなり 秋の暮          一茶

Img_20171005_0001_new_2


秋の夜長、カズオ・イシグロ氏の 「夜想曲集」 を読もうと思っています。

2017年9月26日 (火)

秋を告げる「女郎花」、深まる秋に葉鶏頭

■ 秋を告げる女郎花(おみなえし)

秋の七草のひとつ 「おみなえし」 、漢字で書くと「女郎花」。

歌人 若山牧水(1928・9・17 43歳没)は、著書 「秋草と虫の音」 の中で、「最も早く秋を知らせるのは何であらう。私は先づ女郎花を挙げる。」 と述べている。

カルチャーセンターで習った先生のお手本を見て、牧水の心情に迫ってみることにした。


女郎花(おみなえし)に対して 「男郎花(おとこえし)」 があるらしい。この歌のように、野辺の端に咲く白い
花が男郎花(をとこへし)である。

旅と自然を愛した牧水は、ひっそりと野に咲く男郎花(をとこへし)に心惹かれたのだろうか。 尚、一むら(ひとむら)とは、ひとかたまりの意である。


女郎花咲き乱れたる野邉のはしに一むら白きをとこへしの花    牧水

Photo_2

Ominaen_2 100390_2



■ 深まる秋に葉鶏頭(はげいとう)

秋深しピアノに映る葉鶏頭   松本たかし

Photo_4

秋が深まる頃、葉鶏頭(はげいとう)は一段と鮮やかさを増す。

Hageit_2

その鮮やかな姿がピアノに映ると詠んだ句は、能楽師を志し後に俳人になった 松本たかし(1956・5・11 50歳没)の句である。 (能楽師で人間国宝の松本惠雄は実の弟)

ピアノの表面は、「鏡面仕上げ」 と言って鏡のようにピカピカに塗装されている。そのピアノに、庭の葉鶏頭が映っている映像に詩情を感じる。


松本たかしは23歳で結婚している。年上の奥様は当時としては珍しく洋楽のピアノを嗜んだようで、次の句にはピアノに対する新鮮な感動と、妻を得た喜びが表れている。

この夏を妻得て家にピアノ鳴る    松本たかし


夏が去り、秋が訪れ、深まっていく・・・
季節は常に芸術を伴って歩いているように思う。

より以前の記事一覧