2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第189回 ミリアーノの伝説/アルトゥロ・マルケス | トップページ | 知られざる名曲 第190回 ラヴェンダーの咲く庭で / ナイジェル・ヘス »

2023年3月15日 (水)

映画「TAR ター」天才女性指揮者の苦悩とは

コロナの影響で、世界的に音楽映画が激減しました。
今回は久しぶりの更新になります。


■ 映画「TAR ター」アカデミー賞6部門ノミネート

ドイツの名門オーケストラで、女性としてはじめて首席指揮者に任命されたリディア・ター。

天才的能力とたぐいまれなプロデュース力で、その地位を築いた彼女だったが、今はマーラーの交響曲第5番の演奏と録音のプレッシャー、新曲の創作に苦しんでいた。

そんなある時、かつて彼女が指導した若手指揮者の訃報が入り、ある疑惑をかけられたターは追い詰められていく。(映画.comより転記)

98bbd27118b0a908
(C)2022 FOCUS FEATURES LLC. 映画.com

トッド・フィールド監督が16年ぶりに手がけた長編作品。ケイト・ブランシェット主演。

フィールドの真に迫った演出のために、本作の主人公、リディア・ターが実在の人物であると思い込んだ観客が少なからず出たが、彼女は架空の人物である。

劇中使用曲は、マーラー交響曲第5番。

映画「TAR ター」2022年製作/158分/G/アメリカ(原題:Tar)
劇場公開日:2023年5月12日

TAR ター 公式サイト

 

« 知られざる名曲 第189回 ミリアーノの伝説/アルトゥロ・マルケス | トップページ | 知られざる名曲 第190回 ラヴェンダーの咲く庭で / ナイジェル・ヘス »

クラシック音楽と映画の関わり」カテゴリの記事