2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 映画「TAR ター」天才女性指揮者の苦悩とは | トップページ | 知られざる名曲 第191回 NADA TE TURBE(恐れるな煩うな)・ ジャック・ベルティエ »

2023年3月18日 (土)

知られざる名曲 第190回 ラヴェンダーの咲く庭で / ナイジェル・ヘス

第190回目の知られざる名曲は、イギリスの作曲家 ナイジェル・ヘス(Nigel Hess、1953 -  )による夢見るような美しい曲を選びました。

この曲は、2004年のイギリスのドラマ映画「ラヴェンダーの咲く庭で」のテーマ曲で、通常はヴァイオリンとオーケストラによって演奏されます。

5108993_s
画像 ACワークス(株)

1936年。イギリス、コーンウォール。地方の美しい漁村に暮らす初老の姉妹。
二人は両親の残した屋敷と財産に恵まれ、庭の花々の手入れや読書を楽しみながら日々を穏やかに過ごしていた。

ある嵐の翌日、姉妹は眼下の浜辺に若い男性が倒れているのを発見する。彼はドイツ語をしゃべるヴァイオリニストだった。

姉妹は彼を看病して行くうちに彼に心を惹かれていく。(Wikipediaより一部転記)


■ ラヴェンダーの咲く庭で(Ladies in Lavender)/ ナイジェル・ヘス



高画質の自然美、地球にはまだこんな美しい風景が残っていました。

ヴァイオリンの ジョシュア・ベルは、(Joshua Bell, 1967 -  )は、アメリカインディアナ州ブルーミントンで生まれ。グラミー賞受賞者。 1985 年にセントルイス交響楽団と共にカーネギー ホールにデビュー以来世界的に活躍しています。

尚この曲は、フィギアスケートの浅田真央選手がショートプログラムで使用しました。この映像がまた素晴らしいのです。
リンクは https://www.youtube.com/watch?v=8445yRk3xa8(リンク切れはご容赦下さい)

« 映画「TAR ター」天才女性指揮者の苦悩とは | トップページ | 知られざる名曲 第191回 NADA TE TURBE(恐れるな煩うな)・ ジャック・ベルティエ »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事