2022年6月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第143回  Mado Kara Mieru(窓から見える)/Christopher Tin(クリストファー・ティン) | トップページ | 令和「御朱印の旅」その12 龍吟山 天猷寺 »

2022年5月18日 (水)

知られざる名曲 第144回 交響曲第5番「宗教改革」第3楽章/メンデルスゾーン

大抵の交響曲は4楽章まであり、演奏時間は30分から、長いものは60分を超えることもあります。

しかし、目まぐるしい現代社会に於いては、長時間の演奏は敬遠される傾向にあります。
「クラシック音楽は長くて退屈」という人は増えています。

例えば、ベートーヴェンの「運命」は、冒頭の部分「ジャジャジャジャーン」は知られていますが、第2楽章や第3楽章はあまり知られていません。「運命」は最後まで聴いてもわずか30分ですが、やはりその時間が惜しいのかも知れませんね。

そこで当「知られざる名曲」では、有名な交響曲の中から「あまり知られていない楽章」を選んでみました。もちろん驚くほど美しい名曲です。

4450879_s_20220517224501
画像 ACワークス(株)

今回は、わずか3分40秒ほどの短い楽章です。曲はメンデルスゾーン(Mendelssohn , 1809 - 1847)の交響曲第5番「宗教改革」です。
この曲の美しい第3楽章はあまり知られていません。

■ 交響曲第5番「宗教改革」第3楽章/メンデルスゾーン



ト短調の美しくも悲しい旋律が第1ヴァイオリンによって奏されますが、メンデルスゾーンの旋律美が心に響くとてもロマンティックな音楽です。

そして切れ目なく第4楽章へ続いているので、序奏または間奏曲ともいえる楽章です。ほとんど単独で演奏されることは無いようです。

« 知られざる名曲 第143回  Mado Kara Mieru(窓から見える)/Christopher Tin(クリストファー・ティン) | トップページ | 令和「御朱印の旅」その12 龍吟山 天猷寺 »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事