2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第147回 irreplaceable/チャド・ローソン | トップページ | 知られざる名曲 第149回  映画「時雨の記」より la pioggia / 久石譲 »

2022年5月30日 (月)

知られざる名曲 第148回 3つのバラード よりクムル(鳩)/ファジル・サイ

この曲を作ったのは、トルコ出身の作曲家 ファジル・サイ ( Fazıl Say 1970 - )です。
日本でも良く知られたピアニストで、度々来日して観客を沸かせました。テレビ出演も果たしています。

彼はトルコのアンカラ国立音楽学院でピアノと作曲を学び、その後シューマン音楽院に留学。さらに1992年からはベルリン音楽院で学びました。正統的なクラシックジャンルの音楽家ですが、卓越した才能の持ち主として絶賛され、「天才」「鬼才」と評されました。

4757848_s
画像 ACワークス(株)

華麗で超人的なピアノテクニックで、世界中の主要オーケストラと共演するなど、演奏家として活躍する一方、作曲家としてもピアノ作品、室内楽、オーケストラ曲など多彩な才能を発揮しました。

今回は、作曲家としての彼の作品をご紹介します。

タイトルの「Kumru(トルコ語)」は、「鳩」の意味ですが、現地では女の子の名前でもよく使われているとのことです。

■ 3つのバラードOp.12 No.2 Kumru (クムル = 鳩)/ファジル・サイ



演奏は、ファジル・サイ - Fazıl Say (ピアノ)、カザル四重奏団 - Casal Quartet によるピアノ五重奏です。

中世イスラムの恋愛古典文学を題材に作曲されたとされますが、何とも愛らしい小品です。

« 知られざる名曲 第147回 irreplaceable/チャド・ローソン | トップページ | 知られざる名曲 第149回  映画「時雨の記」より la pioggia / 久石譲 »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事