2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第135回 弦楽四重奏「豪傑たちの黄昏」/ 天野正道 | トップページ | 知られざる名曲 第137回 The Lost Relic (失われた遺物)/ クリス・ピルスナー »

2022年4月20日 (水)

知られざる名曲 第136回 嘆きの谷/カール・ジェンキンス

英国生まれの作曲家 カール・ジェンキンス(Karl Jenkins 1944-  )の再登場です。
※(前回は→知られざる名曲 第5回  

ジェンキンスは、ウェールズ人の父とドイツ人の血を引く母との間に生まれ、幼少期に教会の聖歌隊長を務めていた父の影響で、ピアノやオーボエを習い始める。その後、ウェールズ国立ユース・オーケストラの首席奏者となる。

ロンドン王立音楽院卒業後は ジャズロックグループ、ニュークリアスのメンバーとなり、多くの作曲と演奏に関わる。1990年代には彼がプロデュースするアディエマスのデビューアルバム『聖なる海の歌声』が世界的にヒット。

また日本でも女子フィギュアスケート 村主章枝のために書き下ろした「ファンタジア」が、2006年 - 2007年のフリープログラムで使用された。(Wikipediaより)

2015年にはナイトの称号を授与され、英国を代表する巨匠作曲家として現在に至っています。

358_20220420162901

■ アベルヴァンの惨事

この曲は、1966年イギリスの南ウェールズアベルヴァン村で大雨により炭鉱のボタ山が崩れた事故を悼んで書かれました。


■ 嘆きの谷 Lament For The Valley /カール・ジェンキンス
「Cantata Memoria – For The Children」より



指揮はカール・ジェンキンス自身、ヴァイオリンソロは、韓国生まれの英国人ヴァイオリニスト、ジュヨンサーさんです。

ヴァイオリンのオブリガート(助奏)が悲劇的な感情を表し、子供たちの愁いを含んだ合唱が深い嘆きを表しています。

どの作曲家も到達し得なかった「祈りの境地」を私たちは聴くことができます。

 

« 知られざる名曲 第135回 弦楽四重奏「豪傑たちの黄昏」/ 天野正道 | トップページ | 知られざる名曲 第137回 The Lost Relic (失われた遺物)/ クリス・ピルスナー »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事