2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »

2022年3月の8件の記事

2022年3月18日 (金)

知られざる名曲 第131回 ヴァイオリンソナタ No.6 / パガニーニ

伝説的な天才ヴァイオリニスト パガニーニの初登場です。

ニコロ・パガニーニ(Niccolò Paganini, 1782 - 1840)はイタリアのヴァイオリニスト・作曲家ですが、特にヴァイオリンの名手としてヨーロッパ各地で絶大な人気を博しました。

そのヴァイオリン演奏のあまりの上手さに、「パガニーニの演奏技術は、悪魔に魂を売り渡した代償として手に入れたものだ」と噂されたという。そのため彼の出演する演奏会の聴衆には、本気で十字を切る者や、本当にパガニーニの足が地に着いているか確かめるため彼の足元ばかり見る者もいたという。(Wikipedia)

2703095_s
イタリア ジェノヴァ ACワークス(株)

24の奇想曲やヴァイオリン協奏曲1番、2番が有名ですが、何と言っても「パガニーニの主題」を用いた変奏曲や練習曲、狂詩曲など、当時から後世に至る多くの作曲家(シューマン、リスト、ブラームス、ラフマニノフなど)に影響を与えたことは特筆に値します。

特に、ラフマニノフの「パガニーニの主題による狂詩曲」はコンサートプログラムの人気曲です。


■ ヴァイオリンソナタ No.6(Sonata No. 12 in E Minor, Op. 3, No. 6)/ パガニーニ



ヴァイオリン演奏は、イスラエル人の世界的ヴァイオリン奏者、ギル・シャハム(Gil Shaham 1971- )氏。

クラシック・ギターは、スウェーデン出身の イェラン・セルシェル(Göran Söllscher, 1955 - )氏。


2022年3月17日 (木)

知られざる名曲を考察する(13)音楽は平和の祈り

今回も音楽の神「ミューズ」の宝庫を開けて「知られざる名曲」を取り出し、皆様にご紹介して参りました。


世界は、コロナ、戦争、自然災害など憂いに満ちております。

これらの災厄を止める力は音楽にはありません。

しかし音楽には、傷ついた私たちの心に寄り添い慰めてくれる力があります。

音楽は私たちの心の拠り所になる大きな存在です。

音楽を聴いて「心の平安」を感じて下さい。

音楽を聴いて「世界の平和」を祈りましょう。


22860414_s

121. 鉄道駅/ エヴァンシア・レブツィカ(1958-  ) ギリシャ
122. シェルタリング・スカイ/ 坂本 龍一(1952 -  )日本
123. ロマンス「仮面舞踏会より」/ハチャトゥリアン(1903 - 1978)グルジア
124. 二つの心/ペドロ・サルガド(1890- 1973)ブラジル
125. サラバンド/アルカンジェロ・コレッリ(1653 - 1713)イタリア
126. ポリャネツキー家より / キラール (1932-2013) ポーランド
127. ピアノ三重奏 op.15「アンダンテ」/ ル・ボー(1850 – 1927)ドイツ
128. 鶴 (Журавли) / ヤン・フレンケリ(1920-1989) ウクライナ
129. 協奏交響曲ト長調-アレグロ / サン=ジョルジュ(1745 - 1799 )フランス
130. ロマンス S.169 ホ短調 / リスト(1811 - 1886)ハンガリー


バロック、古典派、ロマン派から現代まで、今回もバラエティに富んだ10曲でしたが、いずれも心に響く名曲ばかりだと思います。

「ミューズ」の宝庫の鍵は開いています。私の耳には次の10曲が聴こえています。どうぞご期待下さい。

2022年3月12日 (土)

知られざる名曲 番外編17 Prayer for the Ukraine / シルヴェストロフ

ウクライナのキエフで生まれた作曲家 ヴァレンティン・ヴァシリョヴィチ・シルヴェストロフ (Valentin Vasylyovych Silvestrov,1937- ) の作品「Prayer for the Ukraine(ウクライナのための祈り)」をお聴き下さい。

173813_s

演奏は、ドイツの名門オーケストラ バンベルク交響楽団。2022年3月8日にアップされた動画です。


■ Prayer for the Ukraine(ウクライナのための祈り)/シルヴェストロフ



息を吐くだけのフルート、音程はありません。

静かな弦楽器とハープの演奏の中にあって、このフルートの息の音が、「ため息」に聴こえるのです。

2022年3月11日 (金)

知られざる名曲 番外編16 「松明と蛇で武装して」/ ヴィヴァルディ 

前回の番外編は「顔で指揮をする」でしたが、今回は「顔で歌う」です。

■ 顔で歌う

イタリア人のメゾソプラノ歌手 チェチーリア・バルトリさんの顔を見て下さい。すさまじい表情です。

それもそのはず、この歌は強烈な怒りと復讐の歌なのです。

■ このアリアのあらすじ

将軍ホロフェルネスは、抵抗するユダヤ人打倒のため大軍で町に攻め込みます。
しかし美貌の寡婦ユディータは、町を救うため色仕掛けで 敵将ホロフェルネスに近づき、美酒で酔いつぶしてから(侍女の力を借りて)首を切り取ってしまいます。

異常に気づいた従者 ヴァガウス(このアリアの歌手)は、将軍ホロフェルネスのテントの中で首のない主人を発見し、主人を殺害した寡婦ユディータに猛烈な怒りと復讐を誓うのでした。

800pxjudith_beheading_holofernes_by_cara
画像 ウィキメディア・コモンズ Judith Beheading Holofernes by Caravaggio.jpg

現存するヴィヴァルディの唯一のオラトリオ『勝利のユディータ RV.644』からアリア「松明と蛇で武装して」を是非お聴き下さい。

怒りに震える 従者 ヴァガウス(歌手 チェチーリア・バルトリ)の迫真の歌唱です。

 
■ アリア「松明と蛇で武装して」/ ヴィヴァルディ



怒髪天を衝く。

拍手が鳴りやみません。当然です。

2022年3月 9日 (水)

知られざる名曲 番外編15 交響曲88番第4楽章/ ハイドン

これぞ番外編です。

■ 顔で指揮をする

指揮者を「棒振り」とも言いますが、文字通り指揮棒を振るのが指揮者の仕事です。

著名なアメリカ人(ユダヤ系)指揮者 レナード・バーンスタイン (Leonard Bernstein、1918 - 1990)は、顔の表情だけで、名門ウィーンフィルを指揮(?)しました。

22734624_s

その曲は、ハイドン(1732 - 1809)の交響曲第88番 ト長調の第4楽章 。交響曲『V字』の愛称で知られています。

■ 交響曲88番第4楽章/ ハイドン



これがまた名演奏なのです(^^♪

2022年3月 6日 (日)

知られざる名曲 第130回  ロマンス S.169 ホ短調 / リスト

ロマンスS.169 ホ短調は、1848年にハンガリーの作曲家 フランツ リスト(1811 - 1886) がモスクワを訪れたときに書いた曲です。

原曲は「O、pourquoidonc(ああ何故そうなのか=直訳」と呼ばれる歌曲でしたが、リスト自身の手によってピアノ独奏曲になり、「ロマンス」と名付けられました。
3514698_s

ピアノの魔術師と言われ、ショパンと並び称されるリストですが、「愛の夢第3番」「ラ・カンパネラ」の2曲は超有名でも、それ以外は聴く機会が少ないと言えます。ショパンと比べると圧倒的に有名曲が少ないのです。

それでも → ハンガリー狂詩曲 第2番、「パガニーニ大練習曲」より第6曲“主題と変奏” 、メフィスト・ワルツ第1番(村の居酒屋の踊り)、「3つの演奏会用練習曲」より“ため息” 、「巡礼の年」第3年より“エステ荘の噴水” 、コンソレーション (慰め) 第3番などはコンサートのプログラムに組まれることが多いようです。

その意味で今回の「ロマンス」は、マイナーな曲です。しかしとても美しい名曲です。もっと演奏機会があっても良いと思います。
是非、今日からリストの名曲に「ロマンス」を加えて下さい。


■ ロマンス S.169 ホ短調 / リスト

この祈りに満ちた演奏は、中国の世界的ピアニスト ランランです。絶品だと思います。

 

2022年3月 4日 (金)

クラシック音楽から見る ロシアとウクライナの関係

■ ロシアの音楽といえばチャイコフスキー

ロシア五輪委員会(ROC)は、今回の北京冬季オリンピックで6個の金メダルを獲得しました。
そして、昨年の東京オリンピックでは20個の金メダルを獲得しています。

しかし表彰式に国歌は流れず、代わりにロシアが誇る作曲家 チャイコフスキーのピアノ協奏曲1番が使われました。
0038653898
女子団体総合決勝で金メダルを獲得したROC 写真【時事通信社】

ロシアはドーピングの不祥事から、ロシア連邦として参加することが許されず、ロシア五輪委員会(ROC)として参加しています。したがって、ロシア国歌を演奏することも、ロシア国旗を掲げることも禁止されているのです。

国歌の代わりにチャイコフスキーのピアノ協奏曲を使うということは、まさにチャイコフスキーはロシアを代表する作曲家だといえるからです。

実際に、2014年のソチオリンピックでは、開会式にチャイコフスキーのバレエ「白鳥の湖」「くるみ割り人形」、閉会式のフィナーレにピアノ協奏曲1番が使われました。※この時点ではドーピング問題はありません。

すなわち、ドーピング問題があるなしに関わらず、ロシアを代表する音楽はチャイコフスキーと言えるのです。

O0658042414399141876
モスクワ音楽院とチャイコフスキー像


■ チャイコフスキーの音楽の源泉はウクライナにあった

もう10年ほど前ですが、あるホールのロビーで音楽評論家の 奥田佳道氏と立ち話をしたことがあります。

氏はチャイコフスキーのメロディの美しさは、ウクライナの民族音楽の影響が大きいと言っていました。
事実、チャイコフスキーの交響曲2番やバレエ音楽、ピアノ協奏曲1番など多くはウクライナの民謡から着想を得て作曲されています。

チャイコフスキーの祖父の故郷はウクライナで、妹も住んでいました。チャイコフスキー自身もウクライナ滞在中に30曲もの作品を作っています。彼に取っては心のふるさとだったかも知れません。

22764214_s
画像 ウクライナ キエフ市街の街並み ACワークス(株)


■ ロシアとウクライナは深く結ばれている

ロシアの音楽はチャイコフスキーに代表され、そのチャイコフスキーの音楽の源泉がウクライナにあるとすれば、ロシアとウクライナは音楽という芸術を通して深く結ばれていることになります。

ウクライナは世界的な音楽家が多く、ピアニストで日本でも人気のホロヴィッツ(キエフ音楽院卒)は、主にアメリカで活動しましたが、祖国モスクワでのコンサートでモスクワ市民から大絶賛されました。そしてもう一人、リヒテル(モスクワ音楽院卒)もソ連時代を代表する世界的ピアニストですが、二人はともに ウクライナ出身です。

クラシック音楽を通じ、歴史的に深く結びつきのあるロシアとウクライナ両国。


今回の軍事衝突を、チャイコフスキーやウクライナ出身の芸術家たちはどんな思いで見ているのでしょう。

2022年3月 3日 (木)

知られざる名曲 第129回 協奏交響曲ト長調-アレグロ / サン=ジョルジュ

今回は長い名前ですが、フランスの作曲家 ジョゼフ・ブローニュ・シュヴァリエ・ド・サン=ジョルジュ(Joseph Boulogne Chevalier de Saint-Georges, 1745 - 1799 )の初登場となります。

サン=ジョルジュは、グアドループ島(フランス領)の裕福な農園主を父に、セネガル出身の黒人女性を母に生まれました。
父はフランスの国会議員でもあり、サン=ジョルジュは幼い頃より英才教育を受けましたが、特に音楽はゴセック(ガヴォットで有名)に学び、作曲ばかりかヴァイオリン奏者としても才能を発揮しました。

生涯に、交響曲(7曲)、協奏曲、ソナタ、オペラ、バレエ、弦楽四重奏などを作りましたが、モーツァルトと同時期の作曲家であり、混血であることから「黒いモーツァルト」と呼ばれていました。

また、作曲家、ヴァイオリニストと同時に、フェンシングの名手でもありました。

1280pxsaintgeorge_deon_robineau
フェンシングの試合をするサン・ジョルジュ(左)(Wikipediaより)


演奏は、南アフリカのオーケストラ 「The Buskaid Soweto String Ensemble」 です。とても音楽性の豊かな弦楽アンサンブルで、若々しくしなやかな演奏をお楽しみ下さい。

■ 協奏交響曲ト長調-アレグロ / サン=ジョルジュ



音楽史にも名前が見当たらない サン=ジョルジュですが、近年になって再評価されYouTube動画もたくさんUPされています。

« 2022年2月 | トップページ | 2022年4月 »