2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第86回 愛のワルツ/パトリック・ドイル | トップページ | 知られざる名曲 第87回 ヴァイオリン曲「月」/ 貴志康一 »

2021年8月17日 (火)

コロナウイルス狂騒曲の行方(No.32)

東京オリンピックも終わりました。

「復興五輪(安倍前総理)」が、いつの間にか「コロナに打ち勝った証(菅総理)」にすり替わったりしましたが、終わってみれば、打ち勝つどころか「感染爆発」状態です!

不祥事のオンパレードだった東京オリンピック。国民の多くの声を無視して強行された東京オリンピック。 ── そして医療崩壊。

本来なら、メダルラッシュで祝福ムードの東京オリンピックも、素直に喜べない大会になってしまいました。

今、開催都市 東京では、感染しても入院できず、自宅療養を余儀なくされている人が2万人を超えています。自宅療養中に症状が急変して亡くなった方も十数人(全国)に増えました。ある人は、これは「自宅療養」ではなく「自宅放置」だと言っています。

22210957_s_20210817123501

「東京オリンピックはコロナのせいで失敗した」という認識が広がっています。もちろん、その側面はありますが、本当にそうでしょうか。

今回の大会で、スポーツが金儲もうけの道具にされていることが露呈しました。

日本では猛暑の8月に開催したのは、アメリカの『4大スポーツ』が盛んな秋を避けることで、IOCが多額の放送権料を得るためです(スポーツライター・玉木正之氏)。※次回パリ大会も、次々回ロス大会も夏の開催が決まっています。

米NBCユニバーサルは'14年のソチ五輪から'32年の夏季五輪まで10大会分の米国向け放映権を120億ドル(約1兆3000億円)という莫大な金額で 独占契約をして、IOCに支払っています。

ですから、ぼったくり男爵(ワシントン・ポスト紙)という表現は当たっています。そして、“アスリートファースト”とは真逆のオリンピックが、IOCによって仕組まれているのです。

多くの日本国民はそのことを知りました。

この商業主義こそが、オリンピックを歪め、アスリートにも負担をかけ、開催国に莫大な出費をさせ、IOCはもちろん、大手広告代理店や
竹中〇蔵氏など一部の人だけが儲かるシステムを作ったのです。

一番の問題は、コロナではなく、この商業主義です。利権構造です。

3年後のパリ五輪は、経費節減を打ち出していますが、日本の二の舞にならないよう注意が必要です。そして、健全なオリンピック実現のためにも、IOC貴族との距離を置いて、真のスポーツマンシップとは何かを問いかけて欲しいと思います。

アスリートファースト、観客ファーストで、利権の無い大会が実現することで、今回コロナで亡くなった方々の霊も慰められるのではないでしょうか。

 

« 知られざる名曲 第86回 愛のワルツ/パトリック・ドイル | トップページ | 知られざる名曲 第87回 ヴァイオリン曲「月」/ 貴志康一 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コロナウイルス狂騒曲」カテゴリの記事