2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« コロナウイルス狂騒曲の行方(No.33) | トップページ | 知られざる名曲 第91回 君はわが憩い(Du Bist die Ruh, D. 776)/シューベルト »

2021年8月26日 (木)

知られざる名曲を考察する(9)名曲はタイムマシンに乗って

早いもので、この「知られざる名曲」も、90曲に達しました。いつもご覧いただきありがとうございます。

コロナ禍に於いて、このシリーズをアップすることが、日々の楽しみであり、音楽で癒される毎日です。

少し振り返ってみますと、


■ この「知られざる名曲」は、YouTube と Wikipedia で成り立っております。


動画は YouTubeから厳選して貼り付けております。映像的にも素晴らしい動画が多く制作者に感謝です。

記事は主にWikipediaを参考にさせて頂いております。たまに海外のサイトも翻訳ソフトで調べております。

もちろん私の主観も入れて記事を作っておりますが、Wikipediaは大変頼れる存在であり、ネット時代の恩恵を受けております。

画像は、写真のフリー素材サイト ACワークス(株)さんを利用させて頂いております。お勧めのサイトです。


■ 選曲に当たり


私が15年ほど前より選んできた「知られざる名曲」。そのリストは500曲を超えました。

選曲に当たっては、私の長年の趣味である「クラシック音楽鑑賞」から得た(自分に取っての)名曲を中心に、さらにクラシック曲220万曲を配信する ナクソス・ミュージック・ライブラリー (NML) のサイトを参考にさせて頂いております。

もちろん、その時自分が「ああ、良い曲だなぁ」と感じた曲が「名曲」です。「名曲」に定義などありません。

クラシックのジャンルを超えて「映画音楽」など洋楽・邦楽全般を見渡し、メロディが美しい曲、心に沁みる曲、一度聴いたら忘れられない曲 を選びました。

 

■ 名曲はタイムマシンに乗ってやってくる

作曲家の表現する世界は本当に無限です。今回も素晴らしい作品がアップ出来ました。

この才能ある10人を見ると、音楽はタイムマシンのように時代を超えることも、世界中を旅することも可能だと分かります。

81.セザール・フランク(César Franck、1822 - 1890)ベルギー
82.ヘンリー・パーセル(Henry Purcell、1659 - 1695)英国
83.プッチーニ (Giacomo  Puccini、1858 - 1924)イタリア
84.佐村河内 守(1963 - )/ 新垣 隆(1970 - )日本
85.オラ・イェイロ(Ola Gjeilo、1978年 - )ノルウェー
86.パトリック・ドイル(Patrick Doyle 1953-  )スコットランド
87.貴志 康一(きし こういち、1909 - 1937)日本
88.メンデルスゾーン(Mendelssohn 1809 - 1847)ドイツ
89.アルヴォ・ペルト(Spiegel in Spiegel 1978年)エストニア
90.エルネスト・コルタサール(Ernesto Cortazar  1940–2004)メキシコ


♬音楽で癒されよう

Photo_20210512205701

今までご紹介した記事を、第1回から順に並べて見やすくした「知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ」を、アーカイブとして公開(順次更新)しております。是非ご参照下さい。

知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ

知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ 2

 

« コロナウイルス狂騒曲の行方(No.33) | トップページ | 知られざる名曲 第91回 君はわが憩い(Du Bist die Ruh, D. 776)/シューベルト »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事