2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第78回 Pie Jesu(ピエ・イエズ)/ アンドリュー・ロイド・ウェバー | トップページ | 知られざる名曲 第80回 ライフ・イズ・ビューティフル/ ニコラ・ピオヴァーニ »

2021年7月26日 (月)

知られざる名曲 第79回 パッサカリア/ ヘンデル・ハルヴォルセン

さりげなく現れ、私たちに微笑む音楽
一編の詩のように私たちに何かを残して・・・
私は、去っていく音楽に酔いしれた

その余韻はあまりに美しい

2855918_s

北欧ノルウェーの19世紀の作曲家、ヨハン・ハルヴォルセン(Johan Halvorsen, 1864 - 1935)が今回の主役です。

彼は、ヘンデルのハープシコード組曲 第7番 HWV432の第6曲「パッサカリア」の変奏曲として、この曲を世に出しましたが、オリジナル色が強く、ハルヴォルセンの「パッサカリア」と言っても良いほどです。

※パッサカリア とは、17世紀のスペイン、イタリアで流行した舞曲。バロック時代に純器楽曲としてしだいに様式化された。遅い三拍子で、4~8小節の主題(多くの場合短調)が全曲を通じて反復される変奏曲形式をとる。(コトバンクより)


■ 第79回 パッサカリア(Passacaglia)/ ヘンデル ・ ハルヴォルセン

ピアノの音は、桜の花びらのようです。

咲いたらすぐ散ってしまう桜の花びらのようです

そう、ピアノの音はすぐ消えてしまいます。
はかないものは美しい。

この曲はそんな曲に聴こえるのです。

« 知られざる名曲 第78回 Pie Jesu(ピエ・イエズ)/ アンドリュー・ロイド・ウェバー | トップページ | 知られざる名曲 第80回 ライフ・イズ・ビューティフル/ ニコラ・ピオヴァーニ »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事