2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« ショパンコンクール始まる! | トップページ | 知られざる名曲 第74回 プレリュード/ショスタコーヴィチ »

2021年7月17日 (土)

知られざる名曲 第73回 三国志・英雄たちの夜明け/ 横山菁児

今回は、日本の作曲家 横山菁児(よこやま せいじ、1935-2017)の2度目(1度目はココ )の登場になります。

映画「三国志」は、1992年から1994年に公開されたシナノ企画製作、東映配給の日本のアニメ映画三部作です。当時15億円の制作費と10年の歳月をかけて製作されました。

Sggzc1
三国志の舞台 武漢 https://m.chinatrip.jp/wuhan/service/opwh03/

「三国志」とは、中国の後漢末期から三国時代にかけて群雄割拠していた時代(180年頃 - 280年頃)の興亡史であり、魏(ぎ)・呉(ご)・蜀(しょく)の三国が争覇した、三国時代の歴史書でもあります。

■ 第73回 三国志・英雄たちの夜明け/ 横山菁児



雄大な音楽です。滔々と流れる大河のような曲です。

どこか懐かしく、悲しく、宿命の中に生きる人々に思いを寄せるような温かさも感じます。

しかし何と言っても、メロディラインが美しく耳から離れません。

« ショパンコンクール始まる! | トップページ | 知られざる名曲 第74回 プレリュード/ショスタコーヴィチ »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事