2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第71回 海のアダージョ/スパヌーダキス | トップページ | ショパンコンクール始まる! »

2021年7月15日 (木)

知られざる名曲 第72回 チェロとピアノのためのソナタ/アンドレ・ギャニオン

もう20年くらい前に、ふと買ったCD「心の旅人」(ビクター)。

その15曲目「あなたに惹かれて」という曲が入っていました。
聴いてみると、そのあまりの美しさにすっかり魅了されました。その時の感動は今も覚えています。

「あなたに惹かれて」という曲に私自身が強く惹かれたのです。

曲を作ったのは アンドレ・ギャニオン
(André Gagnon)というカナダの作曲家でした。ご存じの方もあると思います。

あらためて
Wikipediaで調べてみると、

彼は19人兄弟の末っ子として生まれる。4歳の時に教会で聴いた音楽を、自宅のピアノで弾いたことをきっかけにピアノを始める。6歳ですでに作曲を始め、10歳でコンサートを開きデビューした。

そしてモントリオールにある音楽学校でピアノ、和声、作曲、音楽理論を学んだ後、クラシックを学ぶためパリへ留学する。

留学中にポピュラー音楽に出会ったことで強い衝撃を受け、クラシックとポピュラーの架け橋になる音楽活動を志す。1967年にモントリオール交響楽団で自ら企画したコンサートにピアニストとして参加、その地位を確立する。

まさにクラシックとポピュラーの架け橋になる 名曲をたくさん書きましたが、この曲は明らかにクラシック色が強い曲です。

41bkk0bnjfl_ac_
CD「心の旅人」ジャケット

アンドレ・ギャニオンは、昨年(2020年)暮れに84歳で亡くなりましたが、その音楽は今も世界中で愛されています。

この「知られざる名曲」でご紹介出来ることは幸せの一言に尽きます。

■ 第72回 チェロとピアノのためのソナタ(あなたに惹かれて)/アンドレ・ギャニオン(1936-2020)



憂いを含んだ音楽です。

惹かれあうピアノとチェロ、しかし憂いが漂います。

人生と一緒ですね。

« 知られざる名曲 第71回 海のアダージョ/スパヌーダキス | トップページ | ショパンコンクール始まる! »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事