2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第47回 Pastoral Fantasy/藤掛 廣幸 | トップページ | 知られざる名曲 第49回「交響曲第1番」序曲/关峡(GUAN XIA) »

2021年6月 1日 (火)

知られざる名曲 第48回 エル・シド 愛のテーマ/ミクロス・ロージャ

もう60年以上も前の映画ですが、アカデミー賞作品賞、監督賞を含む史上最多の11部門を受賞した 映画「ベンハー」。
Wikipediaによると、当時の配給収入(日本)は15億3000万円、昭和天皇・皇后が招かれ、日本映画史上初の天覧上映となったそうです。
私も母に連れられて映画館に行きました。小学校3年生くらいだったと思います。

この「ベンハー」は、もちろん「アカデミー賞音楽賞」も受賞しましたが、その音楽を担当したのがハンガリー出身の米国作曲家 ミクロス・ロージャ(またはミクロス・ローザ)でした。

今回は、ミクロス・ロージャ(Miklós Rózsa 1907 - 1995) に焦点を当てます。

彼は、交響曲、協奏曲、室内楽、合唱曲なども多く作り、特にヴァイオリン協奏曲 Op. 24 は、20世紀を代表するヴァイオリニストの ヤッシャ・ハイフェッツのために作曲されました。また、チェロ協奏曲 Op. 32 は、世界的チェリストの ヤーノシュ シュタルケルの依頼により書かれました。

新古典主義音楽とハンガリー民族音楽からなるクラシック作品を遺しましたが、やはり彼は映画音楽に才能を発揮した作曲家でした。


4268107_s

その数ある映画音楽から、「ベンハー」は余りにも有名ですので、今回は映画「エル・シド」 愛のテーマを選びました。

「エル・シド」(原題:El Cid)は、1961年制作のイタリア・アメリカ合作の映画で、監督アンソニー・マン、俳優はチャールトン・ヘストン、ソフィア・ローレンの2大俳優が主演でした。

■ 第48回 エル・シド 愛のテーマ(Love Theme From El Cid)/ミクロス・ロージャ



ヴァイオリン、ダニエルホープ。アレクサンダー・シェリー 指揮/ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団

詩情あふれる演奏です。ずっと聴いていたい曲です。

 

 

参考 Wikipedia
写真 ACワークス(株)

« 知られざる名曲 第47回 Pastoral Fantasy/藤掛 廣幸 | トップページ | 知られざる名曲 第49回「交響曲第1番」序曲/关峡(GUAN XIA) »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事