2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第48回 エル・シド 愛のテーマ/ミクロス・ロージャ | トップページ | 知られざる名曲 第50回 River Flows In You/ Yiruma(イルマ) »

2021年6月 2日 (水)

知られざる名曲 第49回「交響曲第1番」序曲/关峡(GUAN XIA)

初めて中国(中華人民共和国)の作曲家が登場します。

关峡(GUAN XIA  1957-)は、中国の現代音楽作曲家です。日本では全く名前が知られていませんが、彼は北京の中央音楽学院(東京芸大と協定校)を卒業、常に第一線で、交響曲、ピアノ協奏曲、オペラ、そして中国音楽史上初のレクイエム(2008年の四川大地震追悼)を書き上げ、最近まで中国国立交響楽団の音楽監督を務めました。

3504970_s
画像 ACワークス(株)

今回ご紹介する「交響曲第 1 番序曲」は、交響的バラード「悲しみの夜明け」を再構成した楽曲で、中国の発展に献身的に尽くした先駆者たちへのオマージュを情熱的に表していることから、中国ではクラシックコンサートの人気曲とのことです。

作曲家の关峡(GUAN XIA)氏についても、作品についても資料が乏しく、当ブログとしても勉強不足ですが、この曲は間違いなく「知られざる名曲」です。


■ 第49回 「交響曲第1番」序曲  关峡(GUAN XIA)

悠久の時の流れを感じさせるスケールの大きな音楽と、美しい旋律。

演奏は、エン・シャオ (Shao, En) 指揮、中国歌劇舞劇院管弦楽団、一流オーケストラです。

曲は前半に、激動の時代と輝かしい発展が巧みに描かれクライマックスが築かれますが、後半はオーボエの穏やかな旋律、それに続くヴァイオリンソロに現れる中国的な旋律がゆるやかに奏でられ、やがて栄光の時を迎えるように壮大に終曲します。



Photo_20210512205701

今までご紹介した記事を、第1回から順に並べて見やすくした「知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ」を、アーカイブとして公開(順次更新)しております。是非ご参照下さい。

知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ

« 知られざる名曲 第48回 エル・シド 愛のテーマ/ミクロス・ロージャ | トップページ | 知られざる名曲 第50回 River Flows In You/ Yiruma(イルマ) »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事