2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲を考察する(4)有名作曲家の知られざる曲 | トップページ | コロナ禍でも元気 男の料理 in ほのりんクッキングスタジオ »

2021年5月13日 (木)

コロナウイルス狂騒曲の行方 (No.25)

ここへ来て感染拡大が続く日本。

朝のテレビ番組(あさイチ)では、マスクをしていても「目から感染する」と、飛沫のシュミレーションを見せて解説していました。
マスクだけでもうっとうしいのに、まさかゴーグルまで付けないといけないのでしょうか。

そして、最近多くの飲食店では、換気の状態が分かるように「二酸化炭素濃度計」を設置していますが、これも本当に必要でしょうか。

どんどんエスカレートしている感染防止!

先日あるレストランで、「アクリル板」を持参している人を見ました。ついにここまで来たか、という感じです。

こんなに不安におびえ大騒ぎしているのは日本だけでしょうか。
その不安を煽っているのは誰でしょう。
何百回も見せられたワクチンの注射シーン、あまりいい気分がしません。

4452573_s
イメージ写真 ACワークス(株)提供

そんな中、日本医師会の会長が、都内で開かれた自民党参院議員の政治資金パーティー(100人規模)に参加していたとして批判されています。

「国民に言っていることと、自分がやってることが違う!」と非難が集中していますが、政治と癒着している医師会会長がパーティに出るのは当然のことです。

また、大手ドラッグストアの創業者会長(70)と妻の相談役(67)が、市の特別の配慮でワクチン接種を優先予約していた事件は、行政と地元大手企業の関係からみて当然のことです。そしてこんな事は氷山の一角です。

長い自粛生活でストレスが溜まり、どこへぶつけて良いか分からない国民は、こんな当たり前の出来事に神経をとがらせています。

4553433_s
イメージ写真 ACワークス(株)提供

一方政府は12日、新型コロナウイルスの感染が急拡大するインドと隣国のパキスタン、ネパールから入国する外国人について、在留資格を持っていても原則拒否すると発表しました。

この措置は、5月14日午前0時から実施されます。あまりに遅い対応と言えるでしょう。

相変わらず後手後手に回る政府の対応。あきらめムードの国民。日本の悲しい現実です。



♬音楽で癒されよう
当ブログ 知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ

 

« 知られざる名曲を考察する(4)有名作曲家の知られざる曲 | トップページ | コロナ禍でも元気 男の料理 in ほのりんクッキングスタジオ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コロナウイルス狂騒曲」カテゴリの記事