2023年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第40回 ピアノ三重奏曲第2番 第2楽章/シューベルト | トップページ | 知られざる名曲を考察する(4)有名作曲家の知られざる曲 »

2021年5月 9日 (日)

コロナウイルス狂騒曲の行方 (No.24)議論百出

■ ついてない日本 Unlucky Japan

東京オリンピックまで2か月半だと言うのに、コロナ第4波が日本列島を襲っています。
緊急事態宣言が延長されたばかりか、愛知、福岡にも追加発令されました。
一番減ってほしい時にコロナ感染者が増えている日本。


■ 自粛疲れの日本

多くの国民は、ゴールデンウィーク期間中も自粛しました。幼稚園児までマスク生活です。
でも、感染者は増えるばかりです。ウイルスは変異しています。
感染予防していても掛かる人は掛かります。自粛は無意味と思えるほどです。
この先、政府の言うことを聞いて自粛したら、本当に感染者が減るのでしょうか。不信感が募ります。

4470205_s


■ ワクチンも作れなかった日本

今回、日本が一番残念だったのはワクチン開発に失敗したことです。
医療先進国の実態は、研究や臨床の分野ではなく、医療費に莫大なお金が掛かる日本の姿でした。
アメリカのワクチンを買わざるを得なかった日本、大阪ではコロナ患者が十分な医療が受けられない日本。
信じられない日本の医療の実態。


■ しかし、オリンピック開催に固持する日本

7000億円でやれるはずだった東京オリンピックは3兆円も掛かることになりました。
世論調査では、国民の8割が「中止」「延期」もやむなしと回答しています。
一体、誰のためのオリンピックでしょう。アスリートには気の毒ですが、もうオリンピックはスポーツの祭典ではなく利権の祭典です。
その利権にありついている人がやりたいだけです。
果たしてコロナが蔓延している日本に来てくれる国はあるのでしょうか?今後辞退する国が出てくるかも知れません。


今日もまた、ニュースでは感染者数がクローズアップされています。何とか新記録を作ろうと、「月曜日としては過去最高!」とか「宣言解除後としては最大!」とか「3日連続!」とか言っています。
ワイドショーでは、相変わらず同じコメンテーター、同じ専門家が登場して、同じことを言っています。私も含め飽きもせず見ている国民も国民です。

「コロナウイルス狂騒曲」は、いつ終演するのでしょう。


♬音楽で癒されよう
当ブログ 知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ

« 知られざる名曲 第40回 ピアノ三重奏曲第2番 第2楽章/シューベルト | トップページ | 知られざる名曲を考察する(4)有名作曲家の知られざる曲 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コロナウイルス狂騒曲」カテゴリの記事