2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« コロナ禍でも元気 男の料理 in ほのりんクッキングスタジオ | トップページ | 知られざる名曲 第42回 ピッコロ協奏曲/バリー・マッキンム »

2021年5月14日 (金)

知られざる名曲 第41回 交響詩 「海」/ チュルリョーニス

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける

今回は、無名に近い作曲家 チュルリョーニスを選びました。リトアニアの作曲家で画家でもあります。

彼は35年の生涯に、約300点の絵画と約200曲の楽曲を遺しました。

Nacionalinis_m_k_ciurlionio_dailes_muzie
国立チュルリョーニス美術館の外観 Wikipediaより
すぐ近くに、第2次大戦中に多くのユダヤ人を救った外交官、杉原千畝の功績をたたえるリトアニアの「杉原記念館」があります。


画家としてはロシア画壇からも注目され、多くの芸術家と交流しましたが、経済的に恵まれず、結婚してまもなく精神異常をきたし、ワルシャワ郊外の療養所で闘病生活の後、若くして病死しました。わが子が生まれたことを知らぬまま他界した悲運の作曲家です。


■ 第41回 交響詩 「海」 ミカロユス・コンスタンティナス・チュルリョーニス (Mikalojus Konstantinas Čiurlionis  1875 - 1911)

30分ほどの大曲ですが、このYouTube動画からその一部(3分50秒)をお聴き下さい。

また、ガラス板の舞台芸術家として活動中のノーマン・ペリーマン(1933-英国)が描く「キネティックペインティング」も同時にお楽しみ下さい。



描写的で色彩感の強い音楽ですが、ペリーマンの流動的で即興にあふれた筆使いが、チュルリョーニス の音楽と融合して、彩り豊かな幻想の世界を創りだしています。





Photo_20210512205701

尚、今までご紹介した記事を、第1回から順に並べて見やすくした「知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ」を、アーカイブとして公開(順次更新)しております。是非ご参照下さい。

知られざるクラシック名曲の宝庫を開けるシリーズ


« コロナ禍でも元気 男の料理 in ほのりんクッキングスタジオ | トップページ | 知られざる名曲 第42回 ピッコロ協奏曲/バリー・マッキンム »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事