2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« コロナウイルス狂騒曲の行方 (No.23) | トップページ | 知られざる名曲 第38回 交響曲第1番ハ長調 第2楽章/ビゼー »

2021年5月 2日 (日)

知られざる名曲 第37回 組曲 「馬あぶ」 Op.97aより第8曲 [ロマンス]  /ショスタコーヴィチ

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける

今回は、ソビエトの作曲家 ショスタコーヴィチ にスポットを当てることにしました。

当ブログの見解では、20世紀半ば~今日まで、新たなクラシック音楽の作曲家は登場していません。
ショスタコーヴィチが事実上最後のクラシック音楽作曲家になります。


彼は68年の生涯で、15の交響曲と15の弦楽四重奏曲を中心に、管弦楽曲、合唱曲、映画音楽など多数の作品を残しました。

最近日本でも人気の高いセカンドワルツ」←この動画は7000万回以上再生されています。また、クラシックファンに人気のある交響曲第5番(動画は4楽章の一部)は、ショスタコーヴィチの代表作です。

したがって、ショスタコーヴィチの知られざる名曲は、組曲「馬あぶ」にしました。

4407429_s

■ 第37回 組曲 「馬あぶ」 Op.97aより第8曲 [ロマンス]    ドミートリイ・ショスタコーヴィチ(Dmitrii Shostakovich 1906 - 1975)

この曲は、映画音楽(ファインツィムメル監督「馬あぶ」1955年)です。「ロマンス」は、ショスタコーヴィチが作った最も美しい曲と言われ、最近はフィギュアスケートで使われたりしていますので、聴いたことがある人も多い曲です。



多くの芸術家が、戦時下の体制の影響を受けながら活動せざるを得ない時代。ショスタコーヴィチもまた例外ではありませんでした。

しかし彼は、ひと時、暗い時代の呪縛から解き放されて「ロマンス」を書いたような気がします。重く垂れさがった雲から、春の温かい陽ざしが差し込むような、そんな安ど感を彼は求めていたのでしょう。

« コロナウイルス狂騒曲の行方 (No.23) | トップページ | 知られざる名曲 第38回 交響曲第1番ハ長調 第2楽章/ビゼー »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事