2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第30回 「 愛の歌」イーゴリ・フロロフ篇/アルメイダ作曲 | トップページ | 知られざる名曲 第31回 ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47 第3楽章/シューマン »

2021年4月17日 (土)

知られざる名曲を考察する(3)埋もれている名曲

今回も無名に近い作曲家を選びました。生没年も分らない作曲家が二人います。

21.アーチボルド・ジョイス(1873 - 1963) イギリス 
22.ジョン・バリー(1933 - 2011) イギリス
23.アンソニー・ホプキンス(1937 -  ) イギリス
24.ニルス・ゲーゼ(1817-1890 ) デンマーク
25.ヤン・シェベック(不明)ドイツ
26.アントニオ・アロンソ(1867-1903) スペイン
27.フェリックス・ドライショック(1860-1906)  ドイツ 
28.ジョセフ・ホワイト(1836-1918)  フランス
29.イゴール・マトビエンコ(1960- ) ロシア
30.ヘルミニオ・デ・アルメイダ (不明)   ブラジル

Johnbarry
「ある日どこかで」(Somewhere in Time)の音楽  ジョン・バリー氏

しかし改めて聴いてみると、心に残る名曲があったのではないでしょうか。
埋もれてしまっては惜しい名曲が、当ブログ「知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」シリーズで、わずかでもスポットが当たって、皆様の心に届いたとしたら、こんな嬉しいことはありません。


800pxtchaikovsky2
チャイコフスキー Wikipediaより

まだまだ、日本ではあまり知られていない作曲家の名曲は数多くありますが・・・

少し視点を変えて、次回から10本は、有名作曲家の「知られざる名曲」をご紹介しようと思います。

どうぞご期待下さい。

« 知られざる名曲 第30回 「 愛の歌」イーゴリ・フロロフ篇/アルメイダ作曲 | トップページ | 知られざる名曲 第31回 ピアノ四重奏曲 変ホ長調 作品47 第3楽章/シューマン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事