2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« セルフヒーリング倶楽部 ❾「最高のウォーキングはこれだ!」 | トップページ | 映画「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」 »

2021年3月 3日 (水)

知られざる名曲 第4回 The Blizzard (吹雪)より Romance /スヴィリードフ

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける

ロシア人作曲家 ゲオルギー・スヴィリードフは、日本ではあまり知られていませんが、ロシアでは国民的作曲家として人気があります。あのソチ五輪開会式でも彼の作品が世界に披露されました。ご参考 当ブログ 音楽から見たソチ五輪開会式 

尚、作曲はショスタコーヴィチに師事していたとのことですが、スヴィリードフ独特の甘美な旋律には誰もが魅せられると思います。

4291990_s_20210303171101
この曲は、プーシキンの物語への音楽の挿絵「The Blizzard(吹雪)」より第4曲の「Romance (ロマンス)」です。

■ 第4回 The Blizzard (吹雪)より No,4 Romance /Sviridov スヴィリードフ(1915-1998)



ヴァイオリンの切々とした旋律にチェロが絡み、ロマンティックな曲想は木管楽器に引き継がれます。
やがて金管のトランペットに旋律が移りクライマックスを作りますが、静かに回想するかのように終曲します。
心に残る名曲です。

« セルフヒーリング倶楽部 ❾「最高のウォーキングはこれだ!」 | トップページ | 映画「きまじめ楽隊のぼんやり戦争」 »

音楽」カテゴリの記事

知られざるクラシック名曲の宝庫を開ける」カテゴリの記事