2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 知られざる名曲 第7回 パヴァーヌとジーグ/ウィリアム・バード | トップページ | 知られざる名曲 第8回 ヴィオラとピアノのためのエレジー /アンリ・ヴュータン »

2021年3月 9日 (火)

セルフヒーリング倶楽部 ❿ナッツの効果は本物か

私は、10年ほど前から少量の「生アーモンド」を毎日食べています。
それは、ある本に触発されたからです。
もちろん、その時点では医学的なエビデンスが確立されていたわけではありませんが、私は直感的にその本を信じました。
その本とは・・・

■ 「がんの特効薬は発見済みだ!」 の衝撃

岡崎公彦先生(京都おかざき内科院長)の著書「がんの特効薬は発見済みだ!(2011・3・8発行)」を読んで、私は驚きを覚えると同時に、大きな光明を見た感じがしました。

Images_20210308221501

そうです、ガンは不治の病です。ほとんどの病気が現代医学によって治る時代になっても、ガンだけは抗ガン剤では完治が難しいとされています。

※日本のガン死亡者は年間380.600人です!(2019国立がん研究センター)
交通事故死2.839人(2020年警視庁)やコロナ関連死者8.068人(2021・3・2現在)と比べていかに多いかです。

しかし、特効薬はすでに発見済みだと言うのです。

その特効薬とは、東風睦之(こちむつゆき)博士(1912-2010 享年98歳)が、1985年5月に米国国立スローンケタリング癌研究所の機関誌に発表した、制ガン剤「ベンズアルデヒド」です。

後に、岡崎公彦博士がこの著書の中で「ベンズアルデヒド」が、生アーモンドの中に含まれていることを発表しました。初期のガンなら、30粒~50粒の生アーモンドを毎日食べれば治ってしまうと言うのです。

岡崎先生は、自分の病院で実際に「ベンズアルデヒド」を、ガン患者の治療に使い大きな成果を上げました。治験例もその本に掲載されています。


■ アーモンド、ナッツ類が癌に有効と米研究機関が発表


2001年にはアメリカの医療雑誌『癌通信』が、カリフォルニア大学が行った研究成果を掲載し、アーモンドが結腸癌の予防になることを裏付けるデータを公表しています。

また2017年にはボストンのダナ・ハーバーガン研究所の博士らが、ステージ3(リンパ節まで拡散して全員が手術と化学療法を受けていた)の結腸ガン患者826人を調査して、より具体的な研究結果を発表しました。
結腸癌経験者が週に57g以上のナッツを食べれば、食べなかった人よりも癌の再発率が42%、死亡率は57%低くなるというのです。

ナッツ57gとはアーモンドで言えば48粒、カシューナッツで言えば36粒になります。アーモンドは一日7粒、カシューナッツは5粒くらいの割合になります。

4497940_s

このようにアーモンドをはじめナッツ類を摂取すれば癌を予防できることが科学的にも明らかになってきています。そしてさらにアーモンドなどのナッツ類は、癌以外の病気にも効果があることがオランダの医療機関の調査によって判明しました。

オランダの医療機関は20年間にわたり、ナッツと病気の関係を探るために、1万2000人の男女を対象に追跡調査を行いました。そしてその結果、ナッツの摂取量の多さが、癌をはじめ心臓病、呼吸器系疾患、糖尿病、感染症といった病気にかかるリスクを減らすことと関連していることが判明したと公表しました。

 

■ 注目の本が次々に刊行

東風斡子氏(現一条会病院理事長 =千葉県市川市)が執筆された「がん患者が真に求める抗がん剤の復権に向けて 」(たま出版2020・2・3発行)は、今は亡き東風睦之博士の意志を継いで、奥様が世に問うた渾身の一冊です。

また、高橋 亨医師(現一条会クリニック院長=千葉県松戸市)が、「ベンズアルデヒド」のこれまでの研究経緯や成果を詳細にまとめた「進行がん患者を救う『奇跡の治療薬』への挑戦」( 幻冬舎2018・2・28発行)が発刊されています。

Img_20210308_220813_2

東風斡子氏は、「ベンズアルデヒド」CDBA内服薬を治療量の四分の一量、毎日飲み続け、90歳を超えた今も病院の理事長として現役で勤務されているとの事です。

 

世の中には様々な情報が氾濫しています。当セルフヒーリング倶楽部としては、その情報の一つ「ベンズアルデヒド」についてご紹介すると同時に、ナッツ類を食べることで、癌や心臓病、呼吸器系疾患、糖尿病、感染症の予防に有効であるとの研究結果を記事に致しました。もちろん既存の治療法や予防法を否定するものではありません。

 

« 知られざる名曲 第7回 パヴァーヌとジーグ/ウィリアム・バード | トップページ | 知られざる名曲 第8回 ヴィオラとピアノのためのエレジー /アンリ・ヴュータン »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

セルフヒーリング倶楽部」カテゴリの記事