2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« セルフヒーリング倶楽部 ❺「幸せ」を考えるワークショップ | トップページ | コロナウイルス狂騒曲の行方 (No.20) »

2021年1月19日 (火)

映画「にしきたショパン」

この1月17日で、阪神淡路大震災から26年経ちました。

その阪神淡路大震災が1つの大きなモチーフとなった「西宮のご当地映画『にしきたショパン』(Left of Chopin)」が公開されます。

幼なじみの二人、天才肌の健太郎と、不器用で努力型の凜子、彼女はショパンに憧れていました。

そんな二人を阪神淡路大震災と、さらに筋肉収縮を引き起こす局所性ジストニアという病が襲います。

6b454848df064aa7b2ed9bd15b548cc4

この映画は、ショパンやラフマニノフの音楽が流れる中で、若いピアニストが葛藤や苦悩を乗り越えるシナリオが評価され、ベルギーの国際映画祭審査員賞、コソボの国際映画祭長編最優秀脚本賞を受賞。さらに日本芸術センター映像グランプリの脚本賞受賞、そしてミラノ国際映画祭の外国語映画部門で、最優秀長編作品賞を受賞しました。

Nisikita
画像出典 情報サイト西宮流 https://nishinomiya-style.jp/blog/2020/11/04/28098

映画『にしきたショパン』(2020年製作/90分/日本 )
劇場公開日 2021年3月20日 ~

にしきたショパン予告編

にしきたショパン公式サイト

« セルフヒーリング倶楽部 ❺「幸せ」を考えるワークショップ | トップページ | コロナウイルス狂騒曲の行方 (No.20) »

クラシック音楽と映画の関わり」カテゴリの記事