2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« セルフヒーリング倶楽部 ❶場を清める | トップページ | 地球意識に目覚め、新たな一歩を »

2020年12月18日 (金)

コロナウイルス狂騒曲の行方 (No.19)

師走に入り日本ではコロナの新規感染者が急増しています。飲食店の時短営業、忘年会・新年会の自粛が求められ、年末の帰省も難しい状況です。一週間後に迫ったXmasはどうなるのでしょう。

日本医師会の会長は記者会見で、「今年は静かなクリスマス、サイレントナイトでお願いしたい」と慎重な行動を呼び掛けました。
GOTOイートやGOTOトラベルでやっと明るくなった国民生活は、また自粛モードに逆戻りです。

何とも気分の盛り上がらない年末年始を迎えるにあたり、せめて音楽だけでも「テンションの上がる曲」を聴きたいものです。

かと言って聞きなれた音楽では新鮮味がありません。そこで当ブログおススメの「知られざる名曲」で、是非テンションを上げて楽しい年末年始をお迎え下さい。



この曲は、ギリシャの音楽家 ヴァンゲリス(Vangelis 1943-)が作曲した映画音楽「1492コロンブス(原題 CONQUEST OF PARADISE 楽園の征服)」です。

高揚感を引き出す3拍子ボレロのリズムに乗って、合唱が厳かに歌い出しますが、このメロディには高い格調を感じます。世界中でコロナが猛威をふるう中、この曲を聴いていると、「人類の尊厳」にも似た崇高な意識が芽生えてくるのです。 

その意識がやがてコロナを終息に導き、来る2021年には明るい未来が開けるのではないでしょうか。少しボリュームを上げてお聴き下さい。

138078_01

■ ヴァンゲリス氏は、2022年5月17日に亡くなりました。死因は明らかではありませんが、ギリシャ紙によると、新型コロナウイルスの治療を受けていたフランスの病院で亡くなったとのことです。享年79歳。ご冥福をお祈りします。

« セルフヒーリング倶楽部 ❶場を清める | トップページ | 地球意識に目覚め、新たな一歩を »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コロナウイルス狂騒曲」カテゴリの記事