2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« ブログ上の健康講座「セルフヒーリング倶楽部」まもなくスタート | トップページ | 見上げてごらん 冬の星座 »

2020年11月13日 (金)

秋の味覚を楽しむ in ほのりんクッキングスタジオ

アクリル板で仕切られたテーブル、フェイスシールドをした先生、もちろん生徒は全員マスク着用で、今月も「男の料理教室」が開催されました。

今日は、秋の味覚の代表格「松茸」と、この時期美味しい「りんご」を使ったメニューです。

1.松茸ごはん

2.鶏肉とシイタケのくわ焼き

3.リンゴのサラダ

Img_20201112_112307

松茸は本来は洗わずに、濡らして固く絞った布巾で表面を拭くだけにしますが、今回は泥を落とすために軽く洗いました。鍋に「洗った米」と「だし汁」を入れ、具材を乗せて、ガスコンロ(炊飯モード)で炊き上げます。

本当に美味しい「松茸ごはん」が出来上がりました。

小麦粉をまぶしフライパンで焼いて、甘辛く味付けした「鶏肉とシイタケのくわ焼き」はビールに似合いそうです。

最後に、リンゴのサラダをガラスの器に盛りつけして三品完成。今日もごちそうさまでした。
※リンゴは表面のワックスを「塩」で洗っておきます。


次回は早くも12月。恒例のミニミニおせち料理に挑戦します。

« ブログ上の健康講座「セルフヒーリング倶楽部」まもなくスタート | トップページ | 見上げてごらん 冬の星座 »

男の料理」カテゴリの記事