2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 家なき子 希望の歌声 | トップページ | 憂愁ただようクラシック音楽界の話題 »

2020年9月14日 (月)

いまここで~わたしと直傳靈氣®~(本の紹介No.43)

私の師匠が本を出版されました。タイトルは、

「いまここで~わたしと直傳靈氣®~」

とても難しい漢字ですが、直傳靈氣® と書きます。

簡単に言うと、人間誰もが持っている「気のエネルギー」を使って、身体の悪いところを治す治療法です。

代替医療の一つですが、もちろん厚労省が認める医療行為には当たりません。

Img_20200905_164911

この「靈氣療法」は戦前からあり、実は私の母や祖母も実践していました。当時は100万人以上の国民が習得していたそうです。

私もお腹の痛いときなど、良く母に手を当ててもらい(靈氣を施術してもらい)、小さい頃は病気知らずでした。

日本発祥の「靈氣」は、戦後海外に渡り、「レイキ療法」として世界中に広まり、今では世界121か国 800万人以上が実践しているとの事。
自然治癒力や生命エネルギーを使ったセラピーでは、最もポピュラーな療法と言えます。

実は、私はいわゆる「西洋レイキ」と「直伝靈氣」の両方を習いましたが、「西洋レイキ」はほとんど実践することもなく、退職後の平成28年に、「直伝靈氣」を岡村先生ご夫妻に習ったわけです。

Img_20200905_165107
偶然にも、私の名前が麗己(レイキ)でしたので、先生も私のことをすぐ覚えてくれました。
今ではとても親しくさせて頂いております。

この本には、師匠の実体験を含め、靈氣療法が大変分かりやすく紹介されています。
興味のある方は、是非一度ご覧ください。

■ ここで買えます Amazon サイト 

 

■ ご参考
レイキ Wikipedia

日本レイキセラピスト協会

直傳靈氣研究会 京都

 

« 家なき子 希望の歌声 | トップページ | 憂愁ただようクラシック音楽界の話題 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

本の紹介」カテゴリの記事