2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 歩く質を考える | トップページ | 安倍長期政権を支えたのは野党 »

2020年8月29日 (土)

さようなら 安倍総理(安倍総理辞任に思う)

健康不安が表面化していた安倍晋三総理が、本日(令和2・8・28)辞意を表明しました。

会見は1時間余に及びましたが、安倍総理は極めて紳士的に話し、質問にも丁寧に答えていました。

任期を1年余り残しての突然の退陣表明でしたが、7年8か月にわたる政権運営、先ずはお疲れさまでした。

Abesan
記者会見テレビ画面より

安倍総理は、予想もしなかった「コロナウイルス」で大きくつまずいた訳ですが、「アベノマスク」など お粗末なコロナ対策による支持率低下と、赤信号のついた東京オリンピックで、この夏は「失意の夏」だったと思います。
本来なら、東京オリンピックが、安倍総理の退陣の花道となるはずでした。

加えて、盟友だったトランプ大統領の再選が厳しい中、胸中は穏やかではなかったと思います。

Https___imgixproxyn8sjp_dsxmzo6210116030
グラフ 2020/7/30 18:57日本経済新聞 電子版より

思えば、アベノミクスで株価は上がったものの、国民の生活は楽にならず格差は広がるばかりでした。そして、社会保障の名のもと、消費税は5%から10%に増税されました。

外交では一定の成果を上げ、日本の存在感を世界にアピールしましたが、北朝鮮の拉致問題、ロシアとの北方領土問題、韓国との関係悪化など、問題は積み残したままとなりました。(この点は安倍総理の責任とは言えません)

また、集団的自衛権の行使容認を閣議決定したり、平和安全法制(戦争法案)の強行採決、沖縄辺野古新基地の建設など、日本の政治の右傾化はより鮮明になりました。同時に、平和安全法案の強行採決を許した野党の不甲斐なさに、多くの国民は落胆しました。

Https___imgixproxyn8sjp_dsxmzo8933338015
画像 日本経済新聞より 2015/7/15付

さらに安倍総理の悲願ともいえる憲法改正に向けて大きく舵を切りましたが、さすがに「9条改正」を含む憲法改正は、国民の理解を得ることは難しかったようです。

野党が離合集散を繰り返す中、安倍政権は盤石となり、「安倍一強」と言われるようになりましたが、権力の私物化と言われるような事案が次々と明るみに出るようになりました。森友・加計はその顕著な例です。総理周辺が忖度した結果、隠蔽や虚偽答弁が常態化し、公文書改ざんにまで至りました。近畿財務局の職員が自殺したのもこの頃でした。

5c6390b12300007f012249bf
画像 ハフポスト 2018年05月31日より

最近では、黒川賭けマージャン問題で、官邸の腐敗ぶりが露呈したばかりでした。長期政権の「おごり」「弊害」が頂点に達した感があります。今回の退陣は起こるべくして起こった政界浄化作用かもしれません。


今後の政局ですが、次期総理は誰がなるのでしょうか。

政治家に「清廉潔白」を求めることはナンセンスです。正直、次期総理に相応しい人物は皆無です。期待が裏切られることは目に見えています。批判はあっても、安倍総理の手腕に勝る人は今の政治家にはいないでしょう。

それでも敢えて一人選ぶとすれば、当ブログは、菅(官房長官)さんを選びます。最も安倍政権に近いからです。裏の裏まで知っている菅さんなら、安倍総理も安心して任せられます。過去の悪だくみが露呈することもないでしょう。

Jiji_suga_yoshihide_kanbo300x198

ただ、令和おじさんが固辞したらどうしようもありません。その場合は石破さんしかいないでしょう。この人、目つきは悪いですが人物はさほど悪くはなさそうです。

言いたいことを言って申し訳ありませんでしたが、これは、辞任表明を聞いた個人の感想です。お付き合いありがとうございました。

Img_537956c39cbff911dddac508f448ef1f1865
画像の一部 ©時事通信社より

さようなら 安倍総理、笑顔で官邸を去る日も近いと思いますが、一日も早いご回復をお祈りします。
本当にお疲れ様でした。

« 歩く質を考える | トップページ | 安倍長期政権を支えたのは野党 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事