2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« コロナでも演奏できるマスク | トップページ | さようなら 安倍総理(安倍総理辞任に思う) »

2020年8月27日 (木)

歩く質を考える

緊急事態宣言が解除された途端に、「コロナ第2波」が押し寄せ、
梅雨が明けた途端に「猛暑」が日本列島を襲っています。

コロナと熱中症のダブルパンチの中、世の高齢者は、また巣ごもり状態に逆戻りです。

そうした中、運動不足解消のため、早朝などに「散歩」をしている方も多いと思います。

Img_20200824_062605
近所の散歩コース


江戸時代、日本人は一日3万歩も歩いていました。しかし今は、精々5千歩です。
ですから、歩く「量」(歩数)よりも、歩く「質」を考えなくてはなりません。

 
ヨガで習ったジャンセン(長生き)ウォークは、とても理にかなった歩き方です。私も始めたばかりです。

両脚は平行にして(決してハの形にしないで)ゆっくり歩きます。一歩一歩、指先から足の裏(湧泉というツボがある)まで踏みしめるように(意識して)歩きます。顔は出来ればにこやかに、そしてもっとも肝心なことは、尾てい骨を少し丸めて(肛門を閉めて)歩くことです。

Img_20200824_062853
時には休憩します。ゆったりリフレッシュします。

Img_20200821_073542
時には、靴下を脱ぎ裸足になって芝生の上を歩きます。

Img_20200823_064205
虫の声に耳を傾け、草花も観察しましょう。

Img_20200817_070035_20200827160801
いい景色があったら写真を撮りましょう。


こうして歩くことで、3万歩も歩かなくても、脳や内臓を活性化して元気な一日がスタートできます。


猛暑が終わると、今度は「台風」シーズンです。心穏やかに過ごせた今日一日に感謝いたしましょう。

« コロナでも演奏できるマスク | トップページ | さようなら 安倍総理(安倍総理辞任に思う) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事