2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« コロナウイルス狂騒曲の行方 Ⅺ | トップページ | コロナウイルス狂騒曲の行方 ⅩⅢ »

2020年4月20日 (月)

コロナウイルス狂騒曲の行方 Ⅻ

外出自粛の中、お世話になっているDADA'sブログさんの美しい花の写真に魅せられました。心が和みます。

42cc627437c1299df9778cb4cdaae196 62f32c969c5f2684b9c41aa6a405d942

世の中はコロナ一色で、不安とストレスが交錯する毎日をお過ごしのことと思います。


さて、日本赤十字社では小冊子の中で、第2、第3の感染に注意するよう呼び掛けています。第2、第3の感染とは?

3585
日本赤十字社「赤十字NEWS4月号」より

ウイルス  「生物学的」感染症
  ⇩ 
不安や恐れ 「心理的」感染症
  ⇩
偏見・差別 「社会的」感染症


「ウイルス」が感染するより早く、不安による「心理的」感染 が急速に広がっています。そして、社会には「差別や偏見」が感染していくのです。

あまりにもメディアが不安を煽る報道を続け、連日テレビで流したことで、日赤の言う「心理的」感染症が広がり「差別や偏見」につながっています。

■ 日本赤十字社制作 動画「ウイルスの次にやってくるもの」
https://www.youtube.com/watch?v=rbNuikVDrN4&t=68s



日本も感染者が1万人に達し韓国を超えましたが、人口比で見れば感染者は1万人に1人の割合です。死亡率は2.2%ですから、もし感染しても98%は助かります。今後増えるかも知れませんが、それほど恐れる病気ではないように思えます。もう少し明るい毎日が送れないものでしょうか。


もう一度、花の写真をご覧ください。
Cdce421c855fd790bb1852ed0c96f4bc22a953cb595a27bc1e13aaee7ddcf4c0

4e9a1442c2d91ef41c6ef1297699094b E139c1a1733ae848dc53400bdd6cfc20

E9e0888abea7a52c606a498ddb4cc94e 400630b19af9ba90e57405fd3475ef3d
花は実に平和です。そういえば鳥も虫たちも平和です。全くコロナウイルスに影響を受けていません。


新型コロナウイルスは、人間だけに害を与えます。自然は春を謳歌しているのです。

そこが、コロナが台風や地震、森林火災などと大きく違う点です。コロナの標的は人間だけです。


この世に起きることは何か「意味」があると教わりました。であるとしたら、コロナ惨禍が起きた意味とは?

今、人間の所業が問われています。

人類は自分たちの繁栄のために「自然」を破壊してきました。

日本でも、トンネルを掘ってリニア新幹線や高速道路を作り、サンゴ礁の海を埋め立て軍事基地を作り、海に放射性物質を垂れ流し、豊かな「自然」を破壊し続けています。

食べ残した食品を大量に廃棄し、作り過ぎた農作物も捨てています。やむを得ないとは言え、鳥インフルや豚コレラでは何万匹という生き物が殺処分になりました。人間中心の社会では仕方がないかも知れませんが、自然や動植物は悲鳴を上げていることでしょう。

しかし今回のコロナの影響で、地球上のあちこちで大気汚染は減り、インドでは30年ぶりにヒマラヤが見え、中国でも二酸化窒素の濃度が3割も削減されています(NASAデータ)。地球環境は改善されたのです。

Large_20200420172901
この美しい地球は人間だけのものではありません。

今更ながらそのことを私たちはもう一度胸に刻むべきでしょう。そして、地球のために祈りを捧げるべきでしょう。もちろん、生きとし生けるものを礼拝し、地球に感謝する祈りです。

その祈りが地球に届いたとき、コロナウイルスは役目を終え、消えていくと思います。


コロナウイルス狂騒曲の行方シリーズ

« コロナウイルス狂騒曲の行方 Ⅺ | トップページ | コロナウイルス狂騒曲の行方 ⅩⅢ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コロナウイルス狂騒曲」カテゴリの記事