2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« コロナウイルス狂騒曲の行方 Ⅵ | トップページ | 花見 »

2020年4月 6日 (月)

清明

4月4日は、二十四節気の一つ「清明」でした。万物に清新の気がみなぎる時節です。

E2a7db47df30e95873c7f2dc6fa775fa_s
ohsakaさんによる写真ACからの写真


しかし、春が訪れたというのに、世の中は「灰色で憂鬱」な毎日です。あらゆる予定がみんなキャンセルになり、久しぶりに毛筆を取り出しました。

Img_20200406_0002_new_20200406175401
清々しい気分に満たされました。こんな時こそ「書」に親しむ余裕を持ちたいものです。


« コロナウイルス狂騒曲の行方 Ⅵ | トップページ | 花見 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事