2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

開設以来のバックナンバー

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト
無料ブログはココログ

« 新垣氏 初のCMでピアノを弾く | トップページ | 交響曲第1番 HIROSHIMA エストニア公演が消えた? »

2015年4月 4日 (土)

いとしき蜃気楼 さくらと重ねた死生観

今年の桜も見納めです。花びらが散り始めました・・・

ある公園で、池に散る花びらの風情を写真に収めました。

そんな時、詩人 茨木のり子氏の「さくら」という詩に出会いました。

Dscn11161_2

「さ く ら 」

茨木のり子詩集『おんなのことば』より


ことしも生きて

さくらを見ています

ひとは生涯に

何回ぐらいさくらをみるのかしら

ものごころつくのが十歳ぐらいなら

どんなに多くても七十回ぐらい

三十回 四十回のひともざら

なんという少なさだろう

もっともっと多く見るような気がするのは

祖先の視覚も

まぎれこみ重なりあい霞(かすみ)立つせいでしょう

あでやかとも妖しとも不気味とも

捉えかねる花のいろ

さくらふぶきの下を ふららと歩けば

一瞬

名僧のごとくにわかるのです

死こそ常態

生はいとしき蜃気楼と

 

生きてさくらが見れる幸せ。 

人は、歳を取るとあと何年さくらが見れるだろうか? と、死が近づきつつあることを予感します。

しかし、さくら吹雪の中で、作者は、ふと悟ります。人の一生も、さくらの花のようにはかないものではあるが、この世に生を享ける前から私たちは存在していてさくらの花を見ていたのではないか。

そして、死んだあとも存在し、また生を享けて、さくらに出会うのではないか。

死を恐れることはない、死こそが常態であり、生は一瞬の蜃気楼のようなものだ。しかし、生があまりに短いのでいとおしく感じられる、と。

さくらの花は一週間の生命ですが、さくらの樹木は死んでいません。同じように、人の一生も、はかなく見えますが、生命は生き続けています。

そして時期が来ればまた花を咲かせます。花が咲く一週間は、いとしき蜃気楼のようですが、そうでない時の方が常態で、圧倒的に長いのです。

« 新垣氏 初のCMでピアノを弾く | トップページ | 交響曲第1番 HIROSHIMA エストニア公演が消えた? »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事