左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

書の作品

  • Img_20181017_0001
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

カテゴリー「男の料理」の48件の記事

2018年12月13日 (木)

恒例のミニおせち

月一回の「男の料理教室 in ほのりんクッキングスタジオ」では、今年も「おせち料理」に挑戦しました。

1.紅白かまぼこ

  これは料理ではなく、ただ切って市松模様など見栄え良く盛り付けるだけです。

2.伊達巻き

  おせちの定番です。フードプロセッサーで混ぜてフライパンで焼き、巻いて完成。

3.豚の八幡巻き

  ごぼうをささがきにして、豚肉で包み、タレに絡めて焼くだけです。

4.紅白なます

  大根と人参、干し柿、柚子を使います。美味しく出来上がりました。

5.栗きんとん

  瓶入りの栗の甘露煮を使用します。くちなしの実で色付けします。

Img_20181213_114304
冬の陽ざしが気持ち良い窓際のテーブル

写真左は、料理研究家の山川先生の特製丼です。これが一番おいしかった~


今年の食べ納めに大満足のオジサンたちでした。

2018年11月10日 (土)

エスニック調味料ナンプラー

ナンプラーとは、タイの魚醤(魚類または他の魚介類を主な原料にした液体状の調味料)です。そのナンプラーを使った美味しい料理をメインに、今日も楽しく学ぶことが出来ました。

ほのりんクッキングスタジオは、今日も元気なオジサンで活況でした。


1.鶏のナンプラー焼 なすのソテー添え

2.シーフードサラダ

3.大学いも

Dscn32661

グリルで焼いた鳥のもも肉は柔らかく、味が良くしみて美味しく戴きました。ビールがあれば最高かも知れません。

ゆでたこ、赤玉ねぎ、ブロッコリーなどを、レモン汁やバージンオイルなどの漬け汁に浸す(マリネ)シーフードサラダはさっぱりとした食感が特徴です。

大学いもは、結構手間が掛かりましたが、ほくほくの美味しさにみんな大満足でした。

※帰宅してから、大学いもの名前の由来を調べてみました。料理教室はトリビア(豆知識)の宝庫でもあります。


次回は、もう12月。今年もプチおせち料理に挑戦予定です。乞うご期待。

2018年10月11日 (木)

半年ぶりの料理教室

6か月ぶりに 「男の料理教室 in ほのりんクッキングスタジオ」 に出掛けました。

1.なすと豚肉のうま煮

2.ほうれん草とえのき茸の辛子明太子和え

3.鬼まんじゅう

Img_20181011_112905_2

今日は、近くの女子中学生が3人実習に来ていました。いつもは中年以上のオジサンばかりですが、若いパワーをもらって美味しい料理が完成しました。

Img_20181011_115034

終了後、いつもの喫茶コーナーで出来立ての鬼まんじゅうを食べながらチョコチーノを飲みましたが、チョコとサツマイモがマッチして幸せな気分でした。


2018年1月14日 (日)

「今年も美味しく」 ほのりんクッキングスタジオ

今年最初の 「男の料理教室」 。凍てついた道路を車で約50分掛けて会場に到着しました。いつもの仲間に会えてやる気が湧いてきます。 さて今回は・・・

1.れんこんもち

2.スペアリブの甘露煮

3.保存ができる大根の漬物

Img_20180111_113300_2

「れんこんもち」 は初めて食べましたが、やはりもっちり感があって、とても美味しく戴きました。45分間煮込んだ 「スペアリブ」 は柔らかくて食べやすく、青梗菜(チンゲンサイ)と良く合います。

「保存ができる大根の漬物」 とは要するに 「福神漬け」 のことです。でも、ショウガやトウガラシ、塩吹きしいたけが入っているので上等な福神漬けです。


自分でも不思議なくらい続いている料理教室ですが、「今年も美味しく」 を年頭の言葉として頑張りたいと思います。




2017年12月14日 (木)

一足早いお正月/ほのりんクッキングスタジオ

2か月ぶりの料理教室は、恒例の 「ミニおせち」 でした。サボってばかりの教室ですが、やはり行くと仲間に会えて楽しいです。

1.アーモンド入り田作り

2.伊達巻き

3.鯖の南蛮漬け

4.五色煮なます

358835

おせちには、縁起の良い料理が好まれます。

「田作り」 には、五穀豊穣をもたらす意味があり、「伊達巻き」 には、学問や文化が身について、立派に成長する意味が込められています。

れんこんには穴があることから、先を見通すことが出来る縁起物として、おせち料理の食材に使われているそうです。

そんな先人の知恵を勉強しながら、美味しいミニおせち料理を作りました。 あと半月でお正月とは思えない雑然とした年の瀬ですが、フルパワーで頑張ります。

2017年10月12日 (木)

3か月ぶりの料理教室

所用で休んでいた 「男の料理教室 i n ほのりんプラザ」 に3か月ぶりに出掛けました。

休んでいる間に新しい仲間が増えて、クッキングスタジオは今日も盛況でした。

去年の今頃は、ハロウィンのかぼちゃ料理を作りましたが、本日はメインが「酢豚」でした。


1.梅じそごはん   
炊き立てのご飯に、梅干しと青じそを混ぜるだけの簡単料理。5分で作れます。

2.酢豚
中華の定番ですが、冷めても美味しいように工夫した調理をします。豚肉(ロースかたまり)、野菜の素材が良いので、本当に美味しく仕上がりました。

3.大根のサラダ
白みその特製ドレッシングが、大根と 「焼豚」 によく合う一品です。

Dscn3114

特に酢豚は、どこに出しても恥ずかしくない出来でした! とろみのある甘酢あんが、揚げたての豚肉と新鮮な野菜に良く絡まって最高でした。

今回は少し手間がかかりましたが、その分美味しくいただくことが出来ました。来月は、「秋さばの料理」だそうです。今から楽しみです。



2017年6月 8日 (木)

美味しかった牛すき丼

オジサンばかりの仲間と作る 「男の料理」。今月は定番メニューです。

1.牛すき丼

2.きゅうりと新生姜の漬物

3.大根と油揚げの味噌汁

Dscn28081

意外と手軽に作れて美味しかった 「牛すき丼」。 さっぱりとした漬物。 その料理によく合う味噌汁(赤だし)。 今回も満足の出来でした。


スタッフから、調理風景の写真をいただきましたので、恥ずかしながら一部披露します。

005 003

Img_0229 Img_1350

料理研究家の山川先生はじめ、素晴らしい先生方のご指導のもと、このように楽しく学んでおります。平和な日常に感謝申し上げます。

■ 男の料理教室は、スケジュールの都合により、3か月間お休みさせていただきます。次回は10月より記載いたします。

2017年5月11日 (木)

いわしを美味しくいただく/ほのりん男の料理

いわしを使った料理に挑戦しました。この魚は小骨が多く敬遠されがちですが栄養豊富でDHAやEPAが多く含まれており、成人病予防やボケ防止に効用があるそうです。

そこで今日の献立は、

1.いわしの梅煮

2.沢煮椀

3.さくらもち(生徒のリクエスト)

Dscn26661

いわしのさばき方を習いましたが意外と簡単でした。今が旬のウドを使った沢煮椀は、具沢山でとても美味しくいただきました。

私たち生徒がリクエストした 「さくらもち」。少し時期が過ぎましたが、淡いピンク色が上品な一品です。

Dscn26701

早速、コーヒータイムにいただきました。男性ばかりですが会話が弾んで楽しいひと時でした。先生、スタッフ、仲間の皆さんに感謝です。

2017年4月13日 (木)

料理との出会いを楽しむ

久しぶりの青空です。車窓からまだ十分きれいな桜の並木を見ながら、いつもの 「ほのりん男の料理教室」 に着きました。

開始前に、講師(料理研究家)の山川先生から挨拶があり、うんちくのある話が聞けるのがこの教室の特長です。今日は桜の木の生命力について教えていただきました。


さて、旬のグリーンアスパラや、採れたての竹の子がテーブルの上に並んでいますが、今日はどんなメニューなのでしょうか。

1.鶏のジューシーから揚げ

2.竹の子の地かつお煮

3.塩昆布とピーマンの和え物

Dscn25441

カリッと揚がった唐揚げをいただきながら、竹の子やアスパラなど 「春の味覚」 を味わうことが出来ました。やはり旬の食材は美味しいです。

月に一回ですが、いつも美味しい料理に出会える素敵な教室に感謝です。

2017年3月 9日 (木)

季節を感じて食べる

「男の料理 in ほのりんプラザ」、いつも2時間ほどで三種類の料理を作りますが、季節感のあるメニューが特長です。

しかも、メインディッシュだけでなく、お菓子やデザートの作り方も学べるので甘党のオジサンにも好評です。

1.グリーンアスパラの豚ロール巻き

2.菜の花と油揚げのごま和え

3.さくらあんぱん

Dscn24581

今が旬のアスパラガスを使った豚のロール巻き、菜の花の香りが楽しめるゴマ和え、さらに、桜の花(食用)を添えた あんぱんを作りました。

特に、さくらあんぱんはふっくらと仕上がって味も最高でした。一足早い桜の季節を味わった次第です。先生方、スタッフ、仲間の皆さんに感謝です。

Dscn24541

より以前の記事一覧