左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

カテゴリー「音楽」の335件の記事

2017年5月26日 (金)

バラから聴こえる音楽

この時期の花といえば、何と言っても 「バラ」 です!

「花の女王」 とも呼ばれ、今も昔も不動の人気を誇っています。

21403ba2210150979003_2

21403ah33300422500011
大野町バラ公園 http://www.nihon-kankou.or.jp/gifu/214035

雨上がりの午後、バラ苗生産日本一の大野町が誇る 「大野町バラ公園」 に出掛けました。

無料の公園ですが、バラ150種、2000株が咲きそろい、バラの鑑賞スポットとして大勢の来園者でにぎわっていました。

Img_2948 Img_2944

春のバラと秋のバラがありますが、バラは夏の季語です。花言葉は 「愛情」。

Img_2957
雨に濡れてしっとりと咲く姿も美しい

「バラ」 で思い出す曲は、「夏の名残のバラ」(The Last Rose of Summer)、日本では「庭の千草」 という曲名で有名です。

youtube 動画 https://www.youtube.com/watch?v=xR8ocQfO9Ls

この曲をもとに、ベートーヴェンやメンデルスゾーンなど多くの作曲家が編曲したり変奏曲を書いたりしています。また、バラをモチーフにした曲は数多く存在します。

やはり、バラは音楽に最もよく似合う花だと言えるでしょう。

当ブログ参考記事→ 音楽家の名前の付いたバラ


薔薇深く ぴあの聞ゆる 薄月夜           子規

正岡子規の俳句からも、ピアノの調べが聴こえてきます。

2017年5月22日 (月)

上質な音楽の空間に浸る

ドイツの詩人 H・ハイネの抒情的な詩集 「歌の本」 に、親交のあった作曲家 R・シューマンは曲を付けました。

週末、その作品を集めたコンサートが催されました。大好きな「詩人の恋」op.48 他が聴けるとあって楽しみに出掛けた次第です。

Buch der Lieder 歌の本 河野克典バリトンリサイタル シューマン歌曲の夕べ (2017・5・20 NBKコンサートホール)

Img_20170520_0001

曲が進むにつれて、ドイツロマン派の香り豊かな音楽が会場を満たしていることに気づきました。この空間は日本の地方都市ではありません。

もちろん私はドイツ語は分かりませんが、対訳(河野克典氏訳)を時折見ながら聴いていると、眼前には間違いなくハイネの世界が広がっているのです。

ドイツ語がこんなにも柔らかく響き、詩に込められた心情がひしひしと聴き手に伝わってきます。また、関本昌平氏のピアノは明瞭で知的、歌を際立たせています。リーダークライスop.24、詩人の恋op.48 など約30曲が抒情的に歌われました。

Dscn26991

アンコールは4曲。最後の 「赤とんぼ」 を聴いて、ハイネの世界から日本の空間に引き戻された感がありました。 「赤とんぼ」 も河野さんが歌うと、童謡を超えて立派な日本歌曲です。

上質な音楽の空間に身を置くことができて、この上なく幸せな週末でした。

2017年5月17日 (水)

プーチンさんのピアノ演奏

なかなか様になっている写真の主は、プーチン大統領です。

プーチン氏は、習近平国家主席との首脳会談を待つ間、釣魚台迎賓館で、「モスクワの窓々」 やサンクトペテルブルクの曲 「夕べの歌」 をピアノで弾いてみせたとのことです。

動画で見ましたが、あまりに調律が狂っていて気の毒でした。 最新ニュースは、プーチン氏も調律に不満だったと報じています。興味のある方は ここ からどうぞ。 (たどたどしく弾く姿は好感度です。)

R
写真(ロイター/Sputnik/Aleksey Nikolskyi/Kremlin)

■ そこで、各国首脳の音楽通ぶりを検証すると、

仏のマクロン新大統領も、ピアノはコンクールに入賞するほどの腕前と聞きます。

古い話ですが、ピアニストが首相になった例では、パデレフスキが、ポーランドの初代首相を務めたことが有名です。パデレフスキはショパンの演奏に定評がありました。

旧西独のシュミット元首相は、モーツァルトのピアノ協奏曲を弾いてCDも出しています。

0077774747356_2

英国のヒース元首相は音楽に造詣が深く、ロンドン交響楽団などを指揮しました。以前、サントリーホールで、「新世界」 を指揮しています。

そう言えば、小泉元首相もオペラ好きで、在任中にワーグナーのバイロイト音楽祭を鑑賞しましたね。鳩山元首相は、六本木男声合唱団のメンバーでした。

あの宇野宗佑元首相も就任時にピアノ演奏を披露したことは語り草になっています。


音楽は世界共通語、各国の首脳が音楽好きなら意思が通じ合えると思いますが、戦時中は、音楽がプロパガンダに利用された忌まわしい過去もあるので、政治家の音楽好きは素直に喜べないのが残念です。

※プーチン氏の弾いている写真を良く見ると、グランドピアノの蓋(大屋根)が正しく開けられていません。以下ご参考までに。

グランドピアノ屋根開閉の操作手順 ヤマハサイト

 

2017年5月13日 (土)

静けさ よい音 よい響き (本の紹介No.026)

サントリーホールなどの世界的ホールの音響設計で有名な 永田音響設計事務所を設立した永田穂(みのる)氏が、30年以上も前に書いた著書。

Dscn26771

その当時、本のタイトルが気に入って買いましたが、音を科学的に分析しただけでなく、著者の豊富な見識と音楽的感性が見事に融合した本でもあります。

この本の冒頭、著者は 「現代の我々は、古代の人々が大切にしてきた小さな音、かそけき音に対しての感性を失いつつある。電気の力を借りた巨大な音に酔うのもよいが、静けさの中でしか感じ取れない美しい音や響きがあることを忘れてはならないように思う。」 と述べています。

よい音も、よい響きも、その前提として良質の 「静けさ」 が必要です。騒音に包まれた現代人は、いつしか 「静寂」 を忘れてしまいました。

さらに著者は、「岩にしみいる蝉の声も、木の葉のすれあうかすかな音も、遠くのせせらぎの響きも、自然の恵みの中に感じる静けさである。」 と語り、「静けさ」 の本質に迫ります。

自然な 「静けさ」、心のこもった 「よい音」、先人の知恵が生んだ 「よい響き」。永田氏の感性が光る一冊です。分かりやすく音響工学を解きながら、音楽への愛情を感じさせる一冊です。 

「静けさ よい音 よい響き」 彩国社サイエンス 1986年発行1600円(発売当時価格)

(株)永田音響設計 公式サイト

2017年5月12日 (金)

揺らぐストラディヴァリウス神話

17世紀のイタリアの名匠、アントニオ・ストラディバリが作ったヴァイオリン 「ストラディバリウス」 は、あらゆるヴァイオリンの中で最も価値が高く、ヴァイオリニストなら一度は手にしたい名品です。値段は数億円に達し、世界中に約650挺しか現存しません。 ※ちなみに日本国内には40挺あると言われています。

もちろん、「ストラディバリウス」 の音色は世界一美しいとされています。しかし、最近の大掛かりな検証実験(ブラインドテスト)で、その神話が揺らいでいます。

Img_1028a02abb42084808a1cadfa0f02d6
画像 http://www.afpbb.com/articles/-/3127614(記事とは関係ありません)

■ 検証実験

フランス国立科学研究センターのクラウディア・フリッツ教授らの研究チームは、「ストラディバリウス3台」 と 「新作ヴァイオリン3台」 とを対象にしたブラインドテストの結果を、国際学術誌「米国科学アカデミー会報(PNAS)」 に発表しました。

検証は2回行われ、1回目はパリ近郊の300席のコンサートホールで55人の聴き手を対象に、2回目はニューヨークにある860席のホールで82人を対象に、それぞれ実施されました。被験者は音楽に精通した人を選んだようです。

演奏者の前にはスクリーンがあり、聴き手にはどちらのヴァイオリンが演奏されているのかが見えないようにした上、演奏者も目隠しをした状態で楽器を手に取って演奏したとのことです。演奏は、カナダのスーザン・ハウ、日本の成田達輝など7人の世界的ヴァイオリニストが担当しました。

00_m
画像 http://gigazine.net/news/20160715-violin-double-blind-test-paris/(記事とは関係ありません)

■ 実験の結果は「新作ヴァイオリン」に軍配

聴き手は音楽的経験に関係なく、「ストラディヴァリウス」より 「新作ヴァイオリン」 を評価し、「新作ヴァイオリン」 の方が響きが良いと結論づけました。また、演奏者と聴き手のどちらも、新旧のヴァイオリンを確実に聴き分けるのは不可能だったと証言しました。

実は、同様の実験(ブラインドテスト)は毎年のように行われています。そして結果は、必ずしも 「ストラディヴァリウス」 が勝つとは限りません。むしろ今回と同じように、「新作ヴァイオリン の方が音が良かったとする意見が多いのです。

2010年に実施された実験でも、「音色」 「音の伝達性」 「演奏しやすさ」 「演奏への反応性」 の4点について評価した結果、最も優れた楽器として新作ヴァイオリンが選ばれ、最も悪い楽器として1700年に制作された 「ストラディバリウス」 が選ばれました。

私たちは、「ストラディヴァリウス」 のブランドイメージに惑わされているかも知れません。目に見えない 「音」 の世界では、どうしても先入観や思い込みに左右され易いのではないでしょうか。

1000円のワインも100万円だと言われれば、100万円の味がするように、「ストラディヴァリウス」 と言われれば良い音に聴こえるのではないでしょうか。もし、音が悪いと言えば、その人は見識が疑われてしまうでしょう。


■ ヤマハの挑戦

以前、ヤマハのヴァイオリン「Artida(アルティーダ)」 を間近で聴いたことがありますが、その圧倒的な美音に驚きました。今回の実験で、ヤマハが使われたかどうかは分かりませんが、「新作楽器」 のひとつ 「Artida(アルティーダ)」 を例に、そのテクノロジーに触れてみたいと思います。

Cntpic151

1.最新のテクノロジーによって、木材の理想の経年変化を生みだすことで、中低音の伸び、高音の立ち上がりの増大や減衰の高速化を実現しました。この技術により、名器を彷彿とさせるような音の伸びや響きが得られ、演奏家の多彩な音楽表現に柔軟に応えます。 

2.伝統のクラフトマンシップと、3次元CADによる高精度モデリングや有限要素法による振動解析など最新の楽器技術を融合させ、ヤマハとして「 理想のヴァイオリン」 を追求しました。

3.特殊に選択された波長の紫外線を照射することで、ニス等の塗膜の分子構造を変化させ、音響特性を向上させることを狙った 「紫外線照射」 技術を採用。塗膜の外観のみならず、ニスの特性が音質に与える効果を考慮した仕様を盛り込んでいます。(ヤマハサイトより一部抜粋)


このような現代のテクノロジーと熟練の技術者から生み出された新作モデルが、
「ストラディヴァリウス神話」 を崩そうとしています。

価格が2ケタ以上も違う
「ストラディヴァリウス」 「新作ヴァイオリン」 。聴き手が評価し、演奏家が真に望む理想のヴァイオリンを求めて、これからも様々な実験が行われると思いますが・・・

その結果がどうであれ、究極のステータスである 「ストラディヴァリウス」 が、演奏家の垂涎の的であることに変わりはありません。しかし、「ストラディヴァリウス」 の地位が不動であっても、その足元が揺らいでいることもまた事実です。

2017年5月11日 (木)

100曲クラシック ベストが10枚3000円

2017年5月15日付の、ビルボード・ジャパン・トップ・クラシカル・アルバムの第9位に、「100曲クラシック ベストが10枚3000円」 がランクインしました。 (AVCL-25065/74 2005/12/07発売 エイベックス・マーケティング)

417exg4x8xl

すでに何度もランクインするヒットアルバムですが、クラシック入門用には最適のBOX商品です。

やはり、3000円でCD10枚、100曲聴けるのはお値打ちです。

Amazonサイトへ

ビルボード・ジャパンサイトへ

2017年5月 3日 (水)

追憶の合唱

恩田忠彦先生の没後10年。 男声合唱団、女声合唱団、混声合唱団の3団体が一堂に集う「第2回合唱の集い」に出掛けました。 (2017・5・3サラマンカホール 出演:男声合唱団 コール・ファーテル/女声合唱団 コール・グレイス/混声合唱団 ムンテル・コール)

Dscn2661112

クラシック音楽にも造詣が深いとされた尾崎喜八の詩の世界に挑戦した男声、ひたすら恩田ワールドを追い求める女声、合唱の本当の楽しさ、喜びを伝えた混声。

その本格的な合唱の演奏を聴こうと、多くの愛好家が訪れ会場は満席でした。この三つの合唱団に共通する深い味わいは、やはり恩田忠彦先生の音楽性を投影しているかのようです

最後に、第23回(S31年)NHK全国学校音楽コンクール(現Nコン)で課題曲に選ばれた恩田忠彦先生の 「ふるさと」 が情感を込めて歌われ、追憶の合唱が会場を包みました。

2017年4月15日 (土)

音楽産業の多様化と行方

個人的見解に過ぎませんが、日本の音楽産業の将来について考えてみました。※当ブログの性格上、ややクラシック音楽寄りのスタンスになります、ご了承下さい。

きっかけは、日本コロムビアの上場廃止のニュース(フェイスの子会社になり 2017年8月1日付で東証1部上場廃止)です。日本コロムビアは日本最古のレコード会社です。


確かに音楽産業のバロメーターである CD(12cm) の生産数量は年々減少し、10年前の半分ほどです
。生産しても売れない状況が続いています。

17
(社)日本レコード協会 「日本のレコード産業 2017」 2017・4・5発表資料より(クリックで拡大します)


私もCDを以前ほど買わなくなりました。クラシックに限って言えば、新譜に魅力がありません。普段はYouTubeやストリーミング(ナクソス)でも十分楽しめます。

たまに買おうとすると、CD店にもメーカーにも在庫がありません。したがって、ネットで輸入盤を安く買っています。安く早く確実に入手できます。

CDショップも減っています。寂しい限りです。日本のCDは価格が高いので違法コピーも後を絶ちません。このままでは、CDは過去の遺物になってしまうでしょう。

19
同 「日本のレコード産業 2017」 資料より (クリックで拡大します)

ただ相変わらず、握手券などを封入したアイドル歌手のCDはそこそこ売れているようです。逆に、おまけ付きでCDを売る商法がなかったら、CDは誰も買わなくなるでしょう。「おまけ」 に支えられた現状は残念です。


CD全体の売り上げは低迷していますが、一方でコンサート(ライブ演奏)は日本中で連日のように開催されています。主催者はコンサートホール(会場)を押さえるのに四苦八苦の状況です。

コンサートの市場規模は動員数の増加に伴い大幅にUPしています。

1117
ぴあ総研 「2016ライブエンタテイメント白書」 2016・9・28発表資料より(クリックで拡大します)

2015年度のコンサート観客動員数は、4486万人。国民の3人に1人は何らかの音楽コンサートに足を運んだ計算になります。また、市場規模は5000億円を超えました。


このことは、音楽の楽しみ方が変わりつつあることを示唆しています。音楽産業の構造が、コンサート中心になれば、それはそれで悪いことではありません。

少子高齢化で、子供の音楽人口は減っていますが、大人は増えています。さらに、従来の聴くだけの受動的な音楽から、自ら演奏して音楽を楽しむ能動的な音楽体験が増えています。定年後の合唱活動などが顕著な例です。

J-POPやアイドル系、ビジュアル系のコンサート・ライブも、会場が一体となって盛り上がる点では参加型と言えます。

生の音楽を楽しむ人に加え、生の音楽に参加する人が増えているのです。そのことが、コンサート人口の増加に拍車をかけています。

また、減少している子供の世界では、ピアノなどの音楽コンクールが盛んです。Nコンなどの合唱コンクールや吹奏楽コンクールも盛んです。コンクールは音楽産業の一角を占めています。ここでは、より質の高い音楽を求める流れがあります。コンクールの隆盛もコンサート人口の増加に一役買っています。


以上の観点から、CDの売り上げだけが、音楽産業のバロメーターとは言えなくなりました。音楽産業は時代と共に多様化しています。

スマホに音楽をダウンロードしたり、ストリーミングで再生したり、映画館でライブビューイングを楽しんだり、シネマコンサート(コンサート会場で映画を映す)、音楽フェス(大規模な音楽イベント)に出掛けたり、カラオケやサークル活動に精を出したりと多岐にわたります。

ライフスタイルの多様化が、そのまま音楽産業の多様化につながっていると思われます。

この先、音楽産業はどのように発展していくのでしょうか。人工知能(AI)が作曲する時代です。ロボットが演奏する時代です。プロジェクションマッピングなどの新技術も導入されています。初音ミクのようなバーチャルシンガーも現れました。

先端技術が導入された音楽と、生の演奏に回帰する音楽。その両者が交差し共存する音楽の先にあるものは何でしょう。


音楽産業の未来を考えることで、都市と地方の文化的格差を無くしたり、クラシック音楽の衰退に歯止めをかけたり、紅白歌合戦やレコード大賞の在り方を考えたり、日本の音楽文化全体を見渡すことが出来ます。


議論を深め、日本の音楽産業の発展を見守りたいと思います。


2017年4月14日 (金)

ショパンの弟子の作品集が注目の1位

4月17日付の ビルボード・ジャパンのクラシカルチャート(Billboard JAPAN Top Classical Albums)で、ショパンの愛弟子 カール・フィルチュの作品集が、他を大きく引き離しての第1位となりました。(2週連続1位)

Image
「ショパンの愛弟子 若き天才作曲家カール・フィルチュの世界」 萩原千代(piano) 2016年リリース ALCD-9161 (有)コジマ録音

Amazon 通販サイト(試聴可)


弟子に対しても週1回以上教授することはなかったショパンは、11歳のフィルチュに卓越した才能を見いだし、週3回指導したという。15歳の誕生日を目前に結核で亡くなったフィルチュは、その短い生涯にもかかわらず、熟達した作品を残した。

2005年に発見された彼の作品の中に、ショパンからの強い影響のみならず、初期のうちから独創的であった天性の資質を聴くこともたやすいであろう。 

萩原千代は、フィルチュ作品との運命的な出合いから、作曲家の生地ルーマニアにおいて研究を重ねたピアニスト。作曲家への深い愛が伝わってくるフィルチュ演奏の決定盤。コジマ録音サイトより転記)


ショパンの弟子と言えば、「ミクリ版」(ショパンの校訂譜)で有名な カール・ミクリがいますが、カール・フィルチュ はあまり知られていません。私も初めて聞く名前です。そもそも
、ショパンが子供を教えていたというのも知りませんでした。勉強不足でした。

ショパンも39歳の短い生涯でしたが、カール・フィルチュは14歳で亡くなっています。彼は13歳でヨーロッパコンサートツアーを行っていますが、非常に早期に才能を発揮し、リストを始め多くの音楽家から高く評価されていたようです。

今回のランキング1位で、この天才的なショパンの弟子カール・フィルチュにスポットが当てられたことは、音楽愛好家やショパンのファンに取っても幸運なことです。ピアニスト萩原千代さんに敬意を表したいと思います。


ショパンを彷彿とさせる 「ピアノ協奏曲」 と、今回のアルバムにも入っている「マズルカ3番」 を
見つけました(youtube)

Carl Filtsch - Piano Concertino in B minor

Carl Filtsch - Mazurka in E flat minor Op. 3 No. 3 (1843)

2017年3月31日 (金)

沢田蒼梧 挑戦するピアニスト

「沢田蒼梧ピアノリサイタル」 に出掛けました。一昨年の夏に初めて聴いた時、その燃焼する音楽が強く印象に残りました。その意味で今回のソロリサイタルがとても楽しみでした。 (チケットは2週間で完売し、当日券はありませんでした。2017・3・30 ザコンサートホール 満席) 

「医師に、そして、ピアニストに」 己の志に向かって歩む二足の草鞋の人生を選んだ高校生の挑戦 (プログラム表紙の言葉より)

プロのピアニストを目指す一方で医師の道に進もうという極めて高度で困難な人生。その人生を敢えて選んだ彼の、並々ならぬ決意が込められたコンサート。

Img_20170331_0001_new11 Img_20170331_0001_new
プログラム表紙・裏表紙(クリックで拡大します)

深い音楽的感性が余すところなく表出したベートーヴェンの悲愴ソナタ、映像を見るかのように詩情豊かに演奏されたスクリャービン。とても魅力的に感じました

ショパンの心情に迫ったノクターン13番ハ短調、堂々たる風格の英雄ポロネーズ、ドラマティックで陰影のあったスケルツォ2番。どの演奏も入魂の集中力と、極限まで高められた純粋な感情表現に魅了されます。

今回のプログラムで最も難易度が高いラフマニノフのソナタ2番、敢えて1913年初版を選んだところが、彼のこれからの人生に対する決意の表れです。まさに挑戦するピアニスト沢田蒼梧を見る思いでした。そして、彼の持つ音楽性もテクニックもスケール感も、まさにラフマニノフの音楽そのもののように会場に響き渡りました。

アンコールは、スクリャービン左手のためのノクターン、ショパン別れの曲、革命でした。ウィットに富んだトークを交えて約2時間、人生二刀流の沢田蒼梧さんの前途を祝し、今後のご活躍を心より願って会場を後にしました。



■ 当ブログ参考記事→ 医師とピアニストを両立させた男

より以前の記事一覧