左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

書の作品

  • Photo_39
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の330件の記事

2018年1月26日 (金)

小説家になった友人

長い付き合いの友人が本を出しました。

銀行マンの彼はクラシック音楽が好きで、よくコンサートに出掛け、ピアノを習い、合唱団にも入って、趣味の音楽を楽しんでいました。

その彼にまさか文才があるとは知りませんでした。

退職後に彼が書いた小説とは ──

Dscn32281

「望郷にあるものは」 吉田昭雄著  (文芸社 2018・1・15発行 1200円+税)

ユダヤの民は日本を目指す・・・
真実は
悠久の時を超えて──

今まで光が当たらなかった 「日ユ同祖論」 を軸に、壮大な歴史を多角的に検証し、ロマン溢れる小説を書き上げた著者に敬意を表して読ませてもらいました。

この小説に貫かれている 「人間愛」 と 「平和への希求」 は、同朋である人類の共通のテーマです。 その意味で、杉原千畝の命のビザのくだりは感動的で胸が熱くなりました。

望郷にあるものは・・・ 何だったのでしょう? 是非小説を読んでみて下さい。

明日は、オペラ「人道の桜」を観に行きますが、その前にこの小説に出会えたことは幸運でした。オペラの感想はあらためてアップいたします。

「望郷にあるものは」 Amazonサイト

2018年1月16日 (火)

残念な Moranbong band とは

にわかに注目を浴びている北朝鮮の 「モランボン楽団 Moranbong band」 。

これは、音楽の政治利用なのか、平和利用なのか?

2015年、初の海外公演は、舞台上のスクリーンに映し出されるミサイル発射の映像が理由でキャンセルされた。

楽しいプロパガンダと言われる所以である。

しかし、何はともあれ楽しいことに変わりはない。

560万回も再生されている YouTube の映像↓を見ると、なるほど音楽的にもビジュアル的にも魅力満載といえる。

さらに、選曲が日本の中高年の音楽ファンにウケることは間違いない。つい最後まで見てしまった。

">

それにしても、楽器はヤマハやローランドなどの日本製が多い。Wikipediaによると──

バイオリン = ヤマハ・SVV200、チェロ ヤマハ・SVC
ピアノ = スタインウェイ(赤)、 ヤマハ(白)

  • 電子ドラム = ローランドTD-50K シンバル SABIAN 他
  • シンセサイザー = コルグ・KRONOS X、TRITON、KARMA、ローランド・JUPITER-80、ヤマハ・MOTIF XF 他
  • アコースティックギター = ギブソン・J-200
    エレキギター = ESP HORIZON、アイバニーズ・RG
    エレキベース = グレコ・フェニックスベース



    政治的な意図のない純粋な音楽集団なら、世界的に人気が出てもおかしくないパフォーマンスである。残念でならない。
  • 2018年1月 7日 (日)

    心の中の「しめ縄」/退転しない誓い

    今年の正月は穏やかでした。

    地元の氏神様は、今日も大勢の参拝客で賑わっていましたが、そろそろ正月は終わり、玄関の 「しめ飾り」 も下ろす頃になりました。

    下ろした 「しめ飾り」 は左義長(どんど焼き)神事で焚いてもらいます。

    一方、神棚の 「しめ縄」 は一年中飾っておきます。

    玄関に飾る 「しめ飾り」 も、神棚に飾る 「しめ縄」 も、神様をお迎えする目印として飾るものですが、特に 「しめ縄(注連縄)」 の起源は古事記にまでさかのぼります。

    15

    「叡智の断片」 (日本教文社刊)からその箇所を一部抜き取ると ──

    「しめ縄は天照大神(あまてらすおおみかみ)が天の岩戸からお出ましになった時、二度と再びお入りにならない様に張りめぐらしたものである」 と古事記に書いてある

    それはどういう意味かと言うと、「再び退転しない」 という意味である。再びもとの暗い洞窟の中に隠れたりしないという誓いを表わしている。

    しめ縄を張りめぐらす所は、どこかの門口の様な所だと思っていたら大間違いで、実は、自分の心の中に張りめぐらすのである。

    心の中で、「二度と再び過去の過ちには退転しない」 と固く決心することなのである。


    もし、過ちがあったら 「二度と同じ過ちを繰り返さない」 と心に誓うことが、「しめ縄」 を飾る本当の意味だと知りました。

    よく政治家が、「不退転の決意で邁進します!」 などと演説しますが、私も 「しめ縄」 を心に張りめぐらせて、「退転しない誓い」 を立てて、この一年を過ごすことを皆様にお約束いたします。



    2018年1月 1日 (月)

    「希望を失うことなく」 元旦に思う

    Photo_3

    新年あけましておめでとうございます。

    希望にあふれた平成30年が明けました。


    現在、日本は景気回復局面が、「いざなぎ景気」(1965年11月~70年7月)を超え、戦後2番目の長さとなっているそうです。

    東京株式市場の大納会では、株価が26年ぶりの高水準となっています。企業の業績は絶好調とのこと。 総務省の発表によれば、雇用情勢も好転しています。

    本当でしょうか?

    人口減少によって国内市場は減少しています。海外に活路が見いだせない中小企業の多くは、景気回復の恩恵を受けていません。

    むしろ多くの労働者は実質賃金が上がらず、経済成長の実感はありません。実際に、日本では子供の貧困率は改善されたとはいえ深刻な状況です。親の離婚で母子家庭や父子家庭が増えています。

    また、老人の貧困も増えています。下流老人は他人ごとではありません。 さらに、こうした貧困層を狙った 「貧困ビジネス」 が横行しています。日本という国はいったいどうなってしまったのでしょうか。

    さらに、将来への不安が重くのしかかっています。30年以内に必ず来るという 「巨大地震」、不穏な東アジアの政治情勢、特に「北朝鮮のミサイル脅威」「米朝の軍事衝突」。

    不安を煽っているのは政府やメディアですが、「備えあれば憂いなし」 ということでしょうか。

    そして、自身や家族の「健康不安」や「介護問題」、「年金など社会保障費の減額」。

    不安を煽っているのは政府や保険会社ですが、「備えあれば憂いなし」 ということでしょうか。

    これでは誰もお金を使いません。仮に貯蓄があっても将来のために貯めておくしかありません。

    その意味で、非常に住みにくい国になりました。常に将来に不安を感じる国になりました。生きていくのが大変です。

    それでも希望を見出して行かねばなりません。

    B73a8dd4105e1d71e6511027b9da0d87

    癒しの詩人といわれた 坂村真民の詩

    鳥は飛ばねばならぬ

    鳥は飛ばねばならぬ
    人は生きねばならぬ


    怒涛の海を
    飛びゆく鳥のように
    混沌の世を
    生きねばならぬ

    鳥は本能的に
    暗黒を突破すれば
    光明の島に着くことを
    知っている

    そのように人も
    一寸先は
    闇ではなく
    光であることを
    知らねばならぬ

    新しい年を迎えた日の朝
    わたしに与えられた命題

    鳥は飛ばねばならぬ
    人は生きねばならぬ


    こんな世の中ですが、決して希望を失わず歩を進めたいと思います。本年も宜しくお願い致します。


     

    2017年12月31日 (日)

    一年をふり返り~

    当ブログも早いもので開設以来4年と3か月が過ぎました。今年も多くの方にご覧いただき誠にありがたく厚く御礼申し上げます。


    本年もたくさんの音楽を聴き、たくさんの本に出会い、たくさんの仲間と趣味を楽しませて戴きました。 尚、その一部を当ブログでもご紹介した次第です。

    コンサートのお手伝いもさせていただきましたが、音楽愛好家の皆さんの手作りのコンサートから本格的なクラシックコンサートまで、演奏家や聴衆と素晴らしい時間を共有できましたことに感謝しております。

    また、織田信長公入城450年を記念した音楽イベントにも関わらせていただき、本邦初演の 「崇福寺~追憶の信長」 では、オリジナルCDも制作いたしました。このコンサートは多くのメディアでご紹介いただき大きな話題となりました。

    Photo_2
    CD 「追憶の信長」

    一方で、地域のボランティアにも微力ながら尽くしてまいりましたが、来春の地元の祭りで、8年ぶりに山車(だし)の奉曵行事を担当することになり、今はその準備で多忙な日々を送っております。

    A43d4ce5
    宵宮の様子(資料画像)

    このブログも更新が滞っておりますが、大事業の成功に向けて邁進する所存です。

    私が担当する山車は、市の重要有形民俗文化財でもあり、何しろ 「お囃子」 だけで40名近い人が参加し、全体では数百名の住民が参加します。

    ただ、深夜まで資料作りなどに追われ、先日数年ぶりに 「めまい」 が再発して不安になりました。

    しかし、雪化粧した金華山を見たら、気分が爽快になったのです。やはりパソコンの前にばかりいては不健康です。自然に触れることの大切さを実感しました。

    258 1478

    来年は、心と体のバランスを考えながら自然に親しみ、地域に貢献し、趣味を深め、交流を広め、充実した1年になるよう心がけます。

    当ブログを温かく見守って頂きたいと思います。この1年ありがとうございました。 ~NHK交響楽団の第九を聴きながら~壺中日月長

    2017年12月30日 (土)

    「今年の漢字」 に思う

    少し前のニュースですが、この一年の世相を表す 「今年の漢字」 は、「北」 に決定しました。

    思い出したくもない北朝鮮の 「北」 です。一般公募で最多の7104票を獲得したのですから仕方ありませんが、あまり感心しません。


    そこで、当ブログが独自に選んだ 「今年の漢字 by 壺中日月長」 を考えてみました。

    1位 「禿」 ・・・・ このハゲー! お騒がせランキング1位のあの議員の暴言です。

    2位 「恥」 ・・・・ 政治家や芸能人の不倫、不祥事が続きました。日本の恥です。

    3位 「嘘」 ・・・・ 平気で嘘をつく官僚がいましたね。その人は出世しましたが・・

    4位 「隠」 ・・・・ (真実)隠ぺいと(証拠)隠滅の1年でした。

    5位以下は考えませんでした。
    本当に世相が悪くなったのか、悪いニュースばかりがクローズアップされているからそう思うのか分かりませんが、良い意味の漢字が思い浮かばなかったからです。

    0171212at35_p


    さて、今後数年間の日本の世相を占ってみました。

    「今年の漢字」 2018年 1位は、「謝」 ・・・・ また謝罪会見の多い一年になりそうです。

    「今年の漢字」 2019年 1位は、「譲」 ・・・・ 天皇陛下が譲位されます。

    「今年の漢字」 2020年 1位は、「金」 ・・・・ オリンピック。言うまでもありませんね。

    2017年12月29日 (金)

    「心で見る」一年に

    年賀状を書き終えてテレビを付けると、どのチャンネルも貴乃花親方の処分をめぐる話題で一色である。

    この一年が終わろうとしているが、年ごとに騒々しくなる世の中に辟易としている人も多いと思う。

    週刊誌が火を付け、テレビのワイドショーが連日のように特集して、政治家や芸能人の不祥事が日本中を駆け回る。

    騒々しくしているのは誰なのか。

    不祥事を起こした当事者なのか、面白おかしく報道するテレビなのか。そんな話題に飛びつく我々なのか。

    情報が濁流の如く流れていく中で、何か大事なものが見落とされていないだろうか?考える力が衰えていかないだろうか。

    サン=テグジュペリの「星の王子様」に出てくる、「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」  (Le plus important est invisible) という言葉を思い出した。

    E50m_6225

    金子みすゞの詩にも、

    ちってすがれたたんぽぽの、
    かわらのすきにだァまって、
    春のくるまでかくれてる、
    つよいその根はめにみえぬ。

    見えぬけれどもあるんだよ、
    見えぬものでもあるんだよ。 
    (「星とたんぽぽ」一部)

    Img_20171228_0001_new

    来年は、たんぽぽの根っこを 「心で見て」、美しい花を愛でたいと思いました。

    2017年12月24日 (日)

    オペラアリアでドラマティックな演技を

    比較的暖かな日曜日。二つのコンサートをはしごして、その後はテレビで 「フィギア全日本選手権2017 男子フリー」 を見ました。

    羽生結弦が欠場する中、オリンピック代表の最終選考会も兼ねた上位6人の演技を興味深く視聴しました。4回転が次々と繰り出される素晴らしい演技ばかりです。

    Mainvisual

    そして、あらためて使用曲にオペラ関連の曲が多いと思いました。

    1位の宇野昌磨は 「トゥーランドット」 、3位の無良崇人は 「オペラ座の怪人」 、5位の村上大介が 「道化師」 、8位の佐藤洸彬が 「セヴィリアの理髪師」 。

    そう言えば、女子1位の宮原知子が 「蝶々夫人」 でした。(以前、浅田真央も 「蝶々夫人」 を使ったことがありました。)

    ドラマティックな演技には、オペラのドラマティックな曲想がマッチするようです。


    つい先ほど、
    日本スケート連盟は、平昌五輪代表を発表しました。

    男子は、宇野昌磨、田中刑事、羽生結弦の3人、女子は宮原知子、坂本花織の2人が選ばれたもようです。

    羽生結弦は金メダルを獲得した前回のソチ五輪に続く代表で、他の4人は初の五輪出場となります。

    日本選手のドラマティックな演技に期待が膨らみます。

    何でもOK

    日本人の年末年始の不思議な行動パターン。 25日は「クリスマス」を祝い、大晦日は「除夜の鐘」を聞き、お正月は「初詣」に出掛ける。

    赤ちゃんが生まれると「お宮参り」、結婚式は「チャペル」で、死ぬと「お経」をあげてもらいます。

    Slider1_1

    何とも節操のない日本人の宗教観ですが、八百万の神々がいる日本では違和感はありません。異なる宗教や文化を受け入れる寛容さが日本の良いところかも知れません。

    253951

    スポーツの世界でも、国技である「相撲」を楽しむ一方、アメリカから渡った「野球」に熱中し、ヨーロッパで盛んな「サッカー」も大好きな日本人。

    何でもOKな日本人の特性が最も顕著な年末年始が、今日のクリスマスイブからスタートしました。

    Ws000159

    チキンを買って、ワインを飲み、クリスマスケーキを食べてキリストの誕生日を祝います。年越しそばを食べて除夜の鐘を聞き、108つの煩悩を取り除きます。元旦はお屠蘇をいただき、雑煮を食べ、おせち料理で正月を祝います。

    そんな日本人に生まれて幸せな今日この頃です。

    2017年12月 9日 (土)

    スマホの音声検索がスゴイ!

    最近、更新が滞っています。来春のイベントに向けての準備が大詰めです。ブログのネタは山ほどありますが余裕がありません。ここは頑張りどころです。


    さて、スマホとの悪戦苦闘が続く中、スゴイ機能を発見しました。

    G_09_2

    グーグルアシスタント。音声検索機能です。声に反応するだけと思っていましたが・・・

    これが何と、音楽も検索(曲あて)します!


    試しに、クラシック音楽を聴かせてみました。

    1.ベートーヴェン エグモント序曲  → 〇 見事に曲を判別して曲名を表示しました。

    2.エルガー 威風堂々第1番     → 〇 これも正解でした。

    3.J・シュトラウス ラデッキー行進曲 →  〇  これも当たりました。

    4.ショパン 小犬のワルツ       → 〇 なるほど、簡単でした。

    5.リスト ラ・カンパネラ          →  〇 ピアノは判別し易いのでしょうか。

    ならば、この曲はどうか?

    6.ショパン バラード1番ト短調    → 〇 スゴイ!こんな難しい曲も正解でした。

    ちなみにオペラアリアを聴かせてみましたが、ほとんど判別不可でした。演歌はどうでしょう?歌は苦手でしょうか。


    今後、も し分からない曲があったら、この機能は使えそうです。もっと試してみたくなりました。但し、曲名の表示はすべて原語表記です。ソフトが日本語化されていないからだと思います。

    それにしても、人工知能( A I )の進歩は著しく、私たちの生活にいつの間にか浸透しています。

    便利なのか脅威なのか。 A I の進歩で人間の能力が退化することはないのか。考える力が衰えることはないのか。

    好むと好まざるとにかかわらず、想像以上に早く近未来が訪れようとしています。使いこなすのは人間ですが、いずれ主従逆転することは明らかです。

    より以前の記事一覧