左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

カテゴリー「日記・コラム・つぶやき」の296件の記事

2017年8月23日 (水)

茄子の花

うつむきて雨やり過ごす茄子の花       向山雅子句

20050913173022

テレビで人気の俳人 夏井いつき氏も、茄子の花は素敵だと言っていますが、本当に色合いも姿も美しい花です。(写真で見ただけですが)

今年の長雨にも負けず、うつむき加減で美しい花を咲かせているのでしょうか・・・

そう言えば、定年後に趣味で野菜作りをしている親しい知人が、「花の咲かない野菜はないよ。」 と教えてくれました。

そして、「オクラの花はハイビスカスに似ている。」 とも教えてくれました。そんな存在感のある花を本当に咲かせるのでしょうか? 少し驚きです。

田畑が少なくなったとは言え、探せば野菜畑はたくさんあります。野菜の花を発見する旅も面白いと思いました。

 

季節と共に歩もうと決めた今年、もう一つ目標を見つけた気がします。先ずは、オクラの花を探して見ることにしました。

2017年8月22日 (火)

美術館&博物館を見て回る

先日、郷土の美術館と博物館を一日で見て回りました。

Img_20170822_0001_new Nobunagaomote

以前、酒蔵コンサートで拝見した 林真(はやし しん)氏の日本画もありましたが、活躍中の7人の画家の豊かな創作力に触れることが出来ました。

かわるもの、かわらないもの、
うけつがれるもの、あらたまるもの  「日本画の逆襲」

「日本画の逆襲」というタイトルが気に入りました。若いエネルギーが画壇に新風を送り、新たな文化を創造して見る人を楽しませてくれることは素晴らしいことです。


歴史博物館の展示では、当家の母方の墓地がある 崇福寺様の所蔵品が何点か展示されていました。その他にも、日本初出展の書簡を始め、国宝や重要文化財など多数拝見出来ました。

今年は織田信長公岐阜入城450年です。様々なプロジェクトが進行中ですが、音楽関連のコンサートについては追って当ブログでも紹介したいと思います。

美術館と博物館、さすがに少し疲れを感じましたが、心地よい疲れでした。

2017年8月19日 (土)

ヒノノニトン/アンサンブル・プラネタの癒しのバッハ

テレビCMで聴くクラシック名曲あれこれ を更新しました。

日野デュトロ(小型) 「ヒノノニトン/保育園」 篇 (30秒 ) 

Maxresdefault
使用曲 : 主よ人の望みの喜びよ カンタータ147番より (J.Sバッハ)

演奏は女声グループ 「アンサンブル・プラネタ」 によるア・カペラ・コーラスのようです。クラシック曲やヨーロッパの民謡、日本の唱歌などを美しくアレンジして人気があります。

参考サイト https://itunes.apple.com/jp/album/id297696451?i=297696452&u1=date20170819it2297696451it1297696452

2017年8月18日 (金)

凝った選曲/DMM のアプリCM

テレビCMで聴くクラシック名曲あれこれ を更新しました。


D M M バヌーシー 「バヌメン、バヌジョ!」 篇 (30秒)

170801_dmm_01_2

バッハの管弦楽組曲第2番より 「ブーレ」 を使用。なかなか凝った選曲です。

2017年8月17日 (木)

天空のフルサト、隠れ里を訪ねる

標高600メートルの高原の町「恵那市飯地町」を訪れました。町のパンフレットには 「天空のフルサト」 としてあります。

Img_20170817_0001_new_3

この地区に古くからある伊東家は、関ヶ原の戦いで、一族の生き残りを計るため肉親が東軍、西軍に分かれて戦い、敗者が飯地地区に隠棲したことがルーツとなっています。

大名家が一族の存続を掛けて敵味方になることは、昨年のNHK大河ドラマ「真田丸」でも見られましたが、戦国時代では究極の生き残り策だった訳です。 伊東家はその後14代にわたって続き、現在の当主は伊東祐朔氏。

この豊臣方の隠れ里で 「伊東家の宝物展」 があり、歴史を学ぶ貴重な機会を得ました。屋敷内には国宝級の掛け軸や日本画、刀剣などが展示され、歴史学者や古文書の専門家など多くの人が詰めかけていました。

ご当主と縁のある、中国の書家・画家の呉越氏による絵画の実演もあり、人里離れた山間の地は終日文化の香りで包まれました。

Dscn3068_3 Dscn3071
百日紅の花を描く呉越氏 見事な出来栄えに歓声が上がりました。

この展覧会にお誘いいただいた先輩諸氏に感謝して帰路に着きました。久しぶりに見た夕陽がとても綺麗でした。

2017年8月12日 (土)

あれから32年・・・

520名もの死者。世界最大の航空機事故、日航ジャンボ機墜落事故から32年が経ちました。

その夜は、会社仲間の恒例の花火大会でしたが、同僚がカーラジオのニュース速報を聞いて、「飛行機が墜落したらしい」 と知らせてくれました。

花火大会を早々に撤収して川原を後にしましたが、テレビを付けると、どのチャンネルも番組を中断してニュース速報を流していました。

ずっとテレビにくぎ付けになっていましたが、後になって500名を超える人たちが亡くなったと知り大きなショックを受けました。

006
画像 毎日新聞記事より

後日、会社員だった河口博次さん(52)の胸ポケットから出てきた遺書に涙が止まりませんでした。

「マリコ
津慶
知代子
どうか仲良く がんばって
ママをたすけて下さい
パパは本当に残念だ
きっと助かるまい

(中略)
津慶しっかりた(の)んだぞ
ママ こんな事になるとは残念だ
さようなら
子供達の事をよろしくたのむ
今六時半だ
飛行機は まわりながら
急速に降下中だ
本当に今迄は 幸せな人生だった

と感謝している」


翌年早々、メーカーの研修旅行で沖縄に行くことになりましたが、やはり飛行機に乗ることに不安を感じました。

もう事故から半年経っていましたが、誰もが 「落ちるのではないか。」 という一抹の不安を抱えての搭乗でした。

無事、那覇空港に着いた時は、誰からともなく機内に拍手が起こりました。旅客機が飛行場に着いた時に拍手が起きるというのは、ある意味異様な光景です。


それほどまでに、この事故は私たちの心に大きな衝撃を与えていたのです。あれから32年、坂本九ちゃんを始め520人の犠牲者の皆さまのご冥福をお祈りしたいと思います。

夏は、日本人にとって受難の季節かも知れません。

2017年8月10日 (木)

どこの国の総理ですか?

昨日行われた 長崎平和祈念式典」。 毎年テレビで拝見していますが、いつも被爆者の悲痛な叫びを聞いて心が痛みます。

原爆投下から72年。今あらためて平和の尊さをかみしめ、17万人余の犠牲者を追悼したいと思います。

Image

本年(2017年)7月7日、 国連で122か国・地域の賛成多数により採択された「核兵器禁止条約」。

本来なら率先して採択に賛成すべき日本政府は不参加でした。

_1480921753_1480921747_1202kakuheik
昨年の国連総会第1委員会(軍縮)で、「2017年に核兵器禁止条約交渉のための会議を開催する」 決議が賛成多数で採択された時も、日本政府は反対しました。



あなたはどこの国の総理ですか。川野浩一さん(77)は被爆者団体からの要望書を安倍首相に手渡した際に迫った。

「ヒバクシャの願いがようやく実り、核兵器禁止条約ができた。私たちは心から喜んでいます。私たちをあなたは見捨てるのですか

通常は冒頭で静かに要望書を手渡すが、川野さんは 「子や孫に悲惨な体験をさせてはならないというナガサキの72年間の訴えが裏切られたという思いがあった」 と異例の行動に出た理由を話す。

川野さんは安倍首相に 「今こそ日本が世界の先頭に立つべきだ」 とも訴えたが、明確な返答はなかった。 (報道各社の記事より)


しかし、昨年も日本政府は核廃絶などを求める独自の決議案を国連に提出し、本会議では米国など167ヵ国の賛成多数で採択されています。 外務省報道発表

日本政府は同様の決議案を例年提出しており、今回で23年連続の採択となりました。この事は意外と知られていません。

日本政府は、核の廃絶は訴えているものの、核兵器の禁止条約には参加していません。アメリカの核の傘の下にいる日本は、アメリカの核兵器によって守られているからです。

ロシア、中国、北朝鮮の核に脅え、アメリカの核の傘の下にいる日本。福島原発事故が収束しないまま原発再稼働を進める日本。

唯一の被爆国なのに、核兵器禁止条約に賛成できない日本。

大きな矛盾を抱えたまま、日本は漂流するしかありません。「私は漂流国家 日本の総理大臣です。」

2017年8月 8日 (火)

残暑に「涼」を呼ぶ

迷走した挙句、結局は日本に上陸し各地に大雨を降らせた台風5号。17日間の長寿台風は歴代4位だそうです(上陸した台風としては1位)。

台風の長寿は嬉しくありませんが自然(気象)現象には逆らえません。

台風がやってきた8月7日は 「立秋」 でした。台風のニュースで忘れ去られていたかも知れませんが、暦の上では秋になったわけです。


人は 「秋」 と聞くだけで、もの悲しくなり、誰もが詩人になったようなロマンティックな気分になるものです。


Img_20170803_0002_new

漂泊の俳人 種田山頭火(さんとうか)は、ひとり山に分け入って、静けさの中に咲く 「白い花」 を見つけました。深山に咲く名も知れぬ 「白い花」 。

その光景を思い浮かべると、不思議と暑さを忘れ、心が澄んでいくような気がします。どの季節に詠まれた句か知りませんが、私にとっては涼しげな一句と言えるのです。

この句から「涼」を取っていただければ幸いです。


あらためて 「残暑お見舞い申し上げます」。

2017年8月 6日 (日)

初めての茶会

祖父の影響で、子供の頃からお抹茶を飲んでおりましたが、今日初めて 「茶会」 に参加させていただく機会を得ました。

躙り口(にじりぐち)のある本格的な茶室。お庭のつくばいで手や口を清めて入室します。

Ssl03
参考写真

床の間の掛け軸やお花を拝見して、お道具(風炉・釜)を拝見します。ご亭主のおもてなしの心に触れることが出来ました。

本来の茶道の目的は、「人をもてなす際に現れる心の美しさ」 にあるそうです。

1384
参考写真

下界を離れて、しばし心が洗われるような落ち着いた空間に身を置くことが出来ました。

見よう見まねの 「お茶会デビュー」 でしたが、皆様に助けられて何とか無事終わりました。やはり緊張しましたが、次回(9月)からはもっと楽しむことを心掛けます。ありがとうございました。

2017年7月30日 (日)

ピアノが冴えるCM

テレビCMで聴くクラシック名曲あれこれ」 を更新しました。



CASIO CELVIANO Grand Hybrid 篇 (30秒)
Maxresdefault12_2


■ チョコラBBローヤル2「永作博美/荒木優子チョコラ、行きます」篇(15秒)
Maxresdefault11_2


■ ドクターズ・ファイル 「頼れるドクターがきっといる」 篇 (30秒)   
Maxresdefault_2


この3本のTVCMは、ピアノが効果的に使われています。特にドクターズ・ファイルのCMは、パッヘルベルのカノンを上手くピアノにアレンジして、気分を明るくしてくれます。

より以前の記事一覧