左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書の作品

  • Img_20170518_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

カテゴリー「文化・芸術」の24件の記事

2017年3月24日 (金)

杉本美術館を訪ねる

2004年に99歳で亡くなった洋画家の杉本健吉の作品を所蔵する杉本美術館を訪れました。  杉本美術館公式サイト

Dscn24771
伊勢湾を望む風光明媚な高台にある美術館

170102_top
チラシの絵は「サンポール路地」

街の風景を好んで描いたという杉本画伯は、その街に生活する人々の姿を生き生きと描きました。風景画の中に人々の暮らしがあるのです。

Img_03_3 Img_04

杉本健吉のこころに触れながら館内にある休憩室に入ってみると、遠くに海が見えました。ここでお抹茶をいただくことが出来ます。 

Dscn24731

信仰心に篤かった杉本画伯がオリジナルで描いた「絵心経」は、般若心経を絵文字で表したものです。縮小版をお土産に買って帰路に着きました。

Eeeeeee137f0


偶然立ち寄った食堂(うつみ食堂 鵜の池店)で、穴子天丼をいただきましたが、あまりの大きさに仰天しました! もちろん味も大満足でした。

Dscn24792

この天丼のインパクトが強いせいで、絵の感動が薄れてしまいました(笑)が、陽春の一日を楽しく過ごすことができました。天国の杉本さんと特大穴子に感謝いたします。

2016年11月15日 (火)

天使がくれた贈り物

書家 金澤翔子さんの席上揮毫(せきじょう きごう)と、お母様の泰子さんの講演会に出掛けました。   (2016・11・6 笠松中央公民館)

※ 席上揮毫とは、大衆の前で筆をふるって字を書くことです。


その力強い書は、 「共に生きる」 。 ↓

Dscn22321

演題は、「天使がくれた贈り物」 ~ダウン症の娘と共に生きて~

30年前、翔子さんがダウン症と分かった時から、泰子さんは日記を始めましたが、その最初に 「今日、私は世界で一番悲しい母親だろうと」 と記したそうです。

しかし、翔子さんには特別な能力がありました。 魂の純度が高く私利私欲がない、考えられないほど他者に優しい、生き方が素晴らしく幸せを呼ぶ、といったことです。

華厳経の中にある 「唯心偈(ゆいしんげ)」 という教えの通り、翔子さんの浄化された心は、現実の世界に次々と奇跡を起こしました。

翔子さんは、宇宙の本当の真実とつながっているのではないか、とお母様は思われたそうです本当の世界とは、「平和」 と 「調和」 と 「愛」 が満ち満ちている世界です。

本当の世界とつながっている翔子さんの、その後の活躍は枚挙にいとまがありません。

NHK大河ドラマの題字を書いたり、京都建仁寺の風神雷神屏風(国宝 複製展示)と同室に、翔子さんの書「風神雷神」が展示されたり etc 、美術館も五か所になりました。

そして昨年、NYの国連本部で開かれた「世界ダウン症の日記念会議」 で立派にスピーチする翔子さんを見てお母様は、「私は世界で一番幸せな母親だ」 と思い、涙が止まらなかったそうです。

Dscn22252

泰子さんは、「闇の中に光がある」 そして、「生きていれば絶望はない」 と、静かに語って、この日の講演は終わりました。

天使がくれたお母様への贈り物は、翔子さんだったのです。また、本当の世界につながっている翔子さんの幸運は、天使の贈り物であったともいえます。

Img_20161107_0001_new

そして翔子さんもまた天使となって、お母様に 「世界一の幸せ」 をプレゼントしてくれたのではないでしょうか。


2016年11月 8日 (火)

現代アートの殿堂を体感する

金沢21世紀美術館に行ってきました。 今まで行く機会に恵まれず念願が叶いました。

古都 金沢にこのような現代アートの殿堂を作った発想がすごいと思います。

Dscn22091_2

日頃あまり触れることのない現代美術をたっぷり鑑賞することが出来ましたが、来館者の多くが若者だったことに戸惑いと喜びを感じました。

美術作品は感じたまま理屈なしで楽しめば良いと思いますが、頭の固い高齢者は理解しようとして悩んでしまいます。現代アートは先入観のない若年層の方が入りやすいのでしょうか。

展示方法にも様々な工夫が施され、抵抗なく現代アートに接することが出来ます。

Dscn22161
有名な「スイミング・プール」(レアンドロ・エルリッヒ)を上から見たところ

同世代に生きる美術家の作品が体感できるこの施設は、まさに 「21世紀美術館」 という名に相応しい美術館でした。

色づく金沢の街もすっかり夕闇に包まれた頃、美術館を後にしましたが、照明に輝く夜の美術館も美しい作品のようでした。

Dscn2221111


2015年11月14日 (土)

写実画の巨星墜つ

今年も、著名人の訃報が相次ぎました。

川島なお美さんが亡くなって一週間後、洋画家の森本草介氏が亡くなりました。

ヤマハのカレンダーで初めて作品を見てから、すっかりファンになり、千葉県のホキ美術館まで出掛けました。 ホキ美術館 公式サイト

20140102morimotososuketen01

自然で情感のある写実画は、多くの人を魅了しました。 ご冥福をお祈りします。


※参考 当ブログ記事→ 
見えない未来を一枚の絵画に託す

野原を行く少女

もうひとつの輝き 「最後の印象派」 1900-20’s Paris 展 を鑑賞する機会に恵まれました。 

1446102465

1446103779

アンリ・マルタン 「野原を行く少女」 1889年 個人蔵

1900年パリ万博の際、芸術面で中心的存在だった 芸術家集団 「ソシエテ・ヌーヴェル」 の作品を一堂に展示しています。

初めて、オープニング式典にも立ち会わせていただき、感激致しました。誘っていただき感謝申し上げます。



■ この展覧会開催初日に、パリで同時多発テロが発生しました。犠牲になられた120名を超える方々に哀悼の意を表したいと思います。


2015年8月30日 (日)

初めての薪能

地元で29年も続いている 「長良川薪能」 を観る機会に恵まれました。

今回は、人間国宝の梅若玄祥(うめわか げんしょう)氏が出演するとあって、会場には多くの観客が訪れていました。

5e28b0b68f_3 Umewakagensho04_3

金華山と岐阜城をバックに、かがり火に照らされた日本の伝統文化を堪能することが出来ました。

野外の催しは、どうしても天候に左右されます。この日も途中で雨が降りましたが、無事に公演が行われました。雨の少ないヨーロッパと比べると、日本の野外イベントはリスクがありますが、これからも伝統の薪能が続いていくよう願っています。

Epson154
中日新聞(8月29日朝刊より)





2015年5月10日 (日)

バレエの名花 プリセツカヤさん逝く

バレエの殿堂 ロシア ボリショイ劇場で長年 プリマを務めた マイヤ・プリセツカヤさんが、入院先のドイツの病院で心臓発作のため亡くなりました。 享年89歳。

プリセツカヤさんは、20世紀最高の芸術家として、歌手のマリア・カラスと並び、世界中から称賛されていました。

幾度となく来日し、日本人のファンも多いバレエダンサーでした。本当に思い出深いプリマでした。

4kgjlym4zwe

彼女の、波乱に満ちた生涯が、「中日春秋」 に載っていましたので、追悼の意味で一部ご紹介させていただきます。

「 二十世紀最高のバレリーナの一人となった彼女の人生は余りに劇的だった。彼女が十一歳の時に父は秘密警察に逮捕され、「人民の敵」として銃殺された。母も流刑に処せられた

やがて父の無実は証明されたが、命日が知らされたのは、半世紀たってから。この悲劇について、マイヤさんは自伝『闘う白鳥』で、こう記している。<なんという月並みで平凡なエピソードだろう!…>

独裁者スターリンによる大粛清と第二次世界大戦。不条理な死が平凡な出来事になってしまう時代を、彼女は重力に抗(あらが)うように踊ることで、生き抜いた

超一流の踊り手となってからも秘密警察につきまとわれて、海外公演は長く許されなかった。八十歳をすぎても演じた「瀕死(ひんし)の白鳥」の舞には、心の羽ばたきが凝縮していたのだろう

八十九年の人生を踊りきり、彗星の尾を残し、マイヤさんは逝った。」



彗星が、
宇宙空間に残す 「美しい尾」 は、いつまでも私たちの心の中に輝いています。バレエの名花 プリセツカヤさんのご冥福をお祈りします。

 

2015年3月 6日 (金)

「蝶の舞 花の笑」 宝居智子の華麗な世界

宝居智子(ほうきょ ともこ)という日本画家をご存知でしょうか?

美しい日本の自然を描く カザフスタン在住の画家です。

特に、花と蝶をモチーフにした華麗な絵がとても素敵です。

Ja_016_l

「 花 無心にして蝶を招き 蝶 無心にして花を尋ぬ 」         良寛和尚の詩

互いに呼び寄せ合う 「花々」 と 「蝶たち」 。 春らんまん、無心に戯れる蝶の姿、咲き誇る花々。

Photo

蝶の舞 花の笑(えみ)     島崎藤村 詩 「常盤樹」 より


宝居さんの絵に癒されました。 
蝶が舞い 、花が微笑む 「春」 が待ち遠しい今日この頃です。


宝居智子Webサイト

2015年2月22日 (日)

音からうまれる色ワールド

メナード美術館で開催中の 「音からうまれる色ワールド」 展に出掛けました。

C4cb4623


猫好きで知られる 日本画家 加山又造の、「音」 と題した 1枚 の絵。

Image22296_2

萩の花をバックに、青い目の猫の親子が、音が聴こえた一点を、鋭く見つめた一瞬の表情を描いたものです。

この猫の親子は何の音に反応したのでしょうか。張りつめた緊張が伝わります。


「音からうまれる色ワールド」、さまざまな楽器や自然界の 「音」 が、一枚の絵画に込められた多くの作品が展示されていました。 音楽好きには、興味が尽きない展覧会でした。

加山又造画像出典 OCNアート


2015年1月23日 (金)

「太陽と月のしらべ」 展 & スケッチ展

名都美術館の企画展 「太陽と月のしらべ」 ~輝きに導かれ~ を鑑賞してきました。

Top

太陽と月からインスピレーションを得て制作された34点、陽光に照らされた大地の喜び、月の幻想的で静かな輝き。

特に、下田義寛の「遠い風」、東山魁夷の「秋映」に見惚れてしまいました。 ただ、一番見たかった 川端龍子の「虹の如く」は、何故か今回展示されていませんでした。

帰りに、Gallery Cafe nuno で開催中の「 井手典子 冬のスケッチ展 」 を見て来ました。

店内に飾られた二十点程の素敵な水彩画が、あたたかく出迎えてくれます。カフェの雰囲気にとても良くマッチして居心地は最高でした。

Epson095 Original

この店で、美味しいランチと香り高い珈琲をいただきました。 大いに癒された冬の一日でした。