左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« ラタトュイユ/男の料理教室 | トップページ | コロナでも演奏できるマスク »

2020年8月 9日 (日)

長崎原爆の日 歌い継がれる「あの子」

今日8月9日は、日本人なら決して忘れてはならない「長崎原爆の日」でした。

テレビで中継された平和祈念式典では、爆心地から500メートルにあった山里小学校で歌い継がれてきた「合唱曲 あの子」が披露されました。

作詞は、「長崎の鐘」の著者で、自らも白血病と戦いながらも被爆者の救護に当たった 永井隆(ながいたかし)博士(1908~1951)で、作曲は、原爆に妻子3人を奪われた作曲家 木野普見雄(きの ふみお)氏(1907~1970)です。

Img_20200809_205707
「あの子」を歌う山里小児童 NHK画面より  2020・8・9

核兵器の廃絶は、被爆者(ヒバクシャ)はじめ、被爆国日本の悲願であり、平和を願う全ての人類、すべての生命体の切なる願いであるはずです。

しかし、あれから75年、核兵器の脅威は無くなるどころか危機的状況にあります。一体私たち日本は何をしていたのでしょう。世界の指導者は何をしていたのでしょう。私たちも微力とはいえ、声を大に「平和」を訴えなければならないと思いました。次の選挙では、そんな私たちの声を代弁してくれる政治家を選びましょう。

あの子

    作詞  永井隆
    作曲  木野普見雄

壁に残った 落書きの
おさない文字のあの子の名
呼んでひそかに耳すます
ああ
あの子が生きていたならば

運動会のスピーカー
聞こえる部屋に出してみる
テープ切ったるユニフォーム
ああ
あの子が生きていたならば

ついに帰らぬおもかげと
知ってはいても 夕焼けの
門(かど)に出てみる葉鶏頭
ああ
あの子が生きていたならば

YouTube合唱曲「あの子」山里小6年生の皆さん

 

■ 当ブログ関連記事

被爆者代表城臺さんの訴えに感動した

焼き場に立つ少年は何処へ

 

« ラタトュイユ/男の料理教室 | トップページ | コロナでも演奏できるマスク »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

平和への希求」カテゴリの記事