左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2020年9月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« コロナウイルス狂騒曲の行方 | トップページ | 「クラシック音楽と映画の関わり」100本 »

2020年3月 2日 (月)

映画「マシュー・ボーン IN CINEMA ロミオとジュリエット」

シェイクスピアの「ロミオとジュリエット」は何度も映画化され、最近では英国ロイヤルバレエによって映画化されたばかりでしたが、今度はイギリスのコンテンポラリー・ダンス演出・振付家マシュー・ボーンによって映画化されました。

もちろん音楽はセルゲイ・プロコフィエフ(ロシアの作曲家)です。

640_20200302153701
画像は映画.comより

映画「マシュー・ボーン IN CINEMA ロミオとジュリエット」
(原題:Matthew Bourne's Romeo and Juliet Cinema 2019英)

2020年4月24日~全国順次公開

公式サイト 予告編付



■ お陰様で、当ブログ「クラシック音楽と映画の関わり」の記事が、100本になりました。
近日、そのリストを公開したいと思います。今後もご愛顧お願いいたします。 壺中日月長

 

« コロナウイルス狂騒曲の行方 | トップページ | 「クラシック音楽と映画の関わり」100本 »

クラシック音楽と映画の関わり」カテゴリの記事