左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 未来を拓くコンサート | トップページ | 映画「ロミオとジュリエット」 バレエで描かれた名作 »

2020年1月13日 (月)

光彩を放つ歌舞

新春3回目のコンサートは東京楽所(とうきょうがくそ)の「雅楽」公演でした。(2020・1・13)

雅楽は奈良・平安時代から千年以上の歴史があり、世界最古のオーケストラ(管楽器・絃楽器・打楽器の合奏形態)と言われています。

今回は「源氏物語絵巻」の世界に接する貴重な公演とあって、会場は満席の盛況でした。

Img_20200113_0001_new 

第1部 管絃(Part 1 Orchestra)、第2部 舞楽(Part 2 Dance)に分かれ、平安時代の名曲「越天楽(残楽三返)」と、古代シルクロードのマスクダンスを楽しみました。

Img_20200113_133759-002
開演前のステージ 

客層は、中高年に交じって若い女性の姿もあり、祭日なので親子連れもありました。また和装の女性も多く、やはり平安時代の雅な雰囲気が感じられました。
意外だったのは、雅楽が初めての人が多かったことです。日本の伝統文化に触れることは素晴らしいことです。令和になってこのような人が増えることは歓迎すべきことと思います。
本日の公演で、世界に誇れる「雅楽」がますます発展し、私たちの精神文化に浸透することを願います。

« 未来を拓くコンサート | トップページ | 映画「ロミオとジュリエット」 バレエで描かれた名作 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事