左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 市川太一(テノール)を招いた敬老会 | トップページ | 映画「ベル・カント とらわれのアリア」 »

2019年9月17日 (火)

佐藤晴真(チェロ)ミュンヘン国際第1位に

第68回ミュンヘン国際音楽コンクールで13日、ベルリン芸術大の佐藤晴真さん(21)=名古屋市出身=がチェロ部門で1位になりました。同部門で日本人の1位は初めての快挙です。(報道各社)

B_12698328
(AMATI提供・共同)

4年半前に、日本音楽コンクールチェロ部門で堂々の1位になった時、その受賞記念コンサートで初めて佐藤さんのチェロを聴きました。
高校生の彼はすでに輝かしい経歴の持ち主でしたが、まだあどけなさの残る少年でした。その時の感想です。

■ ご参考 第83回日本音コン受賞記念演奏会


その1年後、待望のソロリサイタルを聴く機会に恵まれました。圧巻の演奏会でした。その時の感想です。

■ ご参考 期待の若手奏者の”今″を聴く


今回、世界最高峰のコンクールの一つ「ミュンヘン国際音楽コンクール」チェロ部門での優勝は、佐藤さんの力量からいって当然の結果かも知れませんが、やはり国際舞台で優勝することは並大抵のことではないと思います。心から祝福申し上げます。

また、このように音楽家の成長過程を聴けることは、音楽愛好家として望外の喜びです。益々のご活躍を祈念いたします。

 

 

« 市川太一(テノール)を招いた敬老会 | トップページ | 映画「ベル・カント とらわれのアリア」 »

音楽」カテゴリの記事