左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 市民の娯楽「ヤクザ映画」を観る | トップページ | 巨匠の眼 川端康成と東山魁夷(本の紹介No.39) »

2019年6月12日 (水)

長生きみそ汁を作る

今、話題の「長生きみそ汁」を作ってみました。そのきっかけは次の本です。ご存知の方も多いと思います。

Nagaiki

「医者が考案した長生きみそ汁」は、80万部を超えるベストセラーで、テレビ各局でも特集されています。著者は順天堂大学医学部教授の小林弘幸(ひろゆき)先生。自律神経研究の第一人者と言われるドクターです。

■ このみそ汁、超簡単にできます! 私でも15分で出来ました。

赤みそ(80g)と白みそ(80g)、すった玉ねぎ(中玉1個分)、リンゴ酢(大さじ1杯)を混ぜて、製氷皿に入れて冷凍庫で凍らせれば出来上がりです(みそ汁10杯分)。 長生きみそ汁 レシピ (リンク切れはご容赦下さい)

飲むときは、製氷皿から1個づつお椀に入れて、熱湯を注ぐだけです。お好みで「わかめ」などを入れても良いです。

これで、 ①自律神経のバランスが改善、②腸内環境が整う、③血液がサラサラになる、④生活習慣病が改善、⑤慢性疲労が改善、⑥老化のスピードを抑える などの効果があるという事です。


長寿社会に突入した日本では空前の健康ブームが続いています。お金をかけずに手軽にできる健康法は試してみる価値があります。次は「素粒水」について勉強してみようと考えています。

 

« 市民の娯楽「ヤクザ映画」を観る | トップページ | 巨匠の眼 川端康成と東山魁夷(本の紹介No.39) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事