左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 平成のクラシック音楽界10大ニュース | トップページ | 日本の高齢者10傑(新元号「令和」記念) »

2019年5月 2日 (木)

伊勢神宮で舞楽を鑑賞

令和元年になって2日目の本日(5月2日)、伊勢神宮に参拝し、新天皇のご即位を奉祝する舞楽を鑑賞いたしました。

Dscn3357
宇治橋から見る五十鈴川 この川を渡ると神域です

Img_20190502_073320 
朝日を浴びて神々しく立つ宇治橋前の大鳥居

Dscn3356
開演前の神苑特設舞台 ※両サイドにある巨大な鼉太鼓(だだいこ)に圧倒されました


Dscn3365 
会場を埋め尽くした参拝客の前で1曲目「振鉾(えんぶ)」が奏されました


Dscn3369
次いで、十二単(ひとえ)の装束で萬代舞(よろづよまい)が披露されました


Dscn3374 
気高い旋律、典雅な舞「萬歳楽(まんざいらく)」

最後は、平安時代の雅楽の名手、源博雅(みなもとのひろまさ)曲の「長慶子(ちょうげいし)※舞を伴わない特殊な舞楽」が披露され、時空を超えた時代絵巻を十分堪能させていただきました。


来る「令和」が、日本と世界の人たちに取って平和で幸せな時代となることを心から願って神宮(内宮)をお参りいたしました。

 

 

« 平成のクラシック音楽界10大ニュース | トップページ | 日本の高齢者10傑(新元号「令和」記念) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事