左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2019年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 新元号「令和」 | トップページ | ささやかな春を楽しむ »

2019年4月 4日 (木)

Beautiful Harmony

外務省は、新元号「令和」について外国政府に英語で説明する際、「Beautiful Harmony=美しい調和」という趣旨だと伝えるよう在外公館に指示したとのことです。(各社報道)

これは、「令」を「order=命令、秩序など」と訳す外国メディアがあったのを受けた措置ですが、「Beautiful Harmony」と訳すのは、いささか無理があるように思います。

もし、「Beautiful Harmony」と言うなら、「令和」ではなく、「麗和」または「玲和」とすべきでした。

そもそも「令」の漢字には、

①「命ずる」「いいつける」
②「法令などを世の中に広く知らせる」
③「みことのり(天皇の命令)」、「君主(国を治める)の命令」
④「のり(法律、規範、おきて)」(例:律令)
⑤「布告書(広く国民に知らせる書類)」
⑥「いましめ(前もって注意する)」、「教訓(教え)」
⑦「おさ」、「長官」(例:県令)
⑧「よい」、「立派な」、「優れた」 (例:令名)
⑨「他人の親族に対する敬称」(例:令嬢)
⑩「皇后、太子、諸侯などの命令文」
⑪「しむ(~させる)」
⑫「しめば(~だとしたら)」
⑬「もし」、「たとい(たとえ)」(例:仮令、縦令)
⑭「とし(年)」(例:年令) 
※OK辞典(新漢語林)調べ

という多様な意味がありますが、「美しい」という意味はメインではありません。

「令月」を、「何事をするにもよい月。めでたい月」と解しても、美しい月とするには飛躍があるように思います。

総理は、新元号に「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味を込めたとの談話を出しましたが、少し美辞麗句を並べた感があります。

「美しい」という言葉で、次の時代を美化したい気持ちは分かりますが、「Beautiful Harmony」には違和感を覚えます。

敢えて英訳するなら、英国BBCの「order(秩序) and harmony(調和)」か、米国AP通信の「pursuing harmony(調和を希求する)」、米国ニューヨーク・タイムズの「order and peace(秩序と平和)」、「auspicious harmony(縁起がよい調和)」あたりではないでしょうか。

 

そんなことを考えながら近所を散策していたら、「菜の花」と「桜」が美しく咲いて、春のハーモニーを奏でていました。これが、小さくても本当の「Beautiful Harmony 」だと思いました。

Img_20190404_115521_1

 

 

« 新元号「令和」 | トップページ | ささやかな春を楽しむ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事