左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »

2019年4月の9件の記事

2019年4月30日 (火)

平成最後の日

平成の名前の由来は、内平かに外成る(内平外成)、地平かに天成る(地平天成)です。

すなわち、「国の内外、天地ともに平和になる」という意味です。

確かに平成は「日本では初めて戦争のない時代」でした。その意味では平和だったかも知れません。

しかし平成の日本は、阪神大震災や東日本大震災を始め、地震や台風、集中豪雨など実に多くの災害に見舞われました。


そんな災害の多い平成でしたが・・・

今日は史上初の10連休中です。海外旅行者は過去最高とのことですが、私は地味に「平成最後の日」を過ごすことにしました。

■ 出会いと別れ

平成は、仕事を通じて出会った仲間や、退職後に共通の趣味で出会った仲間、地域で知り合った仲間など、新しい出会いに恵まれた時代でした。子供は一生の伴侶に出会い、新しい生命が誕生しました。

その一方で、平成には父母が相次いで他界し、恩師や大事な友人が亡くなりました。誰もが経験することですが、多くの出会いと別れの中で、喜びと悲しみが交錯しました。

そこで、平成最後の日は、喜びに感謝し、悲しみを慰める日にしようと考えました。

■ 感謝と慰霊

平成を振り返り、多くの出会いに感謝を捧げるため、産土の神様(伊奈波神社)に参拝しました。

そして、感謝と慰霊のため、仏壇に経文を唱え、先祖の墓に参らせていただきました。

Img_20190430_095739


■ しあわせの架け橋

 道の駅「平成」に本日完成したばかりの「しあわせの架け橋」に行ってきました。

20190430173215

向かって右に「平成」の額があり、左側に「令和」の額があります。

「平成」から「令和」に、この平和な日本がバトンタッチされることを願いながら、架け橋を渡りました。


さて、今日は全国的に雨でした。有名な合唱曲「水のいのち」(高野 喜久雄 詩/高田三郎 曲)の一節

降りしきれ 雨よ
降りしきれ
すべて
許し合うものの上に
また
許し合えぬものの上に

この雨が、平成時代の「わだかまり」を水に流して、新しい令和時代の「地固め」になる恵みの雨となることを切に願います。
 

 

2019年4月29日 (月)

最近の出来事(コンサート)

今春も多くの素敵なコンサートに出会えました。感謝申し上げます

Image
ファツィオリのピアノは、卯野杏実さんの華麗なテクニックに応えました

51097733_2025424004240325_56283106443159
バラエティに富んだ構成! 縣さん、浅野さん、西山さんのパフォーマンスに脱帽です

Img_20190429_0001_new_new
田中香織さんは、驚異の演奏力で現代曲を見事に表現しました

Img_20190429_0002_new
知られざる名歌手が勢ぞろいしました ※私も微力ながらお手伝いさせて頂きました

51010839_2023027534433129_89165079708591
滅多に聴けないショパン愛用のピアノ、石原佳世さんの本格的な演奏に心を打たれました

877981a1ec07b47558e41a92e618bdfff12fcb9a_1
佐藤由美さんの愛するモーツァルトとショパン リハーサルしか聴けず残念でした

F7e558e174b942b6bb6a125fcb4c522a
初めてのホール、伏屋咲希さんたちの真摯な音楽作りに感銘を受けました

737a117308814f719fd9ea9404031b8e
綾戸智恵さんとゴスペルコーラスのステージは溢れんばかりのエネルギーに満ちていました

Thumb320xauto43899

お世話になった先生方の装飾音をテーマにしたコンサート 選曲、構成が独創的でした

 

 

最近の出来事(コンサート以外)

このブログは、自分の日常の記録でもあります。したがって、この1か月を振り返ってみました。

0109
叙勲パーティに招かれました

358
先生方との語らいの場で大いに盛り上がりました

Img_20190413_0852561
1か月半かかり外装(塗装)工事が完了しました

Img_20190406_1202512
産土神社の春の例祭、微力ながらお手伝いさせて頂きました

Img_20190419_0002_new
伊勢神宮に向かわれる両陛下をお見送りさせていただきました

Img_20190421_234746
地方選挙の応援に参加し、見事当選されました

この他、書作家協会の展覧会や友人の絵画展(輪の会展)、また親しかった恩人のお別れの会などがあり、多忙の中で充実した毎日でした。

 

 

スコッチエッグとは 男の料理 in ほのりんクッキングスタジオ

毎月1回の「男の料理」、今回はスコッチエッグほかに挑戦しました。

1.スコッチエッグ
※スコッチエッグ (Scotch egg)は、イギリス料理のひとつ。イギリスで軽食として食べられている。(Wikipedia)

2.ほたてと切り干し大根の和え物

3.いちご大福

Img_20190411_114120

ハンバーグの中にゆで卵が入っているようなスコッチエッグ、特製のソースを付けて美味しくいただきました。

この時期が美味しいとされる「ほたて」を使った和え物は手軽に作れてさっぱりした味の一品です。

いちご大福は、この料理教室の定番になりました。今回も菓子店で売れるほどの出来栄えでした。

次回は連休明けですが、どんなメニューか楽しみです。

 

 

 

2019年4月25日 (木)

「ひとひらの」(本の紹介No.37)

木村容子句集「ひとひらの」(ふらんす堂発行 2600円税別)

表紙には、五線紙と音符が描かれていますが何ともお洒落な装丁です。

本の帯には、「俳句と音楽は、私の人生を支えてくれる両輪」だと書かれています。

Img_20190425_173529

木村さんは、俳人であると同時に「サロンドルチェ」の支配人です。

この句集に収められた270句は、第1楽章から第4楽章まで、四つの構成から成り立っています。

タイトル「ひとひらの」は、この句集の一句「ひとひらの音符降り来る春日かな」からとったそうです。

Photo

この句集との出会いに感謝いたします。

 

 

映画「希望の灯り」に聴くクラシック

ベルリンの壁崩壊後、置き去りにされた人達の哀しみ。

スーパーマーケットの灯りが優しく包む「G線上のアリア」が誘う夜の時間。哀切な、忘れがたい、穏やかで幸せな物語。(EIGAYA.com)

0636685a0e0eded0
画像 映画.comより

劇中使用曲は、美しく青きドナウ(ヨハンシュトラウス)、G線上のアリア(バッハ)、エサイの根(讃美歌96番)ほか。

特に、巨大なスーパーマーケットで「美しく青きドナウ」をバックにバレエのようにフォークリフトが移動するシーンは話題を呼んだ。


映画「希望の灯り」(原題 In den Gangen 2018 ドイツ)

2019年4月5日~順次全国公開

映画「希望の灯り」予告編 映画.com

オフィシャルサイト

 

 

2019年4月24日 (水)

ささやかな春を楽しむ

この春から公私ともに忙しくなり、当ブログも更新を怠ってきました。さらに、ブログの運営会社「ココログ」の全面リニューアルもあって、慣れない投稿作業を強いられ、さらに更新が遅れてしまいました。

そんな中でも、テレビCMで聴くクラシック曲あれこれ は、何とか更新しておりますので、是非ご覧ください。


さて久しぶりの更新ですが、春爛漫、自宅近くの「ささやかな春」のワンシーンをご紹介します。

Img_20190407_154943effects_1
初桜 折しも今日は よき日なり   松尾芭蕉

 

Img_20190413_121550_1
ことば飛ぶ空へ空へとチューリップ   小澤克己


Img_20190406_151656effects
うろついて源平桃の花の下    依光陽子


Img_20190423_165510 
君のため黄色い薔薇の精となる   尾上有紀子


Img_20190423_165338
藤の花に古き四尺の風が吹く   夏目漱石


ジャパネットたかたで購入した安価のスマホでも、こんなに綺麗に撮れました。

 

2019年4月 4日 (木)

Beautiful Harmony

外務省は、新元号「令和」について外国政府に英語で説明する際、「Beautiful Harmony=美しい調和」という趣旨だと伝えるよう在外公館に指示したとのことです。(各社報道)

これは、「令」を「order=命令、秩序など」と訳す外国メディアがあったのを受けた措置ですが、「Beautiful Harmony」と訳すのは、いささか無理があるように思います。

もし、「Beautiful Harmony」と言うなら、「令和」ではなく、「麗和」または「玲和」とすべきでした。

そもそも「令」の漢字には、

①「命ずる」「いいつける」
②「法令などを世の中に広く知らせる」
③「みことのり(天皇の命令)」、「君主(国を治める)の命令」
④「のり(法律、規範、おきて)」(例:律令)
⑤「布告書(広く国民に知らせる書類)」
⑥「いましめ(前もって注意する)」、「教訓(教え)」
⑦「おさ」、「長官」(例:県令)
⑧「よい」、「立派な」、「優れた」 (例:令名)
⑨「他人の親族に対する敬称」(例:令嬢)
⑩「皇后、太子、諸侯などの命令文」
⑪「しむ(~させる)」
⑫「しめば(~だとしたら)」
⑬「もし」、「たとい(たとえ)」(例:仮令、縦令)
⑭「とし(年)」(例:年令) 
※OK辞典(新漢語林)調べ

という多様な意味がありますが、「美しい」という意味はメインではありません。

「令月」を、「何事をするにもよい月。めでたい月」と解しても、美しい月とするには飛躍があるように思います。

総理は、新元号に「人々が美しく心を寄せ合う中で、文化が生まれ育つ」という意味を込めたとの談話を出しましたが、少し美辞麗句を並べた感があります。

「美しい」という言葉で、次の時代を美化したい気持ちは分かりますが、「Beautiful Harmony」には違和感を覚えます。

敢えて英訳するなら、英国BBCの「order(秩序) and harmony(調和)」か、米国AP通信の「pursuing harmony(調和を希求する)」、米国ニューヨーク・タイムズの「order and peace(秩序と平和)」、「auspicious harmony(縁起がよい調和)」あたりではないでしょうか。

 

そんなことを考えながら近所を散策していたら、「菜の花」と「桜」が美しく咲いて、春のハーモニーを奏でていました。これが、小さくても本当の「Beautiful Harmony 」だと思いました。

Img_20190404_115521_1

 

 

2019年4月 1日 (月)

新元号「令和」

本日、新元号が「令和(れいわ)」に決定しました。

全く意外な元号でした。事前の予想は誰も当たらなかったと思います。

しかし、令和(れいわ)の響きはとても新鮮です。

私の名前は麗己(れいき)ですから、少しだけ響きが似ています。

そのよしみで、令和を書いてみることに・・・

Img_20190402_0001_new

柔らかく書いてみました。

人にやさしい新時代になりますよう。

 

« 2019年3月 | トップページ | 2019年5月 »