左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20181017_0001
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 秋の黄昏 | トップページ | 映画「日日是好日」を見る »

2018年10月15日 (月)

医療経済の嘘 (本の紹介No.035)

「医療経済の嘘」 病人は病院で作られる 森田洋之著 (ポプラ新書2018・6・10発行)


森田さんは現役の医師ですが、この本は少しショッキングな内容でしたので、本文より一部要約してご紹介します。

511wuq5ksjl__sx313_bo1204203200_

1980年代に、増大する医療費への危機感から、「医療費亡国論」が唱えられるようになりました。

したがって、国は診療報酬と医師数を制限するようになりましたが

診療報酬が下がると病院は困ります。

病院は診療回数を増やすよう「患者集め」に奔走(薄利多売)するようになりました。

その結果日本は、気が付いてみると・・・

① 病床数世界一(米英の4倍以上)

② 外来受診者数世界2位(欧米諸国の3~4倍)

③ CT・MRIの保有台数も世界一(CTは英国の10倍以上、MRIは7倍以上)

国際的に見て異次元レベルの現状です。医師不足と言われていますが、ただの需要過多ではないでしょうか。


■ 病床がある分だけ病人が作られる

日本一病床数が多い高知県では、入院医療費も日本一で、滋賀県民の2倍も使っています。まさか高知県民が滋賀県民の2倍も病気になる訳はありません。

高知県は日本一高額の医療費を使い、日本一多い病床があるのに、平均寿命は全国42位と下位です。

ちなみに滋賀県は、病床数が全国47都道府県中で41番ですが、男性の平均寿命は全国1位、女性は4位です。 (最新データ)

本当なら、病院をたくさん作った県、病床が多い県ほど病気が減って寿命が長いのが普通ですが、実際にはそうではありません。

「病床が多い=病気が治る=健康で長生き」 ではなく!

「病床が多い=病人が増える=平均寿命が低い」  が現実です。

驚くべきことに、病床がある分だけ病人が作られているのです。

Bilyousilyou
出典 厚生労働省 医療施設調査 平成28年 クリックで拡大

この本には多くの問題提起が含まれていますが、このような現状を誰かのせいにしていては問題は解決されません。

国が悪いとか、病院が悪いとか言う前に、私たち国民自身が健康管理に留意し、生活習慣(病)を改善し、「自分や家族に本当に必要な医療とは何か」を真剣に考えてみることが大切だと、森田医師は訴えています。

« 秋の黄昏 | トップページ | 映画「日日是好日」を見る »

本の紹介」カテゴリの記事