左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書の作品

  • Img_20190628_0001_new
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉


壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« ほめカー | トップページ | 台風7つの疑問 »

2018年9月29日 (土)

食品ロスを知ろう

大手スーパーイオンが全国2700店舗で、「食品ロス削減キャンペーン」を始めます。
イオン ニュースリリース PDF

この機に、食品ロスについて調べてみました。

490412a05a13b902e9ea04c1ee1ed58a3_2

日本では、年間2,842万トンの食品廃棄物があり、このうち、まだ食べられるのに廃棄される食品、いわゆる「食品ロス」は646万トンと言われています。(※農林水産省及び環境省「平成27年度推計」)

毎年、大型10トントラックで、64万6千台分もの「食べられる食品」が棄てられているのです。(この中には災害時の備蓄食品の廃棄や、畑で処分される農産物、港で棄てられる魚などはカウントされていません)

国連世界食糧計画(WFP)は、貧困国に対し年間約320万トンの食料を援助(2015年)していますが、日本はその倍の食糧を廃棄しているのです。

そして、646万トンの約45%にあたる289万トンが、食べ残しなどによって家庭で棄てられています。

何ともったいないことでしょう。

24450_
出典 www.y-mainichi.co.jp

肉も魚も野菜も、すべて命(いのち)あるものです。その命(いのち)をいただいて人間は生きています。正確には生かされています。

生きていくためには、他の生物の命(いのち)を犠牲にしなければなりません。これも食物連鎖の一部だとする意見もあります。

しかし、弱肉強食の野生動物は、自分の食べる分だけ食べて、それ以上狩りをすることはありません。

人間だけが平気で食べ残し廃棄しているのです。これでは殺された動物たちも浮かばれないでしょう。

大量に生産し、大量に販売し、大量に消費し、残ったものは大量に廃棄する。世界では8億2100万人もの人が飢えで苦しんでいるというのに・・・

私たちは、この現実を認識することから始め、出来ることから「食品ロス」を減らすことを実践しなければなりません。

先ずは、買い過ぎない、作り過ぎない、食べ残さない、そして感謝して食べることではないでしょうか。

そして、政府、自治体はもちろん、生産者、販売業者、飲食界、流通業界、研究機関、メディア、そして各家庭が一体となって知恵を出し合い、食品ロスを減らすことに真剣に取り組むべきだと思いました。

« ほめカー | トップページ | 台風7つの疑問 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事