左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書の作品

  • Photo_40
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 充実のヨハネ受難曲を聴く | トップページ | 日本初のクラシック曲を聴く »

2017年12月 9日 (土)

スマホの音声検索がスゴイ!

最近、更新が滞っています。来春のイベントに向けての準備が大詰めです。ブログのネタは山ほどありますが余裕がありません。ここは頑張りどころです。


さて、スマホとの悪戦苦闘が続く中、スゴイ機能を発見しました。

G_09_2

グーグルアシスタント。音声検索機能です。声に反応するだけと思っていましたが・・・

これが何と、音楽も検索(曲あて)します!


試しに、クラシック音楽を聴かせてみました。

1.ベートーヴェン エグモント序曲  → 〇 見事に曲を判別して曲名を表示しました。

2.エルガー 威風堂々第1番     → 〇 これも正解でした。

3.J・シュトラウス ラデッキー行進曲 →  〇  これも当たりました。

4.ショパン 小犬のワルツ       → 〇 なるほど、簡単でした。

5.リスト ラ・カンパネラ          →  〇 ピアノは判別し易いのでしょうか。

ならば、この曲はどうか?

6.ショパン バラード1番ト短調    → 〇 スゴイ!こんな難しい曲も正解でした。

ちなみにオペラアリアを聴かせてみましたが、ほとんど判別不可でした。演歌はどうでしょう?歌は苦手でしょうか。


今後、も し分からない曲があったら、この機能は使えそうです。もっと試してみたくなりました。但し、曲名の表示はすべて原語表記です。ソフトが日本語化されていないからだと思います。

それにしても、人工知能( A I )の進歩は著しく、私たちの生活にいつの間にか浸透しています。

便利なのか脅威なのか。 A I の進歩で人間の能力が退化することはないのか。考える力が衰えることはないのか。

好むと好まざるとにかかわらず、想像以上に早く近未来が訪れようとしています。使いこなすのは人間ですが、いずれ主従逆転することは明らかです。

« 充実のヨハネ受難曲を聴く | トップページ | 日本初のクラシック曲を聴く »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事