左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2018年11月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

書の作品

  • Img_20181017_0001
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »

2017年12月の15件の記事

2017年12月31日 (日)

一年をふり返り~

当ブログも早いもので開設以来4年と3か月が過ぎました。今年も多くの方にご覧いただき誠にありがたく厚く御礼申し上げます。


本年もたくさんの音楽を聴き、たくさんの本に出会い、たくさんの仲間と趣味を楽しませて戴きました。 尚、その一部を当ブログでもご紹介した次第です。

コンサートのお手伝いもさせていただきましたが、音楽愛好家の皆さんの手作りのコンサートから本格的なクラシックコンサートまで、演奏家や聴衆と素晴らしい時間を共有できましたことに感謝しております。

また、織田信長公入城450年を記念した音楽イベントにも関わらせていただき、本邦初演の 「崇福寺~追憶の信長」 では、オリジナルCDも制作いたしました。このコンサートは多くのメディアでご紹介いただき大きな話題となりました。

Photo_2
CD 「追憶の信長」

一方で、地域のボランティアにも微力ながら尽くしてまいりましたが、来春の地元の祭りで、8年ぶりに山車(だし)の奉曵行事を担当することになり、今はその準備で多忙な日々を送っております。

A43d4ce5
宵宮の様子(資料画像)

このブログも更新が滞っておりますが、大事業の成功に向けて邁進する所存です。

私が担当する山車は、市の重要有形民俗文化財でもあり、何しろ 「お囃子」 だけで40名近い人が参加し、全体では数百名の住民が参加します。

ただ、深夜まで資料作りなどに追われ、先日数年ぶりに 「めまい」 が再発して不安になりました。

しかし、雪化粧した金華山を見たら、気分が爽快になったのです。やはりパソコンの前にばかりいては不健康です。自然に触れることの大切さを実感しました。

258 1478

来年は、心と体のバランスを考えながら自然に親しみ、地域に貢献し、趣味を深め、交流を広め、充実した1年になるよう心がけます。

当ブログを温かく見守って頂きたいと思います。この1年ありがとうございました。 ~NHK交響楽団の第九を聴きながら~壺中日月長

2017年12月30日 (土)

「今年の漢字」 に思う

少し前のニュースですが、この一年の世相を表す 「今年の漢字」 は、「北」 に決定しました。

思い出したくもない北朝鮮の 「北」 です。一般公募で最多の7104票を獲得したのですから仕方ありませんが、あまり感心しません。


そこで、当ブログが独自に選んだ 「今年の漢字 by 壺中日月長」 を考えてみました。

1位 「禿」 ・・・・ このハゲー! お騒がせランキング1位のあの議員の暴言です。

2位 「恥」 ・・・・ 政治家や芸能人の不倫、不祥事が続きました。日本の恥です。

3位 「嘘」 ・・・・ 平気で嘘をつく官僚がいましたね。その人は出世しましたが・・

4位 「隠」 ・・・・ (真実)隠ぺいと(証拠)隠滅の1年でした。

5位以下は考えませんでした。
本当に世相が悪くなったのか、悪いニュースばかりがクローズアップされているからそう思うのか分かりませんが、良い意味の漢字が思い浮かばなかったからです。

0171212at35_p


さて、今後数年間の日本の世相を占ってみました。

「今年の漢字」 2018年 1位は、「謝」 ・・・・ また謝罪会見の多い一年になりそうです。

「今年の漢字」 2019年 1位は、「譲」 ・・・・ 天皇陛下が譲位されます。

「今年の漢字」 2020年 1位は、「金」 ・・・・ オリンピック。言うまでもありませんね。

2017年12月29日 (金)

「モノ」のいのちをいとおしむ心 (本の紹介No.030)

年末になると、菩提寺から戴ける本があります。 本と言っても 30ページほどの小冊子ですが、読むと 「心に灯がともる」 ような温かくなる本です。

Photo_2
「モノ」 のいのちをいとおしむ心  東井義雄著 (株)探求社/法蔵館 2017年8月刊 以下に内容の一部をご紹介しいます。

今年も悲しいこと、辛いことがあったと思います。そんな時、仏さまは私たちに寄り添ってくださいます。仏さまの大きな慈悲に抱かれ、導かれて私たちは生かされています。

「泣」 という字は、「サンズイ」 に 「立」 という字でできています。

これは、私たちがどんな深い悲しみにあっても、必ず 「立」 ち上がらせずにはおかないという、仏さまの願いを表わすために作られた漢字です。

「涙」 という字は、「サンズイ」 に 「戻」 という字でできています。

これは、私たちが涙に押し流されしまいそうになった時、必ず、引き 「戻」 してくださる仏さまのお心を表わすために作られた漢字です。

私たちが哀しみの底に溺れて泣いている時は、新しい視点をお与えになって立ち上がらせ、悲しみの涙に押し流されてしまおうとしている時には、新しい生きがいをお示しになって引き戻してくださるのです。    <本文より一部(要約)>

この菩提寺様では、月1回 「歎異抄」 の勉強会を開催されています。今年も色々勉強させていただきお世話になりました。この本も大切にしたいと思います。

「心で見る」一年に

年賀状を書き終えてテレビを付けると、どのチャンネルも貴乃花親方の処分をめぐる話題で一色である。

この一年が終わろうとしているが、年ごとに騒々しくなる世の中に辟易としている人も多いと思う。

週刊誌が火を付け、テレビのワイドショーが連日のように特集して、政治家や芸能人の不祥事が日本中を駆け回る。

騒々しくしているのは誰なのか。

不祥事を起こした当事者なのか、面白おかしく報道するテレビなのか。そんな話題に飛びつく我々なのか。

情報が濁流の如く流れていく中で、何か大事なものが見落とされていないだろうか?考える力が衰えていかないだろうか。

サン=テグジュペリの「星の王子様」に出てくる、「心で見なくちゃ、ものごとはよく見えないってことさ。かんじんなことは、目に見えないんだよ」  (Le plus important est invisible) という言葉を思い出した。

E50m_6225

金子みすゞの詩にも、

ちってすがれたたんぽぽの、
かわらのすきにだァまって、
春のくるまでかくれてる、
つよいその根はめにみえぬ。

見えぬけれどもあるんだよ、
見えぬものでもあるんだよ。 
(「星とたんぽぽ」一部)

Img_20171228_0001_new

来年は、たんぽぽの根っこを 「心で見て」、美しい花を愛でたいと思いました。

2017年12月24日 (日)

オペラアリアでドラマティックな演技を

比較的暖かな日曜日。二つのコンサートをはしごして、その後はテレビで 「フィギア全日本選手権2017 男子フリー」 を見ました。

羽生結弦が欠場する中、オリンピック代表の最終選考会も兼ねた上位6人の演技を興味深く視聴しました。4回転が次々と繰り出される素晴らしい演技ばかりです。

Mainvisual

そして、あらためて使用曲にオペラ関連の曲が多いと思いました。

1位の宇野昌磨は 「トゥーランドット」 、3位の無良崇人は 「オペラ座の怪人」 、5位の村上大介が 「道化師」 、8位の佐藤洸彬が 「セヴィリアの理髪師」 。

そう言えば、女子1位の宮原知子が 「蝶々夫人」 でした。(以前、浅田真央も 「蝶々夫人」 を使ったことがありました。)

ドラマティックな演技には、オペラのドラマティックな曲想がマッチするようです。


つい先ほど、
日本スケート連盟は、平昌五輪代表を発表しました。

男子は、宇野昌磨、田中刑事、羽生結弦の3人、女子は宮原知子、坂本花織の2人が選ばれたもようです。

羽生結弦は金メダルを獲得した前回のソチ五輪に続く代表で、他の4人は初の五輪出場となります。

日本選手のドラマティックな演技に期待が膨らみます。

何でもOK

日本人の年末年始の不思議な行動パターン。 25日は「クリスマス」を祝い、大晦日は「除夜の鐘」を聞き、お正月は「初詣」に出掛ける。

赤ちゃんが生まれると「お宮参り」、結婚式は「チャペル」で、死ぬと「お経」をあげてもらいます。

Slider1_1

何とも節操のない日本人の宗教観ですが、八百万の神々がいる日本では違和感はありません。異なる宗教や文化を受け入れる寛容さが日本の良いところかも知れません。

253951

スポーツの世界でも、国技である「相撲」を楽しむ一方、アメリカから渡った「野球」に熱中し、ヨーロッパで盛んな「サッカー」も大好きな日本人。

何でもOKな日本人の特性が最も顕著な年末年始が、今日のクリスマスイブからスタートしました。

Ws000159

チキンを買って、ワインを飲み、クリスマスケーキを食べてキリストの誕生日を祝います。年越しそばを食べて除夜の鐘を聞き、108つの煩悩を取り除きます。元旦はお屠蘇をいただき、雑煮を食べ、おせち料理で正月を祝います。

そんな日本人に生まれて幸せな今日この頃です。

2017年12月15日 (金)

マリンバの巨匠 安倍圭子を聴く

60年以上も続いている NHK番組 「きょうの料理」。

そのテーマミュージックは誰でも知っていますが、その演奏をしている人が、マリンバ奏者の安倍圭子さんです。(作曲は冨田勲)

♪参考YouTube https://www.youtube.com/watch?v=iJXiuT2d45M

マリンバの先駆的演奏者 「安倍圭子の世界」 に出掛けました。 (2017・12・13サラマンカホール)

Img_20171214_0001_new

安倍圭子さんも80歳。お歳を感じさせないパワフルな演奏に圧倒されました。すべてオリジナル作品。アンコールを入れて8曲、正味2時間のコンサートでした。

共演者が素晴らしく、息の合った演奏に感銘を受けました。マリンバの美しい音色が、木をふんだんに使ったホールに良く合って、心地よい響きが充満しました。

先日聴いた パーカッショニストの加藤訓子氏、2年前に聴いた 吉川雅夫氏も印象的でしたが、今回のコンサートは、ビジュアル面も含め、安倍さんの世界観が広がって、本当に素敵な時間と空間に包まれました。

どうかいつまでもお元気で益々のご活躍をお祈りします。

2017年12月14日 (木)

一足早いお正月/ほのりんクッキングスタジオ

2か月ぶりの料理教室は、恒例の 「ミニおせち」 でした。サボってばかりの教室ですが、やはり行くと仲間に会えて楽しいです。

1.アーモンド入り田作り

2.伊達巻き

3.鯖の南蛮漬け

4.五色煮なます

358835

おせちには、縁起の良い料理が好まれます。

「田作り」 には、五穀豊穣をもたらす意味があり、「伊達巻き」 には、学問や文化が身について、立派に成長する意味が込められています。

れんこんには穴があることから、先を見通すことが出来る縁起物として、おせち料理の食材に使われているそうです。

そんな先人の知恵を勉強しながら、美味しいミニおせち料理を作りました。 あと半月でお正月とは思えない雑然とした年の瀬ですが、フルパワーで頑張ります。

2017年12月12日 (火)

映画 「ローズの秘密の頁(ページ)」/月光ソナタ

アイルランド激動の時代、ひとときの恋は永遠の愛になった。

半世紀の時をこえ、一冊の聖書が明かす胸震える衝撃と感動の物語。

92d58a3552208839
画像 映画.comより

秘密のページは、ベートーヴェンの月光ソナタと共にめくられる。


海外版予告編(リンク切れご容赦下さい)

映画 「ローズの秘密の頁(ページ)」 (原題 The Secret Scripture 2016アイルランド)

2018年2月3日~全国公開 公式サイト

日本初のクラシック曲を聴く

明治~大正期の女性作曲家 幸田延(こうだ のぶ)の ヴァイオリンソナタ を聴く機会に恵まれました。(関口智子 第21回ヴァイオリンリサイタル ピアノ:安達朋博 2017・12・10 シューベルトホール)

※幸田延(1870-1946)は、作家 幸田露伴の妹で、滝廉太郎や山田耕筰、オペラ歌手 三浦環(たまき)の先生といわれている。


関口さんは英国王立音楽大学で学んだ俊才で、今回は東京など全国三か所でリサイタルを行い、後半のプログラムに幸田延の作品を取り上げました。

■この日の後半のプログラム

♪ヴァイオリンとピアノのためのソナタ 第2番 ニ短調(明治30年 幸田延作曲)
♪ヴァイオリンとピアノのためのソナタ  第1番 変ホ長調(明治28年作 幸田延作曲)


大変珍しい曲で、作曲家3万2千人CD10万枚のライブラリー 「
ナクソス・ミュージック・ライブラリー」 にも収録されていません。もちろん Youtube にもありません。

しかし、聴いてみると立派なクラシック作品で、ほとばしるような情熱を感じました。シューベルトホールの館長さんが、滝廉太郎のピアノ曲 「憾(うらみ)」 を思い出したと言われましたが、同感でした。「憾(うらみ)」 は、この作品の直後に書かれたものです。


明治30年頃の日本は、まだ琴や三味線の時代です。
そんな時代にウィーンに渡り、西洋音楽を学んだ女流作曲家 幸田延。

まだ20代の幸田延が書いた瑞々しいヴァイオリンソナタは、日本人として初めてのクラシック音楽作品となりました。

その作品にスポットを当てたヴァイオリニスト関口智子さんと、西洋音楽への道を開いた 幸田延さんに敬意を表し、貴重な音楽体験に感謝しました。

 

470685840ec728eaaa18e1d1b573b928

Dscn3223 Dscn3225

2017年12月 9日 (土)

スマホの音声検索がスゴイ!

最近、更新が滞っています。来春のイベントに向けての準備が大詰めです。ブログのネタは山ほどありますが余裕がありません。ここは頑張りどころです。


さて、スマホとの悪戦苦闘が続く中、スゴイ機能を発見しました。

G_09_2

グーグルアシスタント。音声検索機能です。声に反応するだけと思っていましたが・・・

これが何と、音楽も検索(曲あて)します!


試しに、クラシック音楽を聴かせてみました。

1.ベートーヴェン エグモント序曲  → 〇 見事に曲を判別して曲名を表示しました。

2.エルガー 威風堂々第1番     → 〇 これも正解でした。

3.J・シュトラウス ラデッキー行進曲 →  〇  これも当たりました。

4.ショパン 小犬のワルツ       → 〇 なるほど、簡単でした。

5.リスト ラ・カンパネラ          →  〇 ピアノは判別し易いのでしょうか。

ならば、この曲はどうか?

6.ショパン バラード1番ト短調    → 〇 スゴイ!こんな難しい曲も正解でした。

ちなみにオペラアリアを聴かせてみましたが、ほとんど判別不可でした。演歌はどうでしょう?歌は苦手でしょうか。


今後、も し分からない曲があったら、この機能は使えそうです。もっと試してみたくなりました。但し、曲名の表示はすべて原語表記です。ソフトが日本語化されていないからだと思います。

それにしても、人工知能( A I )の進歩は著しく、私たちの生活にいつの間にか浸透しています。

便利なのか脅威なのか。 A I の進歩で人間の能力が退化することはないのか。考える力が衰えることはないのか。

好むと好まざるとにかかわらず、想像以上に早く近未来が訪れようとしています。使いこなすのは人間ですが、いずれ主従逆転することは明らかです。

2017年12月 1日 (金)

充実のヨハネ受難曲を聴く

久しぶりに、バッハの 「ヨハネ受難曲」 を聴く機会に恵まれました。正味約2時間の大作ですが、訳詞を見ながら興味深く拝聴させていただきました。 (2017・11・25 サラマンカホール 岐阜バッハ合唱団演奏会)

Gbc2017flyerftn

創立41年の歴史ある合唱団、オーケストラ、6名のソリスト、チェンバロ、オルガンなど総勢100名近い本格的な公演でした。(指揮 植松峻)

福音史家を始めソリスト陣が素晴らしく、合唱、オーケストラ共にレベルの高い演奏に感銘を受けました。今年もたくさんの音楽にめぐり会いましたが、心が満たされる充実のコンサートでした。



「追憶の信長」 初演

織田信長公ゆかりの崇福寺で、委嘱作品 「崇福寺~追憶の信長~」 の初演が行われました。 (2017・11・22 崇福寺どうだんつつじコンサート ビハーラ長良主催)

市役所での記者発表を始め、注目を集めたコンサートでしたが、お陰様で満席となり、初演は無事に終わりました。

Dscn32191 Dscn32161

篠笛(上地弘恵)とピアノ(館野慶子)による曲は、悠久の時の流れを感じながら、郷土の豊かな自然と、戦乱の世に生きた信長に想いを寄せて演奏されました。 (作曲 森崎貴敏)

最近の研究で、信長は人間味のある優しい一面もあったことが分かってきました。おもてなしの心を大事にして、人との交流を広めました。

そんな信長のイメージを曲にしたのが 「追憶の信長」 です。優しく切ない曲想に、つい涙を浮かべるお客さまもみえました。CDを限定数1000円で販売中です。 (お問合せ先 崇福寺 058-231-2613 )



Trio Couleurs 大成の予感

若き演奏家3名によるピアノと室内楽のコンサートを聴きました。 (Trio Couleurs 演奏会 2017・11・26  5/R Hall & Gallery)

23843077_1312375648867065_7847259_2

圧巻のプロコフィエフ 「戦争ソナタ」、繊細な描写のラヴェル、そしてショパンのピアノトリオが豊かな曲想で披露されました。

真摯な解釈、誠実な演奏。将来ある実力派3人の演奏に大成の予感がします。さらなる研鑽を積んで、高みを目指して欲しいと思いました。

新刊ベートーヴェンの交響曲 (本の紹介No.029)

ある演奏団体の依頼で、定期演奏会のプログラムの解説文を書いています。もちろん専門家ではありませんから、一音楽愛好家の視点で書くことにしています。

それでも、図書館などで専門書に目を通します。今回は音楽之友社の新刊 「ベートーヴェンの交響曲~理念の芸術作品への九つの道」 マルティン・ゲック著 (北川千香子訳)を読みました。

Chuyaonline_133580

ゲック氏は、「聴き手は交響曲を読み解くべきだ」 と説いています。その過程の中で、ベートーヴェンの交響曲に秘められたメッセージ(真意)を模索し、その芸術が背負う理念を浮かび上がらせるのです。

今までにないアプローチで書かれた本書に大いに啓発されました。

すでに評価が確立している巨匠の作品であっても、常に考察し探求する姿勢こそが、真のメッセージを読み解くことに繋がっているのです。

芸術作品に込められた 「理念」 を探求する喜びが味わえるような音楽ファンになろうと心に誓いました。


« 2017年11月 | トップページ | 2018年1月 »