左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 五回目の作品展 | トップページ | 晩秋の信濃路を行く »

2017年11月19日 (日)

東西文化の鮮烈な出会い

ピアニストの粥川愛さんと、箏・二十五絃箏奏者の日原暢子さんによるデュオリサイタルを聴きました。

同じ大学で学んだ演奏家、ピアノと箏との運命的な出会い。(2017・11・10 サラマンカホール)

1500x60020171110duo_recital011500_2

ショパンのノクターンで静かに始まったコンサートは、エスプリの効いた 「ラ・ヴァルス(ラヴェル・ピアノ独奏版)」 で華麗な花が咲いたように優雅に演奏されました。

次いで筝の名曲 八橋検校 「みだれ」 が緩急自在で技巧的に演奏されました。

メインは、伊福部昭の「二十絃箏と管絃楽のための交響的エグログ・ピアノリダクション」。ピアノと二十絃箏の鮮烈な出会いと対話が、今までにない新鮮な音楽を創造していました。

ホールの響きが、二つの異なる楽器をほどよくブレンドして心地よく聴こえました。東西文化の交流を楽しむことが出来て幸せなコンサートでした。お二人に感謝申し上げます。

« 五回目の作品展 | トップページ | 晩秋の信濃路を行く »

音楽」カテゴリの記事