左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

書の作品

  • Photo_37
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 映画 「愛を綴る女」 /チャイコフスキーの舟歌 | トップページ | 残暑に「涼」を呼ぶ »

2017年8月 6日 (日)

初めての茶会

祖父の影響で、子供の頃からお抹茶を飲んでおりましたが、今日初めて 「茶会」 に参加させていただく機会を得ました。

躙り口(にじりぐち)のある本格的な茶室。お庭のつくばいで手や口を清めて入室します。

Ssl03
参考写真

床の間の掛け軸やお花を拝見して、お道具(風炉・釜)を拝見します。ご亭主のおもてなしの心に触れることが出来ました。

本来の茶道の目的は、「人をもてなす際に現れる心の美しさ」 にあるそうです。

1384
参考写真

下界を離れて、しばし心が洗われるような落ち着いた空間に身を置くことが出来ました。

見よう見まねの 「お茶会デビュー」 でしたが、皆様に助けられて何とか無事終わりました。やはり緊張しましたが、次回(9月)からはもっと楽しむことを心掛けます。ありがとうございました。

« 映画 「愛を綴る女」 /チャイコフスキーの舟歌 | トップページ | 残暑に「涼」を呼ぶ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事