左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 都会的センスの曲が似合うCM | トップページ | 作品展の下書き »

2017年7月 7日 (金)

最近の出来事から

通学路で男子中学生を見ると、何故みんな藤井四段に見える今日この頃ですが、相変わらず世間では様々な出来事が起こっているようです。

先ずは、福岡・大分の大雨で被災された方にお見舞い申し上げます。記録的豪雨とのことですが、前人未到の藤井四段の記録は凄いですが、悪い記録は歓迎できません。


歴史的大敗 はしたものの(都議選)

分かったことは、自民党政治に 「ノー」 と言う国民(都民)の審判が下ったこと! 「都民ファースト」 と言う 受け皿 があったからこそ今回の結果になったのです。
国政には受け皿なし!民進党は残念ながら解党するしかありません。すり寄る政党も要りません。一強他弱を作ったのは外ならぬ野党です。


■ あの人が国税庁長官に

あの理財局長が出世して国税庁長官に! 不誠実な答弁に終始しましたが、批判を承知で組織を守ったのですから、トップになるのは当たり前です。これを 論功行賞」 と言います。


■ 今年の流行語大賞の候補は?

「このハゲーっ!」、「怪文書」、「あったものをなかったことにできない!」、「海の王子」、「弾道ミサイル」、「29連勝」、「忖度」、「ご意向」、「豊洲移転」 「こんな人たち」 など政治関連が目立ちます。赤色が有力だと思うのですが、多分ならないでしょう。


弾道ミサイル落下! 税金を使った政府広報

最近、新聞・テレビで広報される 「弾道ミサイル落下時の行動について」 。あまり気分の良いものではありません。いたずらに危機感をあおり過ぎではないでしょうか。もちろん、あってからでは遅いのですが、記者会見など税金をあまり使わない方法で広報してほしいものです。

今回の台風3号で、当地でも緊急速報メールが携帯電話に配信されました。家中の携帯がけたたましく鳴って何事かと思いました。ミサイルに台風、不安な世の中です。


■ ヒアリ騒動

相次いで発見された毒性の強い 「ヒアリ」もちろん早急に駆除すべきですが、あまりに騒ぎ過ぎではないでしょうか。 私たちの周りには、スズメバチやムカデ、マムシや毒キノコ、毒を持つクラゲやヒトデ、さらにデング熱を媒介するヒトスジシマカ(蚊)や鳥インフルエンザの脅威が存在します。資源や食料の多くを輸入している日本では、このリスクを避けることは出来ません。

Container


■ フランスでタバコ1箱1300円

タバコ関連の死者が年間8万人のフランスは、タバコ1箱を1300円に値上げする計画とのこと、年間死亡者が12万~13万人の日本は450円前後。日本は世界的に見てタバコが安い国だそうです。貴方はどう考えますか?国民的議論にならないのが不思議です。


■ 56万人の署名

日本音楽著作権協会(JASRAC)が、音楽教室から著作権料を徴収する方針に対し、「音楽教育を守る会」は、反対する約56万人分の署名を文化庁に提出しました。

JASRACは、作曲家や作詞家、音楽出版社の権利を守る組織ですが、そもそも、著作権料だけで生活できる作曲家や作詞家はごく一部です。特にクラシックの世界では、音楽では食べていけません。 JASRACは音楽界全体の振興を図るべきです。自社の利益を優先するだけでは社会に有益な組織とは言えません。


原発事故の初公判、刑事責任は問えるか

あの未曽有の福島原発事故から6年余、誰も責任を取らないまま、今頃やっと初公判が始まりました。あまりに遅い対応と言わざるを得ません。

この事故は、すでに今年の3月に前橋地裁が賠償命令を出しています(民事)が、東電はもちろん、「原発は安全」 と言ってきた国も、保安院も責任を回避したまま、税金だけが大量に投入されています。

しかも、原発は無くすどころか再稼働されています。今や日本は救いようのない国です。事故の責任も教訓もないまま空しく時は流れます。


核兵器禁止条約が国連で採択 日本は不参加

122か国が賛成し、この程採択された「核兵器禁止条約」。条約の制定に主導的だったオーストリア(首都 ウィーン)始め非核保有国が中心となって採択されましたが、唯一の被爆国である日本は不参加でした。米国の「核の傘」に頼る日本ですが、やはり残念なニュースでした。



最近の出来事から思いつくまま所感を述べることにしましたが、書いてみると藤井四段以外は明るい話題がありませんでした。

見えてくるのは、薄汚れた日本の現状だけ。安倍首相の言う 「美しい日本」 は、単に景観だけを指すのでしょうか。

 

« 都会的センスの曲が似合うCM | トップページ | 作品展の下書き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事