左上の ▶ 再生ボタンを押して下さい。バッハ、イタリア協奏曲が流れます。もう一度押せば止まります。

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

書の作品

  • Img_20170708_0001_new12
    師匠である 安田朴童先生、馬淵仙園先生のお手本を見て書かせていただいています。少しですが自己流の書もあります。 まだまだ未熟ですが、精進して参りますので、ご支援の程お願い致します。

開設以来のバックナンバー

好きな言葉

  • 座右の銘

壺中日月長とは

  • ある町に住む薬売りの老人(実は仙人)は、店先にぶらさがっている壺に時々身を隠してしまいます。 壺の中は別天地。時は悠々と流れ、豊かで充実した人生がありました。 人は、心の持ち方で、このような境涯に達することが出来るのでしょうか。 定年後は、「何をしてもいい自由」と、「何もしなくてもいい自由」 を得たのですが、私も壺中日月長の心境で、悠々としながらも豊かで充実したセカンドライフを目指したいと思います。 このブログは、そんな日々の出来事や思いを書き留めたいと始めました。
フォト

特別記事 【ルーツを辿る旅】 ↓ (作成中)

無料ブログはココログ

« 樫(オーク)婚式に思う | トップページ | 大暑/息抜いて生きよう »

2017年7月19日 (水)

あまりにも

安倍内閣の支持率が29.9%に急落した時事通信の最新世論調査)あまりにも酷い数字に政権に激震が走っているだろう。評判の悪いトランプ政権でさえ支持率は40%あるのだ

「新報道2001」(2017・7・16放送)で、自民党議員の村上誠一郎が述べた 「安倍内閣の敗因」 を聞いてあまりにも納得できたので、メモを取ってまとめてみることに・・・

04513fb0d291b2fd81eed5d5150edad7

1.あまりにもお粗末な失言、答弁の数々。
防衛相、法相の失態は、今回の支持率急落のベスト1! 資質に欠ける防衛相を更迭させなかった総理にも大きな責任がある。

2.あまりにも多い2回生の不祥事
相次ぐ2回生議員の不祥事。特にあの女性議員の暴言は度を超えている。

3.あまりにもゆがめられた政治・行政。
森友、加計問題は、お友達に便宜を図ったという疑惑が晴れていない。

4.あまりにも乱暴な国会運営/共謀罪採決。
「中間報告」 により、一方的に委員会の審議を打ち切り、本会議採決強行したやり方は憲政史上に汚点を残す暴挙。自公の責任は大きい。

5.あまりにも残念な官邸による人格攻撃。
文科省前次官に対する人格攻撃は、実に見苦しい。恥ずべき行為である。

6.あまりにも優先順位が間違っている。
国民が将来に不安を抱える問題(財政・金融・社会保障)よりも、憲法改正や安保法制を優先させる安倍内閣。完全に優先順位が間違っている。


小泉進次郎議員が言うように、「この逆風は、自民党がまいた種」 である。決して野党の手柄ではなく、「敵失」が全てと言ってよい。

数の力で何でも出来ると、あまりにもおごっていた自民党。そうさせてしまったあまりにも非力な民進党。 そして、あまりにも政治に無関心だった国民。


この国はあまりにも劣化している。そう言う自分も、嘆くだで行動を起こさないあまりにも情けない国民のひとりである。

« 樫(オーク)婚式に思う | トップページ | 大暑/息抜いて生きよう »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事